相模原の仕事が回を重ねることになり、通し営業の店も限られているので、じきに未訪店は尽きてしまいそう。今回は行きのタクシーから見かけ、飛び込みで入ったら今年6月末オープンの新店だったというお店。

「おやじ」「村田屋」「支那そばや」「大勝軒」等の大激戦区からは、もう少し市役所寄り。「らあめん 零(ZERO)」さん。店名の由来は分かりませんが、もちろん調味料不使用などというドラスティックなお店ではありません。

基本の「らあめん」はうっすらと白濁していて、一見すると博多豚骨系にも見えます。いただいてみると、鶏白湯ということでよいのだと思いますが、「まる玉」みたいな純粋なものとはまた違う。

豚骨も相応に入っているのでしょうね。全体にさらっとしていますが、そのぶんタレをかなり強めに利かせていて、私にはしょっぱく感じられました。

麺は一部の博多ラーメンの店で見られるような、ぽくぽくした食感の細ストレート。あまり替え玉という感じでもなく、小腹が空いたときにスナック感覚で食べられそうな。

チャーシューの代わりに鶏。なかなか柔らかいですが、ここはラーメン専門店のチャーシューの技を見せてほしい気もします。あとはネギと海苔のシンプルな構成。

強い塩ダレの代わりに、何かアクセントになるような調味料、具材を合わせてくると面白そう。☆☆☆☆☆★(5.5)