三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

2006年09月

モヤシソバ@一寸亭・谷中ぎんざ

大学周辺のラーメン店探訪、営業時間が特殊な店を除きほぼ完了したつもりでしたが、残ってましたね。町の中華屋でありながらラーメンにも定評ある、一寸亭(ちょっとてい)さん。谷中ぎんざでラーメンは、こちらと「はしご」のみですね。今回は一番人気のモヤシソバ。

87b3a937.jpg
やっぱり町の中華屋レベルなんだけど、旨いですねえ。鶏ガラベースの実にシンプルなスゥプは、化調で味を調え、醤油だれはさほど突出せず全体にやや甘めの仕上がり。

そこにもやしと豚肉を炒めた具が載り、とろみがつく。油の香りもよい。とろみがある分、塩分などは薄め。深みはなく割と平板なスープなのに、最後まで飽きが来ないしおそらくまた食べたくなる。

麺は中華屋ぽいムチムチした中太縮れですが、とろみのあるスープをよく持ち上げ、また思ったほどやらかくもないし伸びも早くない。もやしの食感もシャキシャキで、結構満足してしまいました。

普段ウチで紹介してるラーメンとは毛色が違いますが、立派にラーメンだと思います。コショーなんかもガンガン入れて、自分好みの味にして食べたいですね。

ぶたとら@湘南深沢

湘南モノレール沿線で唯一のラーメン店……誰が参考にするのか、ローカル色もここまで来たかという感じですが、立地のインパクトのみで訪問。ファミリー用ボックス席もある綺麗な店内は、当然前客後客ゼロ。店主と1対1は、写メのタイミングが難しい。

81a8cea4.jpg
出てくるラーメンは、一言で評するなら「ライト家系」でしょうか。この「ライト家系」という言葉を今までに唯一使ったのは藤沢の「ガキ大将」さんを紹介した時なのですが、こちらの「ぶたとら」はなんと、「ガキ大将」出身の店主が独立して長後に出した「てんてこまい」ちゅう店を閉めた後に開いたお店とのこと。どうやら舌の精度が上がりましたかね。

ネット評はかなり低めなんですが、悪くないと思いますよ。乳化したスープは、豚骨の濃度はそれほどではないものの、味はしっかりして臭みもなく、よくまとまってます。何より麺との相性がいいですね。

「麻生製麺」なる、家系ではまず見掛けない製麺所の麺で、家系の主流からすればやや細めですが、プリプリっとして香りも食感もよく、スゥプとの合わせ技でそれなりに評価できると思います。

神奈川夢ポーク使用という自慢のチャーシューは、ちょっと臭みがあったかな。あと、客が眼前で見てるのに麺の湯切りをほとんどせず放り込む驚きの光景に、ラーメンに取り組む姿勢のいい加減さを感じました。あっ、ついでにトイレがすごくきれいだった。

学生と中居くんみたいのが主力客のはずのこの手のラーメンを、50代以上割合のきわめて高いこの地でやってくのは、やはり無謀でしょうね。深沢駅前にありながら、皮肉にも「深沢高校」はそこから大きく離れた「ガキ大将」のお隣りにあるんだから。

特製つけそば@めん創 桜花・神奈川新町

先日の「VVV6」の横浜ラーメン特集、ウチとしては結構意外な結果で、「本丸亭」はそもそも厚木の店だし、「しんの助」ってそんな有名だったの?ちゅう印象でした。あたしの予想では「いまむら」が固くて、ネット評からいくとこちらあたりが入るかな、と思ってたのが「めん創 桜花」さん。絶対に用事では行くことがないであろう、神奈川新町まで行ってきましたよ。

かなり小さい店とはいえ、午後2時で行列7人に驚き。5人以上10分以上並んだの、今年はたぶん九段斑鳩以来2度目です。本当は軽く食べて近隣の「たまがった」あたりと連食の計画でしたが、客の9割が注文するとの売り(脅し?)文句に惹かれて特製つけそば?900。

18db9afd.jpg
まず驚くのは麺。限りなくうどんに近い、小麦の香りが豊かでコシも弾力も強い自家製の極太麺。ぱっと見は少なめに思えますが、食べ応えがありますからね、具の量も考えるとこれで十分。

チャーシューは宮崎産黒豚の特大サイズがドカンと入り、脂身は多いながらも美味。更に鍋物に入るような鶏団子が2つ、下から登場。麺の皿には味玉、こちらは半熟ながらも黄身は味無しで残念。メンマは臭みのある既製品でなく薄い味付けのオリジナルで好感がもてます。具に関してはやりすぎとも思える大盤振る舞いですが、つけだれを壊してないのは見事。

367d2843.jpg
それらに較べるとつけだれがちょっと大人しめかな。ベースの動物系はしっかりしてますが、魚介の主張がやや弱めで炙りチャーシューの香りも程良く、全体には酸味が強く出て油はほどほど、まとまりはよいもののインパクトにはやや欠けます。最近のつけめん訪問店が、「北かま」「轍」「しんの助」と有名店揃いなので、余計にそう感じられたかも。

