三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

2006年12月

味玉醤油らーめん@おんぱと・神田(閉店)

「麺処 遊」の時も感じたことだけど、ネットで盛り上がってる新店でも一般の方には全く知られてないんですね。前後客ゼロでした。開店10日目という、あたしにしてはえらく早い段階での訪問。12月開店の新店、「おんぱと」さんです。「山形家」からもう少し淡路町寄り、中央線の高架をくぐってすぐ。

スペースにゆとりがある、黒を基調としたコンクリート打ちっ放しの落ち着いた店内に、券売機と整水機は最新型。ラーメン屋で1万円入れて券売機からお釣りが出るなんて感動。水を入れる陶器のタンブラーもセンスいいですね。

6bea1058.jpg
肝心のラーメンですが、1杯ごとにスゥプを小鍋で温める丁寧な作り方。確かにタレを鍋の方に入れるのは珍しいですね。ベースは鶏ガラ中心でしょうか、そこに節系を中心に魚介ダシがよく香ります。

丸みのある醤油だれもしっかりして、やや酸味もありますが気になるほどではないです。インパクトは強くないかもしれませんが、開店初っ端から実に完成度の高い1杯。

揚げネギと揚げゴボウがカウンターに置いてあり、自由に入れられるのも嬉しい。特に揚げネギを入れると、酸味がすうっと引いてより滑らかなスープに変化するのが面白いです。揚げゴボウはそれ自体で香りと歯ごたえがいい。

麺は中細のストレートで、つるつるっとして喉越しよく、スゥプとの相性は申し分なし。写真では全くわかりませんが(丼の下の縁に沿ってびろっとあります)、とにかく巨大なチャーシューは、トロトロで脂身もしつこくなく美味。味玉だけ味の入りがあと1歩。

これは何度でも来てみたい飽きのこない味なので、できれば人気もほどほどにしといてもらいたいなぁ。しかし「おんぱと」ってどんな意味だろか。

味玉入り正油らーめん@めん屋 そら・神田

神田駅周辺は、圧倒的に支持率が高い1軒、というのが見当たらないですよね。今回は東口の路地裏にございます、「そら」さん。あまりに目立たないので、結構探してしまいました。

00c4605e.jpg
タレに隠し味で赤ワインを使用したスープ、というまったく想像もつかない情報だけで行きましたが、見た目はオーソドックスな醤油ラーメンですね。大きく括れば、鶏ガラベースに魚介の香りを効かせた1杯となりましょうか。

ごめんなさい。全く受け付けませんでした。魚介系だとすれば明らかに違和感のある異常な甘みがあって、一口目でちょっと諦めました。赤ワインですよね、これが。隠し味に留まってないような。

麺は細麺と平打ちから細麺を選びましたが、ぷりぷりした縮れ麺で、塩に合いそうな印象を受けました。塩は白ワインでしたっけ、うーん。

チャーシューは炙った小ぶりのバラで味付けは薄め、メンマも味付けが薄めで、最後までスープの甘さばかりが存在感を放っていました。

あと、味玉が露骨に固茹でなのは本当に勘弁してください。おでんの玉子とラーメンスープは全く合わないと思うんですよね。味玉=半熟という先入観がいけないんですけど。

不味いとかそういうんじゃなくて、コンセプトが自分の味覚と全く合わなかったというだけのことです。雑味がないすっきりしたスープですし、本当に相性次第でしょう。

正油ラーメン@ぺーぱん・吉野町

あたしとしては、用事があるついでに途中寄り道してラーメンをいただく、というのがスタンスだった気がしますが、崩壊しつつありますね。横浜地裁(関内)の帰りに吉野町に寄る、というのは明らかに帰宅ルートとしておかしいような。とにかく「ぺーぱん」さんへ。

18872cb0.jpg
旭川醤油の名店として名高いお店ですが、ジャンクフードとしてのラーメンの醍醐味が存分に感じられます。よおく味わえば味わうほどやっぱり臭みがある、動物系ど真ん中のスゥプに、濃いめの醤油ダレ。

そのままではかなりきつそうなところ、少し厚めの焦がしラード層と、表面に浮かべられたチャーシューの煮汁だという黒っぽいタレがコクとまろやかさを与え、絶妙な味に仕上げています。それでいて、決して重たいスゥプだという印象は与えません。

