三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

函館塩ラーメン 五稜郭@荻窪

 営業情報とにらめっこ。連休で客足が逆に鈍りそうなエリアを狙って、シルバーウィークを楽しんでみます。八幡山からの移転という「函館塩ラーメン 五稜郭」さんは初訪問。マニア的には「鳴神」の先、「ねいろ屋」の手前。お昼時で先客1というのは狙いが当たったとはいえ、驚きました。

【実食メニュー】ラーメン(¥750)

【感想】 今まで都内で食べてきた函館ラーメンの概念が覆される1杯。店内には道南産真昆布や猿払産帆立の薀蓄が掲示されていますが、1点の曇りもなく澄みきったスープは、何らの雑味なくクリアな後味でありながら、ひとつの味を突出させることなく素材の旨みが重層的に凝縮された、実にふくよかなもの。

 麺は函館の出口製麺から取り寄せているという中細ストレート。「スープをよく吸うストレート麺」のコンセプト通り、絶妙な加水率と噛み応え。適度な味付けと歯応えのチャーシュー、ほんのり甘めで全体のバランスを崩さないメンマ、スープをよく吸ったお麩と、具もよく考えられています。

【総評】 混雑がないことが嘘のよう。とんでもなく美味しい。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)

油そば 君@本郷三丁目

 開店から1年も経つのに、驚くほどにネットレビューが少ないお店。少なくとも、著名なマニアの方は誰一人訪問していないのでは。「田村屋」→「らーめん本郷」の跡地だから、存在には気付かれているはず。「油そば 君(くん)」さん。

【実食メニュー】油そば・並(¥650)
 麺量が180,240,300まで同価格。

【感想】 既存の油そばとは一線を画す味わい。タレが最初から麺に和えてあり、まずは酢やラー油を入れずに食べることを店側も推奨。かなり甘めの醤油ダレは、刻み海苔と驚きの相性を見せる。これは何かとイメージをふくらませてみると、ウナギのタレに似ているのだ、と合点が行きます。

 麺は「傾奇者」使用で菅野製麺製という、マニア心をくすぐる極太のもっちもち。この食感は油そばでこそ活きる。途中から酢とラー油を入れても楽しめますが、店のレコメンドは山椒。ウナギタレ味ですからね、これまた抜群の相性。具は平凡。

【総評】 全体に油が多く重めではあるのですが、都内で増殖するFC店などとは全く違う仕上がりは、もう少し注目されても良いのでは。☆☆☆☆☆☆★(6.5) 

中華そば 旋@穴守稲荷

 北浦和時代には、大行列とか臨休とかで縁の無かった「中華そば 旋(つむじ)」さん。事情が事情だけに歓迎とはいきませんが、穴守稲荷に移転オープン。「毒や」などの跡地で、この場所を訪問するのは初めてとなります。

【実食メニュー】中華そば(¥700)

【感想】 鶏白湯+鰹などの魚介というスープは、魚粉も使っているのかしら、いずれの主張もしっかりとしつつバランスの良い仕上がりで、人気になるのも頷けるなあと思う反面、以前に断念したあの行列を生む味なのかといわれると、という印象。

 麺は中太やや縮れ。むっちりしてコシがしっかり、スープとの相性は良し。チャーシューは厚切りのバラ肉。やや固めの仕上がりながら、肉の旨みを適度に残し美味。メンマは大ぶりで存在感あり。水菜は青臭さが先行してやはり合わない。

【総評】 時間をおいて訪問するのが吉だったか。☆☆☆☆☆☆★(6.5) 

ロ麺ズ@横浜市南区六ツ川

 シルバーウィークとかいうやつ。九州出張をひかえた身としては、ラーメンも外出もセーブで行きたいところですので、面倒臭くて行きそびれていたお店を厳選して。「G麺7」のサードブランド、六ツ川のマルエツに併設した屋内商店街の一画というとんでもない立地にオープンの「ロ麺ズ」さんへ。

