こっちの方に来るのもずいぶんと久しぶりですね。西大島の「蘭丸」さん。「こうかいぼう」はご主人の入院で長期休業、「兼吉」は定休日とかぶりまして、純粋に1軒のみ訪問です。

午後6時過ぎに着いて、意外にも前後客ゼロ。塩の方が券売機では上にありましたが、今回は「支那そば」と味玉を。このところ本当に有名店ばかり回っているので、8点をつけるかどうかはかなり慎重に。

いろんな素材が複雑に絡み合ってはいるのだろうけど、最終的にはきわめて分かりやすいスープ。完全に鰹1本という趣。決して嫌いなわけじゃないんだけど、もっと繊細な感じの店かと思ってました。

よくダシが出ているというよりは、花鰹をダイレクトに丼に放り込んだような印象。魚粉ぽいのとも全く違います。ふくよかな鰹の香り・甘みが口腔を満たし、お醤油ダレもしっかりして、と来ればこれしかないとばかりに、揚げネギを全面的に効かせてくる。実にストレートな表現。

麺は自家製の中細でストレートに近い。むっちりした食感でスープの絡みもいいのだけど、若干柔らかめかな。もう少しはっきりコシのあるものの方が好み。

チャーシューは、崩れやすいのでお皿から流し込むようにのせるほどにトロトロ、味玉やメンマは普通。万人受けは間違いないけれど、何か意外性が欲しいかも。☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)