この力強いスゥプに合わせるのは、やはりそれに負けない力強さを持つ、中太縮れの黄色いプリプリ麺。名物おばちゃんが明らかに小さすぎる平ざるで見事に麺を掬い上げる動作は、まさに名人芸。茹で加減もまめにチェックされていて仕事が丁寧。チャーシューも平均以上のレベル。

魚介系とWスープ全盛のこの時代にあって、その存在感は際立っていますね。文句なしに今年の10杯に選びたいと思います。壁のカレンダーには、取材日でしょうか、「石神本」の文字がありました。間違いなく横浜を代表する1杯。

醤油ラーメン@神無備・千駄木

引っ越しがてら、ウチの親父に旨いラーメンを食べさしたろうと思いまして、今年の神無備納め。しかし日曜日とはいえ、TETSUの行列は何なんだ。昼時を外してるのに40人くらい?TETSUで始まった2006年も、TETSUだけが遠いところに行ってしまいましたね。

9f13fc82.jpg
半年ぶりくらいかなぁ、少し味が万人向けにシフトしましたかね。誤差の範囲内かしら。今までは塩気が強い印象がありましたが、それが和らいでお醤油の味と酸味が感じられるように。魚介の風味も前よりはっきりしてきたような。

背脂とかネギとか揚げニンニクとか、スープの表面がこれだけごちゃごちゃしているのに、それを全く感じさせないまとまりがあるのは見事。

麺は相変わらずのぷりぷりっとした独特な食感。茹で時間を少し長くしたのかしら。今までは気持ちハードな気がしてたので、このくらいの方がいいかも。

神無備と言えばやっぱりチャーシューですよね。ほろほろと崩れるあの感触に、他にはない八角の香り。肉の赤さからいって、香辛料無しだと豚臭くて食えないんでしょうね。以前と変わらぬ絶品。

今回あらためて思ったのは、こちらの炊き込みご飯(おにぎり)って、もの凄く美味しいですよね。お醤油のスゥプとよく合うんだわ。もちろん締めは正式杏仁豆腐。今年も色んな中華やさんで食べたけど、神無備に比肩するものはありませんでした。このぷるぷる感は奇跡に近いわね。

塩そば@船見坂・銀座

東京修習を生かして、拾える店は拾っていきたいと思います。こちらで今年のラスト3くらいになるでしょうか。銀座の「船見坂」さん。函館ラーメンでメインが塩です。

74fbaf6d.jpg
ムジャキフーズ系のお店とのことですが、先入観は持たない方がいいかも。あたしは塩ラーメンの美味しさが分からなくて本当に困ってるんですが、あるべき方向性はこんな感じだと思うんですよ。

あたしのその場メモでは「鶏ガラベースに昆布の旨み」と書いてありますが、調べてみるとその通りみたいですね(ゲンコツ、鶏ガラ、利尻昆布、煮干、鯖節などの魚介類と数種類の野菜とのこと)。透明感があり、ダシはしっかり出てます。鶏の油は気になるほどではありません。塩ダレも丸みがあるものですが、いかんせん全体としてスゥプが濃過ぎる感は否めない。

麺はいかにも函館ラーメンらしい、黄色いぷりぷりっとした中細のストレートに近いもので、個人的には塩にはこの麺だと思ってます。旨い。

チャーシューは薄味でやらかく、味玉はやや固まりすぎかな。「あるべき方向性」とは書きましたが、さすがにこれがベストに近い1杯だとは思えません。塩って難しいね。

食べ終えた後、どっかで食べた味だなぁと思うて帰りの電車中で記憶を辿ってまして、秋葉原の「粋な一生」だと思い当たりましたら、「粋な一生」は「船見坂」の店長が独立して出したお店だそうで。舌って半年以上前のことをしっかり覚えてるもんですね。ちょっと自信がつきました。

M?1感想

低調。結局のところ、チュートリアル以外は全く上積みが見られなかったわけですから、来年以降のファイナリスト選びは考え直さないといけないでしょうね。

1?3回は格の違いとして、最近は去年のブラマヨみたいに爆発力あるネタを1本持ってないと苦しくなってきたかな、と。何を間違えたか「アンナさんのおまめ」に出てる徳井を観て、チュートリアルも終わりかけてるのかと思ってたら、キャリアによる貫禄勝ち。

