ついに復活ですね。新高島平という23区の最果てで、「つけめんや 元(げん)」を屋号に掲げながら、「一本気」@みずほ台譲りの塩ラーメンで評判だったお店。「らあめん 元 ?HAJIME?」さん。「元」の読み方が変わったのですね。

今回はちょっと路地に入るので目立たないですが、駅の目の前の好立地。それでも最寄り駅は蓮根と、まだまだ三田線で巣鴨から先が結構あります。鶏つみれをトッピングするか悩みましたが、「味玉塩らあめん」で。細麺ということもありますが、提供までが実に早い。

シンプルでクリアなビジュアルの通り、鶏のふくよかな旨みが存分に感じられる輪郭のはっきりしたスープ。秋刀魚節などを使用するという魚介の香りもふわっと立ちのぼり、奥行きを感じさせます。

調理過程を見ていると最後の鶏油が多いかにも思えましたが、オイリーな印象はなく、塩ダレも尖ることなく、バランスが取れています。最後に、卓上のゆず一味をちょっと加えるのもまたよし。完飲でした。

麺は三河屋の細ストレート。滑らかさとしなやかさを備え、ややソフトな食感ながらちゃんとコシは残していて、スープとの相性はよく、非常に美味しいです。

具では、まずバラチャーシューが、単に柔らかいだけでなく噛みごたえと肉の旨みがしっかりしていて○。姫筍はコリコリした食感がいいです。味玉は半熟具合が良好。鶏つみれもひとつ入ってましたが、これだけはあまり印象に残らず。「ほうれん草巻?」はやめてしまったのでしょうか。

「濃厚鶏ポタ塩つけ麺」や限定メニューもやるみたいですので、また是非。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)