三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

2009年06月

とろ肉ラーメン(塩)@らーめん 旭屋・蒲田

仕事の関係で夜に蒲田へ。何軒か未訪店があることは認識してたのですが、その日に入った仕事のため事前のチェックもしておらず、場所が確実に分かっているお店へ。「らーめん 旭屋」さん。職場の同僚イチ推しの店ではあったのですが、ネットで見た「山頭火」そのもののビジュアルに、これまで食指が動かなかった次第です。

店に入ると、場末の居酒屋っぽい感じで、「山頭火」感がないですね。女性ひとりでは入らないでしょう。それでも注文はやはり「とろ肉ラーメン(塩)」。確実に最初で最後なので、喫煙可などの点は気にしない方向で。

出てきた1杯は、以前の写真に較べて「山頭火」ぽさが無いような。スープがやや茶濁。飲んでみると、「山頭火」のシャバシャバ&ミルキーなおとなしい味ではなく、はっきりした豚骨臭さとニンニク風味があり(シャバシャバではありますが)、いい意味でジャンクな方向に行ってますね。

麺は中細のストレートに近い低加水。このスープにはしっくり来ますね。「山頭火」の麺がどんなであったかは忘れてしまいましたが、もう少しボキボキした茹で加減でも旨いように思えます。

とろ肉チャーシューは、なるほどとろとろで柔らかく美味しいです。ただ、脂身の割合がそれなりですので、午後9時という時間にはちょっとつらいものがありました。メンマは印象なし、梅は入ってなかったです。☆☆☆☆☆☆(6.0)

らーめん+替え肉@九州らーめん つばめ軒・北浦和

午前中から浦和での仕事、ということで、久々に北浦和に足をのばしてみました。既食2軒を除き3軒ほどチェックしていたのでその中から1,2軒、と思っていたら見事に全軒フラれまして、4番目のお店へ。これだけラーメン店が多いと助かります。「九州らーめん つばめ軒」さん。

通常の「らーめん」に、「煮崩れ玉子」と「替え肉」というお得そうな30円トッピングがあったので、後者を追加。当初「固め」で注文したら、カウンターの注意書きで「粉落とし」まであるのを発見し、「バリカタ」に変更。バリカタは9秒、固めは30秒、予想外に茹で時間が違います。

思い出せないけれど、どこかで見たようなビジュアル。食べてみると、「九州らーめん」という曖昧な感じがしっくりくる、無難な1杯。臭みのないマイルドな豚骨スープで、やや出汁は弱く物足りなさを感じますが、スープの色のとおりタレが結構しっかりと利いているので、バランスはとれているかと思います。

麺は「鯉沼製麺所」という、おそらく地元の製麺所なのでしょう、低加水の細ストレート。もう少しボキボキとして粉っぽさがあってもいいかな、とは思いましたが、にちゃつくような感じもなく美味しいです。

驚いたのは30円の替え肉。小皿にチャーシューの切り落としがこれでもかと盛られたすごい一品で、あわてて無料の半ライスを追加。チャーシューご飯にしたら軽く2杯分以上はあります。冷えて固まっているので、スープをかけてほぐしてご飯に載せていただきました。

ラーメンに載った方のチャーシューも柔らかく美味しいのですが、デフォルトでキクラゲなどは入らず、高菜も卓上に無かったので、全体にやや寂しくも感じられました。☆☆☆☆☆☆(6.0+) 続きを読む

ラーメン(並、固め)@笑家・辻堂

今年の4月に茅ヶ崎市内にオープンした家系の新店。134号から浜須賀で湘南新道に入り、鉄砲通り手前の左側というのが分かりやすい説明でしょうか。「笑家(わらいや)」さん。白と木を基調とした家系らしからぬ店構えで、側壁面に巨大な笑い顔のアートが描かれているので目立ちます。