麒麟もフットボールアワーも、決勝への期待点で上まで来たのに、緊張してリズム崩して半分自滅でしたからね。麒麟はネタ自体頭打ちの感もありますが。チュートリアルは、徳井の終盤の笑いがネタ通りなのか緊張のあまりなのか、そこを悟らせずに乗り切ったのが地力の違いかしら。

トータルテンボスとポイズンガールバンドは、やっぱり決勝に残す必要がなかったような。完全に力が落ちてるもの。変ホ長調は、本当にプロを落としてでも選ぶべきレベルだと思ったのかなぁ。プラン9は審査員のウケが悪いのを分かってて何故残したのか。決勝メンバーはやっぱり違和感が強い。

笑い飯は学歴が成長を邪魔してるような。ああいうネタは理詰めでできるもんじゃないはずなのに、変に考えすぎてる気がします。スロースターターってのも、そのあたりが影響してそうで。

あたしの中では、今年はNON STYLEの急成長にとにかく驚かされた年なので、来年あたり期待してみたいですね。

2006年の連ドラ総括

今年も低調みたいなことがずっと言われてましたが、後半でよく盛り返しましたよね。5本選ぶとなると、かなり悩みましたから。後半しか観てない「富豪刑事デラックス」を対象外として、

「神はサイコロを振らない」
「結婚できない男」
「のだめカンタービレ」
「嫌われ松子の一生」
「僕の歩く道」

かなぁ。次点がどしても選べなくて、「医龍」「時効警察」「小早川伸木の恋」「下北サンデーズ」のどれか。ワーストは、「誰よりもママを愛す」の内田有紀と「おいしいプロポーズ」の小出恵介が抜けてました。

ベストは、「神は?」です。今年は「すいか」の再放送も全部観ましたが、小林聡美とともさかりえのコンビは抜群にいいですね。「嫌われ松子?」は、デビュー以来輝きが下降線を描き続けてた内山理名が奇跡に近い当たりを放ったのに、裏が悪すぎましたね。「アンフェア」は脚本家のやりたい放題で、何であんなのがウケたんだろう。

あとは演技が印象に残った俳優さんですね。えっと、「小早川伸木?」の紺野まひると片瀬那奈はどちらもよかったなぁ。「時効警察」の麻生久美子のふっ切れっぷりも。「アンナさんの?」の杏さゆりも無難以上で驚きました。男だと、「神は?」の尾美としのりに「のだめ?」の小出恵介と玉木宏、「結婚できない男」のこつぶちゃん。

黒@菊地原真・神田(閉店)

豚骨ラーメンてのは、レベルの低い店に当たり続けてると案外馴れてしまうんですよね。たまにはこのレベルの店に来ないとね。神田の「菊地原真」さん。九州は大牟田の「柳屋」て店の関係店だそうで、触れ込みは「豚の頭、鶏のガラ、背脂、腹脂を超強火で16時間煮出し、繰り返しあくを取り続けた究極の豚骨スープ」とのこと。

オリックスの中継ぎエースみたいな店名ですが、ご主人は大人しそうな普通のオッチャンでした。今回は、「純正ラードでゆっくりニンニクを炙ったニンニク油」、いわゆるマー油を浮かせた「黒」を注文。うーん、数日前に「とんこつ革命」なる失笑ものの1杯を冷やかしで食べた気がしますが、ちゃんとした豚骨は格が違います。

9f8e4991.jpg
16時間も強火で煮出したという割には臭みもなくあっさりしたスゥプですが、素材のエキスが詰まった、実に奥行きのある味わい深いもの。

替え玉をメニゥに載せるなら、その気になるだけの最後まで飽きのこないスゥプを用意しないといけない。それが実践できてますよ。

これならば「白」でも十分楽しめたと思いますが、マー油の効きもほどほどで○。マー油のおかげで最後までスープは熱々に保たれます。替え玉派には嬉しいでしょう。

麺も博多風のポキポキした極細ストレートで、きっちり堅めに茹でられて美味しかったです。チャーシューも出す前にフライパンでひと手間。きくらげと万能ネギもちゃんと入って、ぬかりの無い1杯。疑問は(自粛)の黒さと、丼と皿のセンスだけかな。場所がよければもう少し人気が出そうな感じ。