【実食メニュー】らーめん 塩バター(¥780)
 オリジナリティを感じたこちらのメニューで。カルピスバターなる希少なバターを使用とか。

【感想】 カルピスバターは別皿提供。じんわり魚介風味のキレのある塩スープは、家族連れもターゲットにするコンセプトの通り、万人に愛されそうな仕上がり。気持ちとんがり気味に感じたタレも、バターを溶かしてゆくと角が取れてさらにコク深い味わいに。バターがべっとりせず全体のバランスを崩さないのはお見事。

 麺は平打ち中細ストレートの自家製麺。ほどよいコシと滑らかさ、スープの持ち上げも良好で美味しい。チャーシューは軟骨までとろとろに煮込まれた絶品。メンマも素材、食感とも良し。スープの香りを楽しむ意味では、ネギがやや邪魔に感じました。

【総評】 施設全体が寂れている感じの中、孤軍奮闘といった印象。近くにあったら足繁く通うのですが。☆☆☆☆☆☆☆(7.0) 

福岡

G

 ついに、訪問を果たしましたよ、「G」。もともとはネットの伝説の数々故に全く訪問する気になれなかったのですが、なんの前触れもなく唐突に「AKBINGO」に登場し、いたって普通の店だと認識したのが4年以上前。そこから今度は私が福岡に行く機会が得られず、やっとのことで。誰が撮っても同じような写真ですが、青いバケツが見えたときの嬉しさ。

 訪問できたこと自体にこれほど感動したのは、「竹駒」@花巻、「のぼる屋」@鹿児島、「彩未」@札幌以来かなあ。今回の出張では、こちらと「おいげん」さんの豚骨がすばらしかったです。家系が福岡の地で独自の進化を遂げた「入船食堂」も印象に残りました。

 1日目は「博多一双」に始まり、デイトスの「shinshin」「長浜ナンバーワン」と全く口に合わず、店選びを間違ったかと思ったら、帰京前の最後の2軒で大当たりを引いて、満足。

雑感

 柏木由紀さんのすごいところは、コンサート等で「全力でアイドルをしている」という姿があって、「アイドルを演じている場面以外では、お母さんと片山さんくらいしか出かける相手がいないひとりっ子で、地味なプライベートである」という部分をもう一段階演じていて、ここまでがテレビやラジオで表に出す芸能人としての姿、その先に週刊誌に時々撮られるような姿があるのだけれど、そこは一切自らは表に出さない、と徹底しているところではないでしょうか。

 そうすると、表の柏木由紀が裏の部分に言及してしまった時点で全体像が崩壊してしまうので、一切を無視する以外の選択肢はないのでしょうね。いずれの姿も徹底していて、いかにもな人と平気で写真を撮っちゃうあたり、格好いいですよね。

ラーメン二郎 品川店@品川/北品川

 仕事でインターシティの方へ。立ち寄れそうなラーメン店が二郎しかなかったので、素直に。特にハマってはいないけど、あれば食べるというのが、ここ数年の二郎とのつきあい方。決して大食いでもないし、常にBMI22くらいで収めていますが、小であればどんなタイミングでも食べられます。一応並び方とか食券買うタイミングとか、ネットで予習してしまうのが小心者の性。午後1時30分で8人待ち。このくらいなら。

【実食メニュー】普通盛 小(¥700)
 用事は終えたので、「ニンニク少し」で。

【感想】 少ない二郎経験からすると、デフォルトでかなりタレが濃くしょっぱめに感じます。ベースの豚骨は比較的さらっとした印象で、脂っこさもあまりなく。このスープならニンニクなしでも食べられる気がします。醤油一辺倒なので、後半飽きやすいきらいがあります。

 麺は平打ちの太麺。茹で加減は堅すぎず柔らかすぎず、歯切れが良く食べやすいけれど、タレが強いのでオーションの風味が分かりづらい。量はやや多めに感じました。相対的にヤサイは若干少ないかにも感じました。固形物の総量としては天地が簡単に返せる程度。豚は肉厚で柔らかく美味しい。

