三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

2007年03月

3月ラーメン

毎月恒例にしていきます。3月のベスト5。
ウケ狙いでも何でもなく、東京は全滅で小田原から3軒入れました。
1位は年間ベスト1もあり得るくらいの断トツ。

小田原は「味壺」「中華麺(塩)」

2 天王町は「魁」の「味玉つけ麺」
3 辻堂は「OHANA」の「柳」
4 小田原は「ブッダガヤ」の「くまもとらーめん」
5 小田原は「鳥取」の「ラーメン」

次点は「きび」@品達の「黒豆豆乳ラーメン」

バラ肉チャーシュー麺+半熟煮玉子@八雲・平塚

小田原市と茅ヶ崎市も何軒か回りましたので、中間の平塚市に来てみました。初めてなので、ひとまずは人気店らしい「八雲」さんへ。遠征なので行列はどしても回避できず、6人ほどの列の後ろに。

この行列はニセモノですね。回転が異常に悪すぎる。9席のみのカウンター店舗にほとんどの客が子連れ3人以上で、並び席が空くまで座らない、ジジイが表に出てタバコを吸ってまた店内に戻る(あり得ない)など、周りが見えない典型的な田舎モンばかり。

揚げ句に表に路駐、警官が取締まる前に店に入ってきて注意したのを無視、後から表に出て別の店の前に車を移動するなど、信じられないクソ夫婦まで。警察からお咎め受けるのが店なのを分かってないんだよね。死ね死ね。

f0de0d17.jpg
あっ、ラーメンの話ですね。外まで魚介のいい香りがするお店は、ワンコインからの超良心価格。バラ肉チャーシュー麺+味玉で¥800とは。

この地域では珍しいのかなぁ、都内だったらありがちな系統じゃないかしら。最初は酸味がやや強めに感じられ、魚粉系ラーメンとしては動物系が弱くて深みに欠けるような。飲み進めるとスープ割後のつけだれみたいな印象で、もしかしたらつけめんの方が旨かったかも。チャーシューの上から振る黒コショーも要らないなぁ。

麺は中太縮れですが、ちょっと細過ぎるのと茹で加減も柔らかめなのが気になります。技術自体は高いのが分かるだけに、細かい所がかえって目立ちますね。

具は文句なし。バラチャーシューはとんでもない旨さ。薄めで程よい甘さの味付けで見事なやらかさ、味玉も味の入りはさることながら、白身の固さが完璧。メンマも大きめでいい味付け。

ご夫婦の接客も非常に感じが良くて、色んな意味で勿体ないお店ですね。つけめん+チャーシューご飯の選択が最良だったんじゃないかな。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

味噌ラーメン@めん蔵・神谷町

虎ノ門からこんなところまでお散歩で歩いてしまうのがおかしいですし、飯倉でラーメンを食べようというのも間違っているのですが、店構えからしてもしかしたら、と。札幌ラーメンを名乗る「めん蔵」さん。

入った瞬間に、内装が安っぽくて無味乾燥で、失敗したかなと思ったら案の定。麺はすごく念入りにほぐしてましたし、スープも味噌を入れてからよくかき混ぜてはりましたし、好感が持てる感じだったのに。

d65a2004.jpg
とにかくスープが薄い。ダシが満足にとれてないんだもんなぁ。味噌もしっかりアイスを掬うような例の器具で計って入れてるのに、いかんせんコク不足。

とどめにラード臭いというか、化調臭と相俟って後味もよろしくない。ラーメン創作に対する姿勢が、いまいちはっきりしない。

麺もちと酷すぎる。本当に西山製麺なのかどうか、黄色い中太縮れ麺はぶよぶよして食感は最悪。何かのタイマーが鳴った後、しばらく経ってから麺を揚げたのが気になるといえば気になります。

具は言わずもがなですか。チャーシューは脂身がヌルヌルして残念ですし、メンマは臭みがスープにまで移ってしまって。一応色付き玉子が入ってるけど、まあ単なる固茹でなわけで。今月は当たりはずれが大きいなぁ。

黒豆豆乳ラーメン@きび・品達

品達来たのっていつ以来ですかねえ。おそらく例の試験の2日目だか3日目だかの帰りが最後だから、1年近くなりますか。今年のTOCは、「東京あってり麺」とか、選択肢が増えましたよね。去年は試験前に「平大周味庵」行きましたからね。あれは危険でした。

6980ccb9.jpg
さて、今回のお目当ては「ヘルシー&ビューティー」を応援する春限定メニゥというやつで、一番気になった「きび」の「黒豆豆乳ラーメン」から。品達の方の店舗に来たのは実は初めてですね。

正統派の支那そばを出す店の割に変わった限定メニゥを出すことで有名なこちらですが、今回も食材をうまいこと消化(昇華?)できてるんじゃないですか。

あたしは豆乳鍋ってのはクセがあって嫌いなのですが、独特の臭みやドロドロ感がなくて、いいスープですね。ベースのスープがしっかりしてるのもあるんだろうけど、油の香りづけと、大胆に黒コショーを効かせたのが、単調でのっぺりした感じになるのを防いでます。丹波篠山の黒豆はどう使われてたんだろか。

