先週オープンの気になっていた新店。昼は味噌専門、夜はつけめん専門で店名も変える、いわゆる二毛作店というやつですが、東中野の山手通り沿いと遠いですから、まずは昼から。「みそや林檎堂」さん。木とグレーを基調とした、落ち着いた店内。

店主さんと、お母様が手伝っておられるのでしょうか、「つじ田」出身だそうですが、最近の新店の店主さんは皆お若いですなぁ。味噌に味玉を付けるか否かのシンプルな構成なので、「味噌(地鶏の味玉付き)」を。

5219f44e.jpg
ご実家も味噌が有名な某店だそうですが、出てきた味噌ラーメンにその面影は全く感じられません。これは先入観を持たずに入るのが○。

とろんとしてかなり重量感があるスープですが、キメは細かくて油っこくはなくクリーミーな仕上がり。それでも私にはちょっと重いです。

全体の味も決して味噌一色にならず、味噌のコクと香りが主張しつつ、上に浮かべた赤い辛味ダレ、刻み玉ネギ、挽き肉などそれぞれの素材の風味を重ね、深みのある味わいになっています。

麺は三河屋の平打ち気味でねじれのある中太麺。低加水でしっかりと噛みしめるタイプ。粘度の高いスープには良く合いますね。よく絡めていただく感じ。

バラのチャーシューは炙ってあるようで香ばしい。味玉は半熟加減、味付け、そして素材と○。作る手際も非常に良かったですが、ひとつひとつの仕事がしっかりしてます。

店主のシャツの背中に「back to basic」とありましたが、原点回帰というよりは革新的な1杯だと思います。夜のつけめんも食べてみたい。☆☆☆☆☆☆★(6.5)