【総評】 ネットの評判からして期待したのですが、ちと塩辛いので、野菜増した方がバランスがよいかも。☆☆☆☆☆☆★(6.5) 

総選挙

 この季節、誰を応援しているとか誰に入れるとかでもないのに、つい見てしまいますよね、AKB総選挙。

 とりあえず、今年はアピールコメントが全体に地味だったかな、と。高木由麻奈さんの話題の動画はすばらしかったですが、個人的に、「「まりなってる」の使い方講座」が、構成とかアピールの方向性とか本人の個性とか、一番完成度が高かったかな、と。斉藤真木子さんの「去年のトロフィー開封動画」も、順位が下がったらトロフィーが小さくなったことに素で驚くという、図らずもいい順位が欲しいというアピールになっていて良かったです。

 あとは、中西さんとか矢方さんとか、バラエティ組の「らしい」作品群。「今年1年の進歩」か何かで、「しゃぶしゃぶ温野菜」によく連れて行かれそうな二人が、「キャベツが食べられるようになった」というどうでもいい話を被らせていたのが、示し合わせたとしたら良くできていたな、と。

 とか書いていたら、結果が出始めていますね。「大和田南那/竹内舞/石田安奈」とかいう、ファンの人の「報われてほしい感」が思いっきり表れたようなあり得ない並びが出たりするのが、データだけ見ていてもやっぱり面白い。



麺好み いまむら@鎌倉

 下馬四つ角近くにオープンした、ラーメン店というか地元今村製麺のアンテナショップ。今村製麺はスーパーの「やまか」等で家庭用の麺はよく見かけるのですが、ラーメン店で使っているお店は聞いたことがないような。うどんも蕎麦もあれば、麺が選べるのも特徴的。持ち帰り麺の直売も。

【実食メニュー】チャーシュー麺(¥800)
 基本の「和風ラーメン」のチャーシュー増量版。麺は中庸っぽい「平切」にしてみます。

【感想】 さらっとしているというかぺらぺらというか、鶏ガラベースに若干の乾物を加えたようなオーソドックスなスープだと思うのですが、「和風」の要素がないし、香味野菜の香り等もなく、相対的にタレの醤油の香りが際立ちます。フードコート的なスープから化調をそれなりに抜いたらできそうにも思えて、これでデフォルトが600円といわれるとどうか。

 麺はコシや弾力に欠ける中細ストレート。スープ以上に麺が好みではないなあ。考えてみれば、子供の頃から、今村製麺は焼きそばは美味しいがラーメンは今ひとつ、という家族の共通了解がありました。チャーシューはそれなりに柔らかくてまずまず。メンマは臭みのあるチープなもの。

【総評】 麺を否定してしまったら何も残りませんが、お土産で買って帰った3人前400円の「蒸し焼きそば」。これは非常に美味しかったです。

ラーメン エイト(8)@北久里浜

 何度も訪れているのに、毎回未訪の新店が複数オープンしているというすごいエリア、北久里浜。今回は、イツワ製麺所に隣接してオープンし、同店との関連がいろいろ取り沙汰される「ラーメン エイト(8)」を軸に。隠れ家的な雰囲気で、内装は避暑地の喫茶店のような木のカウンター1本。ロメスパ御用達「ボルカノスパゲッチ」のマークの掲示があり、「つけパスタ」も売りのよう。

【実食メニュー】正油ラーメン(¥700)
 「甘口醤油と中華油の細麺」という筆頭メニュー。

【感想】 見た目はシンプルな醤油ラーメン。ベースは鶏だと思うのですが、甘口醤油のタレがその名の通りかなり甘めで味の全体を支配します。苦手かもしれないと思ったらやはり苦手でした。単純に好みを外れます。ショウガっぽい香りは表面の香味油からでしょうか。

 麺は中細ストレート。滑らかながらもしっかりした歯触りとコシを備えていて、何となくイツワっぽくも感じるところ。鶏、豚2種類のチャーシューはいずれも柔らかく仕上がり美味しい。メンマは食感、素材とも良いもの。

【総評】 ☆☆☆☆☆☆(6.0)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