麺にも豆乳を練り込んだとの話ですが、いつもの「きび」の麺よりも加水率が低いような。ぷりぷりっとした中太の縮れ麺で香りも豊か。

具もバジル風味のトマトや大葉などと変則的ですが、単調さの回避の点で評価したいです。チャーシューやメンマからは、細かいところも手を抜かない姿勢が伝わり好感が持てます。企画物としては十分なレベルだと思います。☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)

元ラーメン@元楽・虎ノ門

新橋・虎ノ門地区、少ないようで地味に何軒か存在してるんですよね。今回は、じわじわとFC店舗拡大を進めているこちら、「元楽」さん。現在6店舗ですか。事務所の近くなんで、行ってみました。初めてなので、基本であろう「元ラーメン」を。

かなり豪快な部類の、いわゆる「背脂チャッチャ系」の1杯。床やカウンターも油でギトギトになってますからね。ただ、方向性はちょっと独特かも。やっぱり甘辛めの濃いお醤油味なんだけど、鰹の効きがすごいんだわ。魚粉て感じではなく、も少し穏やかに鼻腔に抜けるいい香り。

背脂はやっぱり上質なんですかね、それ自体ではしつこさを感じないのだけど、それ以外の油が多すぎて全体に重ためになっちゃってるのが実にもったいない。

麺は夜限定だという太麺を選択。これがむっちりしてスープとの相性はすごくいいと思うのだけど、これ以上細い麺はスープに負けるんじゃなかろうか。レギュラーの麺が気になる。

バラ肉ロールのチャーシューはやらかくて美味しい。玉子が固茹でなのは残念。全体として、一般のFC店よりは遙かに高いレベルにあると思います。2月の5杯には選ばなかったけど、世間の評価よりは気に入りました。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

風神@風雷神・保土ヶ谷(閉店)

今日はまた別の物にキレないといけないんですが、はんつ遠藤の「ラーメン厳選300軒」ちゅう本です。1000円もするくせにカラー紹介の店はたった150軒弱、残りは1ページ8軒ずつ白黒という酷い扱い、そのくせラーメン検定とかいう編集者のオナニー企画でページの水増し。

そんだけなら単なるゴミやども、発行日前にとっくに潰れた店を新店としてカラーページで紹介するとは。「麺匠虎」って潰れたような気がしたんやども、再開でもしたのかと行ってみましたら、やはり無駄足を踏んだ数ヶ月前と同じ光景が。

今回は救いがあったのは、近隣の「風雷神」が営業してたこと。保土ヶ谷なんていう大嫌いな町で降りてしまったので、とりあえず入ってみました。

徳島ラーメンの店「徳福」が業態替えして、「博多屋台」を名乗る胡散臭さ全開の店ですが、最近のハズレ続きのせいか美味しく感じました。ノーマルな豚骨塩の「風神」を味玉入りで。もひとつ二枚看板の「雷神」は豚骨味噌らしい。

3093caad.jpg
それなりに濃厚でありながら臭みがなく重たくもない、関東人には最も無難な個性を感じない豚骨スゥプ。ちょっと器が小さいですが、替え玉が1玉無料のサービスは嬉しい。

バリカタ注文でポキポキした極細麺はかなりの高水準。さすがは丸山製麺という安心感。ただしスゥプの量が少な過ぎて、頑張って残しながら1玉目を食べ終えても、替え玉に十分な量は残らない。なのに替え玉の方が1玉目より量が多いような……

具は、キクラゲがちゃんと入ってること、勝手に紅ショウガを入れたりしないこと、味玉が水準以上であること等、脂っこいバラロールのチャーシュー以外はそこそこ評価できますね。特製だという辛味噌系の赤い調味料は、豆板醤と同じでいたずらにスゥプを辛くしただけでした。☆☆☆☆☆☆(6.0+)

風鈴屋@新橋

ネットでもかなりの酷評ぶりのお店ですが、銀座ラーメンシリーズ論外編から「風鈴屋」さん。新橋近辺の未訪店が減ってきたとはいえ、むやみに飛び込むのは良くないですね。

fff3fd3e.jpg
無造作に切られた長ネギが大量に盛られた見た目で既に危険な香りが漂っていましたが、味も負けていません。

色味は家系ラーメンを何倍かに薄めたような感じで、ちゃんとダシをとってるんですかね。スープの薄さとコク不足を補うためか、大量の化調で味付けされたような油が表面に浮かべられ、異臭を放ちます。しかも異常なぬるさ。

ちりちりらーめんを名乗る麺は、喜多方程度の並の縮れ具合の中太麺で、適正茹で時間をまったく無視したくたくたなもの。

さらに具がすさまじい。相性だとか見栄えだとかを無視して、ラーメン一般に入ってそうな具材が大量にぶち込まれてます。もやし、わかめ、青菜、薬品臭のあるメンマ……とどめに万能ネギでも九条ネギでもない、単なる長ネギの輪切りが一番上に盛られて臭さを倍増させます。チャーシューも豚臭い。

