「ラーメンデータベース」さんの今月のランキング1位に、見慣れない店名が出ていて気になってたのですが、調べてみると、「満来」が新宿に帰ってった跡地に出来たという、あのお店ですか。というわけで、東高円寺は「麺屋 えん寺」さん。

前店の居抜きに近いですが、カウンター席と厨房の間に仕切りができていて、それだけでぐっとラーメン屋らしくなりましたね。みなさんが指摘されているように、資本系のお店のにおいがするんですけど、詳細はいまだ不明のよう。

4d674d39.jpg

野菜ペーストを加える「とろみ系」というのは、「丸」とか「玉」とかに続いて何番煎じだよ、という感はさすがに否めませんが、確かに手堅く美味しいですね。

つけダレは濃厚な豚骨魚介ですが、粘度の大きな部分を野菜ペーストに頼っていると思われ、舌にざらつく重量感、コッテリ感はなく、また甘みも相応に強調されていて、非常にいただきやすいです。

麺は国産小麦の胚芽を練り込んだという特注品の太麺で、見た目にはごわごわした麺のように見えますが、まずまず香りがよく瑞々しさもあり、つけダレの甘さと麺の甘さのバランスも良好。

角切りで入ったチャーシューは柔らかく、つけダレと馴染んでいます。味玉は、皮をむき損ねた外側の白身がボロボロのもので×。水菜を細かく切ったものは彩りということでしょうか、何か安直。最後にスープ割りをしたら、とろみが消えて一気に味が薄く感じられました。

突出したものはないけど、流行をいち早く取り入れつつ、そつなくまとめた感じ。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)