全体にはかなり高いレベルだと思いますが、行列してまでとなると、どうだろう。

醤油ラーメン@大周軒・鎌倉手広

まさかご近所にここまでのレベルのお店が残されていたとは。「大周軒」って名前が微妙なんですが、確かにマイナス方向のネットレビューは皆無なんですよね。

feea081c.jpg
駅なんか徒歩圏内に無いのに、平日の午後1時をまわっても客足が途切れないすごさ。基本の醤油ラーメンは、まさに「昔懐かしい中華そば」のど真ん中を突いてきます。ビジュアル的にも正調の1杯。

鶏ガラ、豚ガラをベースに魚介系の香りが立ちのぼるスープは、醤油だれとのバランスも完璧。何かひとつの味が際立つことなく、実に一体感のある味に仕上がり、最後の1滴まで飽きさせません。

麺は細麺・太麺から選択で、「細麺」と呼ぶにはやや太めな中細縮れの細麺は、程よい弾力でコシのあるしっかりしたもの。スープの絡みもよく、スープに負けないだけのものを選んでいて好印象。

具はとりたてて見るべきものは無いけれども、メンマに臭みがないのは嬉しいところ。カウンターに「香り油」が置かれてましたが、スープに入った油自体が十分いい香りしてます。

更に、味玉?50がメニゥにありながらカウンターのゆで卵1個が無料で、ランチには半ライス付というサービスも人気の秘密でしょうか。しかも完全な堅茹でではなく、黄身の中心はやらかめなのが心憎い。近いうちに別メニゥを食べに再訪します。

しょうゆラーメン@かやま・神田(閉店)

神田と言えば「かやま」、まぁ一応は有名店ですから、一度くらい食べてみてもいいかな、とあまり期待もせずに行ってきました。実際のところは、目当ての「そら」が中休みの時間だったので仕方なく、ですけど。午後4時にもかかわらず、サラリーマンの姿が多いのはさすが人気店。

fda3ee16.jpg
う?ん、サラリーマン受けしそうな、というかサラリーマン層以外にはウケそうにないというか、期待よりはかなり下ですね。背脂チャッチャ系ってのは、やっぱりこんなもんなのかなあ。背脂びっしりの見た目のインパクトに、味が全く比例してないです。

豚骨ベースに野菜を加えるスープは、とにかく薄くてコクがありません。背脂系は見た目はコッテリで食べると意外にあっさり、が売りですが、あっさり以前の問題な気がします。肝心の背脂も他店に較べて効いていない印象。やや甘めの醤油だれが一番強く出ています。

そこに化調全開で味を整えるものだから、もはや何が主役のラーメンを食わされているのかよく分からないです。麺は中細縮れでそこそこですし、野菜も割とたっぷりめにのってますし、慣れてしまえばクセになるものなのかもしれません。

スポーツ選手のサインなんかも所狭しと飾られてまして、あらゆる面で本ブログとは合わない店でした。おおむね好みが似通っている他のサイトさんでも、評価は今ひとつですね。

もりそば@麺屋大斗・神田

ラーメンファンとして、何となく知ってると恰好よさそうなのが、「家系」と「大勝軒」の系譜。ネットに情報は転がってますが、頭に入れるのはなかなか大変そう。こちらは、「七福神」出身の店主が出したお店だそうで、要は東池袋大勝軒の系列だということですね。

3ec16a4a.jpg

ネット評はあまり高いものが見当たらないのですが、個人的にはかなり高得点をあげてもいいかな、と。どちらかといえば嫌いな部類に入る、甘酸っぱい醤油だれのつけ汁なんですが、時々ピタっとツボにはまるんですよね。

動物系のベースがしっかりしてると自分好みなのかな、大勝軒ならではの魚介の香りは控えめで、辛さや油もかなり抑えた感じで、一般の人は大人しいという印象を受けるのかもしれません。

特筆すべきは麺の方でしょう。いわゆる大勝軒独特の太麺ですが、こんなにコシのある状態でいただいたことは過去にありません。先日の上野大勝軒なんかでは調理過程をじっと見ていたのですが、あの10人前近くを一気に茹でて一気に締めるやり方がよくないんじゃないですか。こちらは1人前ずつ丁寧に仕上げておりました。非常に美味しいです。

お店がちょっと狭すぎるのと、大勝軒らしくスープ割をしてもらえないのが残念です。店名は、ネット多数決でいけば「だいと」ではなく「おおと」らしいです。
→追記:2008年9月現在は、「とらさん」「ラーメンデータベース」等、圧倒的多数が「だいと」とされています。