そこそこいただけたのは、キンキンに冷えた味玉くらいでした。最低限の礼儀ですが、よく完食できたなと。いわゆる「新橋のサラリーマン」が結構入ってる感じですが、この土地だからこそ営業が成り立つのでしょう。

夏川純の例の騒ぎに関する雑感

たまにはらぁめんネタ以外も書かないと、というわけで、最近の一番のトピックといえば、「夏川純の年齢詐称疑惑」しかないですね(そうかしら?)。一応の決着が付いたところで一言二言。スポーツ紙の芸能欄に見られるように、とかく年齢を逐一確認するのは日本の悪しき慣習だと思うのですが、そこはひとまず措くとして。

あの落ち着き方というか、電話対応なんかの事務系の仕事が得意そうな雰囲気から見てると、グラビア系でもやや長い熊田曜子とか安田美沙子(82年)の1コ上くらいまではありうるのかなぁ、と思って見守ってました。28歳説はちょっと非現実的だろうと。

上↑の二人より年上だとなると、もらう仕事内容も変わってきそうですし、どうしても遅咲きのレッテルを貼られちゃいますからね。もう1世代下のグラビアアイドルとして売るには、83年というのは一番無理がなくて妥当な線という感じがします。

ほしのあきは除外しないと仕方ないですが、80年だとなれば、グラビアアイドルのカテゴリからは離れた感のある安めぐみや小野真弓(81年)よりも上ですし、かなり遅咲きの印象がある山本梓(81年)よりも上だと言われると、ちょっと驚きます。

で、80年生まれって他にどんな方々がいるのかと思いますと、優香、酒井若菜、吉岡美穂、くまきりあさ美……といった感じで、グラビアアイドルというイメージでいくと、一気に「一昔前」の印象が強くなります。確かに同じ歳には思えないですね。

あたしなんかは今回同世代だと判って、かえって親しみが湧く気がするのですが、各メディアはもう少し叩いてみるんですかね。本人の知名度に比して騒ぎが大きすぎる印象は受けてたのだけど、今後の活動に当たっては案外いい方向に働くんじゃないかしら。

スマトラカレーを喰らう

「美味紳助」とかいう番組が4月から「ネプリーグ」「フレンドパーク」の裏でレギュラー放送開始だそうで、土曜だったかに事前特番をやってたんですが(前フリが面倒くさいなぁ)、その中でバナナマンが視聴者から寄せられた不味い店に食べに行くコーナーをやってまして、毎日目にする「スマトラカレー」が出てきたので、行ってみました。

ネタにならねぇ、というか、新橋で2軒紹介した時点で企画自体が手抜きなのですが(もう1軒も場所は知ってたんだけど、「炊飯ジャーで保温した炒飯」と初めから残飯なのでパス)、普通に食えるわ、これ。先代の主人が戦時中にスマトラの現地人から学んだカレー、との触れ込みだったかな、「煮込んだジャガイモを潰す」というその一点が独特で、その一点をもって不味いと騒いだって。

実際、普通のカレーのジャガイモを潰した味しかしませんでしたよ。番組では、癖になる人は癖になる、みたいなフォローが入ってたけど、カレー自体の個性が薄いからハマるとかそういう次元でもないんだよな。スマトラの留学生が出てきて、「スマトラの味です」とか言ってたのも、確実に流行りのやらせだし。どう考えてもベースは日本のカレー粉だって。

せっかく新番組始めるなら、もっと真剣に不味い店を探さないと。バナナマンの反応もイマイチで、いいリアクションできてなかったもんなぁ。「彦龍」の新ラーメンを見なさい。見た目からして一時期のインリンや堀越のりの料理にしか見えないんだから。

今度、「スマトラカレー共栄堂」行って本物のスマトラカレー食べてきます。

煮干正油ラーメン@二刀流・神田(閉店)

神田の「菊地原真」が潰れて新店ができたとのことで、急遽行って参りました。マー油豚骨としては「なんつッ亭」よりいいものを出してたと思うので勿体ないのですが、奥様の体調がすぐれないとか。いつの日か復帰を望みます。

で、新店は「二刀流」さん。経営母体が同じなので完全居抜き、丼の下に敷かれるセンスのない皿まで使い回し。醤油と味噌で「二刀流」らしく、今回は煮干正油ラーメン。見た目はネット評通り、永福町大勝軒ぽい感じ。

最大の問題は、一番の売りである煮干しの味がほとんどしないこと。鼻を近づけるとしっかりいい香りがするのに、不思議なくらい効いてこない。スープの中の粒々は当然煮干しと思ってたら、中にコショーが混じってたのかな、逆にそちらが効き過ぎ。

油は多めで熱々スープなんだけど、甘くもないし醤油ダレも主張が弱いし、見た目からは相当裏切られたような。麺は「むらめん」の中細縮れで、こちらは全く問題ないですから、とにかく目指しているスープに少しでも近いものを出せるようになってほしいところです。

相変わらず20時で先後客ゼロと、立地的にも苦戦の様子でした。神田駅から近い割に目立たないんだよね。味噌は誰も手出してないらしく、ネット評はみな煮干しで低調ですから、味噌で起死回生を。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