ねぎそば@山頭火・御徒町

日曜日の23時過ぎって、意外にラーメン屋さん営業されてないんですねぇ。今回は神田で降りてみて、いま一番行ってみたい「おんぱと」さんの場所を確認した後、行列のじゃんがらをスルーして山頭火です。

食べた後で光麺の選択肢もあったことを思い出しましたがね。山頭火は過去に一度も旨かった記憶はないので、とことん変化球の「ねぎそば」を。

おっ、結構美味しいじゃない。もっとも最近思うのは、汁無しって案外どこでもそれなりに食えるんじゃないかと。いわゆるネギラーメンを油そばに応用したメニゥ。大量の白ネギに辛めの赤いタレをよく和えて、麺と一緒に掻き込む。

88f8a20b.jpg
まずびっしり純白のネギが、ビジュアル的にすごくいいですよね。下処理もちゃんとしてある様子で、ネギ独特の嫌な辛さがありません。

麺も意外なことに、汁無し温麺に耐えられるんですよ。ボソッとした細麺で油そば風というのは本当に珍しい。わざわざ専用の麺を用意するまでのメニゥではないのでしょうが。チャーシューの切り落としもしっかり入っていて、変則メニゥでも具はケチらずに使うてますね。

客単価のこともあって、強制的に半ライスが付けられて?700は、そこそこお得な印象。麺のせいもありましょうが、かなり満腹になります。普通のメニゥがあんなに量が少なくてオール?800?てのが、やっぱり解せないなぁ。

醤油らぅめん@らぅめん いち・東武練馬

若い店主が独立して一生懸命やってるお店のようで、それだけで尊敬しちゃいますし応援したくもなるんですが、こちらも時間と電車賃をかけてプロの仕事を味わいに来てるので、やっぱり書きたいことはそのまま書いてみます。

いつも東上線から見えて気になっていた、東武練馬駅前は自家製麺のお店、「いち」さん。どうやらスナックを改造した店舗のようです。まずは基本の醤油に、奥久慈鶏の味玉をトッピング。

とにかく店主が動きまくる。スゥプを1杯ごとに小鍋で温め、直前に最後の追い鰹。味玉もわざわざお湯で温め直し、隣の客のチャーシューご飯用にネギチャーシューを炒め始めたと思えば、ラーメンにのせるチャーシューも直前にバーナーで炙る。

f1cbd70c.jpg
出て来た1杯も、これぞ魚介醤油という色に鰹の香ばしさ。……ここまで期待させておいて、はっきり言って全く旨くないです。全てが少しずつずれた結果、何一つ褒め所が見当たらない1杯に。

まず、あれだけ香る鰹がスープにどうにも生きてこないんです。ほとんど奥行きを感じさせない薄く平べったいスープは、醤油ダレはともかく、動物系が弱すぎるんじゃないかな。失礼極まりない表現ですが、「緑のたぬき」を無化調で作ったような後味なんですよね。

中細縮れの麺も、自家製の割に変にぷりぷりっとした、安っぽい印象を受ける食感で、麺だけを味わってみると小麦の香りも弱いんですよね。これだったら敢えて自家製で勝負する必要は無いと思います。

チャーシューも炙ったのはいいけど、元からして肉の味が抜けてる上にペラペラで、いい素材使ってるんだとしたら勿体ないですよね。

味玉も素材の良さは分かったけど、それでも黄身に相応の味を入れて欲しいのよね。?110ってのは「味玉」としても他店より高い設定なんだから。

正直、途上というか、完成までにはまだまだ時間がかかりそうな1杯だと思います。若くしてラーメン屋さんをやっておられるんだから、絶対あたしなんかよりラーメンを愛してる方だと思うんですよね。他の自家製麺・魚介系の店と比較して、納得して出してはるのかなぁ。メニゥはこれからも増やす予定の旨書かれてましたが、基本がこれで完成だとしたら勿体ないです。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