8月度検索ワードランキング

一生懸命地元のお店のことを書いてるのに、なかなか上位ワードに上ってきませんね。

1 御徒町 28
2 ラーメン横丁 27
3 大沢食堂 16
4 オリーブビレッジ(食堂) 15
5 TETSU 13
5 つけめん 13
7 オハナ 9
7 港南台 9
9 クイーンアリス 8
9 千駄木 8
9 戸塚 8
12 ジャンヌトロワ 7
12 喜久屋洋菓子舗 7
12 辻堂 7
15 鎌倉パスタ 6
15 坦々麺/だんだんめん 6
15 神保町 6 続きを読む

しょう油ラーメン@Dragon Kitchen・善行

先日O氏より、藤沢から善行まで自転車で楽に行かれるという話を聞きまして、当ブログも善行地区に進出です。善行といえば「カミカゼ」ですが、本日は前哨戦(単にカミカゼがあまりに地味で発見できなかっただけですが)として、こちらもなかなか評価の高い「Dragon Kitchen(ドラゴンキッチン)」さんに。

dd116f97.jpg
あらゆる点で「しっかりした」ラーメンという印象で、予想を大きく超えるものでした。スープは豚ガラ・鶏ガラに魚介系が加わるオーソドックスなものですが、魚介の香りも動物系のベースもしっかりして、あっさりながらも最後の1滴まで飽きさせません。やや甘辛い醤油だれもダシに負けないだけの存在感があり、更に表面に浮かせた焦がしネギの香りが、実にいいアクセントになっています。

中太縮れの麺も、プリプリっとしてコシも喉越しもよく、どこにでもありそうでなかなか出会えないレベルの高いもの。チャーシューも味付けは薄めながら肉厚ジューシーのしっかりしたもの。味玉も、白身はちゃんと固まって中は完全な半熟状態で、仕事がしっかりしてますね。これだけの1杯が?500(+味玉?100)とは。

ひとつだけ指摘するならば、スープにかなり唐辛子が入っていて、喉が刺激されてスープの旨さがストレートに伝わってこないこと。小手先の個性なんて求めなくていいのに、完成度の高さそれ自体が素晴らしい個性なのに。本当にマイナスはそこだけ。旨い。

めんやゆうじ@藤沢(閉店)

久々に、本年度のワーストが更新されました。あたしもね、町の中華屋が出してるような1杯を殊更けなすような気は全くないんですよ。ただ、割と資本があってラーメン専門店を名乗ってHPでしっかりアピールしてるような店があまりに酷いものを出してるような場合は、金返せでいいと思うんです。

3回目の訪問で初めて営業してましたが、至近の「松壱家」が賑わってる時間帯に誰ひとり客がいない時点で、ある程度の覚悟は必要だったんでしょう。地元民の舌は意外と正直です。

12fe5d9b.jpg
豚骨と魚介でとったというWスープ(苦笑)は、コクも深みも全くなく、嫌な酸味ばかりが前面に出た実に不快なもの。そこに、ご丁寧にも小さく切って入れられた海苔が溶け出し、更に古くなった揚げ玉みたいなにおいがして、およそ専門店の味とは思えず気持ち悪い。

インスタントの乾麺かと思うほど極端に縮れた細麺は、ぶよぶよして食感が悪い。何処から仕入れているのだろうか。自家製で自慢というチャーシューは、誇張でもなんでもなく、電車の切符サイズの薄っぺらいのが1枚乗るだけで、味を確かめる以前の問題。

ここまで来ると、百点満点の0点というのも現実にありうる数字という気がしてきます。これを超えるものには滅多に出会えないでしょうね。

松壱家@藤沢

家系で続けましょうか、今度は藤沢唯一の家系としてやたら人気のある「松壱家」さん。「家」がつく店は確かに他に無いですが、「ラーメンビック」「ガキ大将」「すづのや」も似たようなものを出してるんですけどね。

ae133e3a.jpg
お盆休みにラーメン食べに出ましたら、いやぁやってないこと。5軒連続で蹴られて気乗りしないまま仕方なくこちらに。「壱」の字が示すように、壱六家から派生したお店らしいです。麺が長多屋製麺で、具にうずらの卵が入るあたりで分かりますね。

能書きを読みますと、クリアで雑味がなく濃厚でコクのあるスゥプなんだそうで、相当な自信をのぞかせますが、達成されてるのは前二者までじゃないですかね。かなり薄めの印象を受けます。

「味が濃かったり薄かったりしたら調整しますからね」とは壱六家おなじみの台詞ですが、デフォルトでこれだけ醤油だれが薄いというのも珍しいです。壱六家には「塩」メニゥがありますが、それと見紛うばかりの。

麺も「かためでは、粉っぽさが残らぬよう、やわらかめでもしっかりとコシが残るよう研究した特注のモチモチ麺」と書いてありますが、すぐに分かる一般的な長多屋製麺で、特に壱六家と異なるようには感じられませんでした。固めではやはり粉っぽい。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