昨年の新店はひととおりはチェックしたつもりですが、何軒か残ってしまうのは仕方のないところ。今回はその中の1軒、西大島の「らーめん 一品」さんへ。

fb33509a.jpg
「大島銀座通り商店街」にあるとか言われるとよく分からないが、西大島から明治通りを亀戸方面に歩きつつ、脇道を注意して覗いていれば見つかります。あとのこともあるので今回は「らーめん」。

水戸の名店「すずき」の影響を受けた店とのことだが、雑誌や初期訪問者のブログと見た目がかなり違う。玉ねぎや背脂らしきのは浮いていないし、スープの色もさほど濃くない。色々試行錯誤しているのかな。

スープはかなり好みの部類。丼に注ぐ際きれいな黄金色をしていた透明感あるスープは、非常にキレがある。煮干しを中心に、品のある魚介の香りが鼻腔をくすぐり、正統派ながらも洗練を感じる。

麺はこちらも敢えて昔ながらを狙ったのだろうか。中太の多加水の縮れ麺で、ぷよぷよした食感で全体にやらかめ、正直好みでは無いなぁ。

初期のデータでは「太田製麺」となっていたが、「麺工房 青柳」という馴染みのない麺箱に、ひとつだけなぜか開化楼のものが混じっていた。麺も変えたのだろうか。

チャーシューはやらかくて美味、さらに人の良さそうな店主さんが、チャーシューご飯を試食させてくれた。こちらはしっかりタレに味が付いて旨い。半熟玉子もまるまる1個入っていたが、これは味付けとかではなかった。

惜しむらくは、ラーメンの仕上げにネギにラー油をかけており、またチャーシューご飯にもおそらく辛い調味料が入っており、どちらかが喉にピリピリきて、すっきりしたスープの邪魔をしていた。勿体ない。

近所にあったらちょくちょく顔を出したいお店。☆☆☆☆☆☆★(6.5)