個人的には蒲田と並んで降りたくない町なのですが、つけめんの注目店が現れたとなれば行ってみるしかないですね。錦糸町駅の南口を出て、延々南下すると辿り着きます。「麺や 離宮」さん。

実は住吉から歩いた方が距離的には絶対に近いのですが、ほとんどの場合最寄りが錦糸町とされているから不思議。中は店舗の構造上の理由でしょうか、カウンターが2列縦に並んでいるというきわめて珍しいつくり。

559bec45.jpg
「燻たまつけめん」を注文。出てきた1杯は、食器の色から魚粉が海苔の上に乗るビジュアルまで、完全な六厘舎インスパイアというかパクリというか。

つけダレの特徴としては、まず粘度がかなり強い。豚足とモミジに由来するとろみなのだそうだ。

逆に魚介系の効きが意外にも弱く、魚粉の効果にも疑問あり。致命的なのは喉にピリピリと刺激が強く、やたらに塩辛くて全体を台無しにしてしまっている。もったいない。

f72e6243.jpg
麺は開化楼製ですが、中太麺でとにかく弾力が強く、なかなか噛み切ることができません。食感としては全く好みではないです。300グラムもの量をくちゃくちゃやってると飽きてくる。

味玉だけでなくチャーシューも仕上げに薫製をかけるのだそうですが、そのせいかチャーシューは水分が飛んでパサパサであり、味玉ともども、また塩辛い。

東京の東の方ではあまり無いタイプなのかも知れませんが、現段階ではわざわざ食べに来る味ではないですね。☆☆☆☆☆☆(6.0?)