「真鍋家」出身ということですから、あの「寿々喜家」系列ということになりますね。明るく清潔感のある店内、丁寧な接客、子連れ客への気配り等々、総本山に欠けている全てがしっかり「寿々喜家」から受け継がれています。いつもどおり、ラーメン(並)を固め+味玉。

630dd2fe.jpg

評判どおりといいますか、「寿々喜家」に匹敵する文句なしに家系トップクラスの味です。豚骨濃度が高く一定の粘度がありますが、臭みや過度な重量感はなくコクとまろやかさを兼ね備え、きれいに乳化しています。

醤油ダレはしっかり利いて輪郭ははっきりしつつ、鶏油の加減が程良く醤油の角が立たず、ぐいぐい飲ませます。味の濃さや油の量はもちろん調整可能ですし、ニンニク、豆板醤、酢、ショウガと用意されていますが、デフォルトで完成し尽くされた見事なスープ。

麺は平打ち気味の太麺縮れ、当然王道の酒井です。もちもち感はさすがのひと言ですが、「超固め」まで設定されていることもあってか、「固め」だと他店よりやや柔らかく感じるかも。

チャーシューはハムステーキのように肉厚ジューシー、味玉は半熟加減、味の入りともいい仕上がり。皆さん指摘するようにホウレン草の盛りもサービスがよく、当然業務用などではなく適度な歯触りで旨い。

味玉が半個(50円)と1個(100円)とあったり、カウンターの席間隔も広くとられていますし、味の調整も細かく注文できたり、客本意の営業姿勢が素晴らしい。店主の奥様とお母様……なのでしょうか、そこまで笑顔でなくとも、そこまで気を遣っていただかなくとも、と思うほどです。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)

タンタン麺@四川や・上田

上田出張2軒目は、予定していた背脂系の「こうや」さんの昼営業が無くなっており、早くも予定変更を余儀なくされます。ちょっと歩きたくない距離だったのと、ご当地感が乏しそうだったので、一度は訪問予定から外していたお店。「四川や」さん。

お昼前でしたが7割くらいの入りになっており、地元支持の高さをうかがわせる中華料理店。店名が店名ですし、ラーメン本にも載っている「タンタン麺」を。このメニューが650円というのはかなりリーズナブル。

78dca4d8.jpg

店名からして少し期待したのですが、いわゆる日本的な坦々麺でした。胡麻の香りがなかなか香ばしいのですが、コクはさほどでもなく、ベースは中華料理店らしい清湯スープで、全体にかなりあっさりしています。

見た目にはラー油はあまり入っていないように思えますが、辛さはそれなりに利いています。あっさりした味わいの中でニンニクの香りが突出している点に、やや違和感がありました。

麺は多加水の中細ウェーブ麺。やや頼りないように見えて、コシは相応にあり伸びにくく、胡麻の香りをしっかりと持ち上げ、スープとの相性はいいですね。

具はモヤシ、チンゲンサイ、甜麺醤等で甘めに味付けられた挽き肉(肉味噌)とシンプル。連食でなければ半マーボー飯とのセットをいただきたかったです。☆☆☆☆☆☆(6.0)

味玉幸村@麺将 武士・上田

既に次回が決まっていたりする上田出張。「熊人」「ぶいよん」など、行きたくてたまらないお店はあるのですが、日帰り出張では駅周辺が限界。1軒目は、ほぼ駅中のお店です。「麺将 武士(もののふ)」さん。

メニューに「武士ブリュレ」なんてのがあるので一発で分かりますが、「烈士洵名@春日」の系列店です。烈士は私がラーメン好きであることを思い出し、食べ歩きを始めるきっかけになった1軒ですし、とにかく思い入れがあります。コッテリ系は次回に回すとして、あっさり系の「味玉幸村」で。

d952c12f.jpg

チューリップ型の丼は確かに烈士なんですけどね。数段劣化させたような印象。シャッターだったので出汁がしっかり出ていないのかな、クリアな鶏ベースに魚介風味はそれなりに香るのですが、全体に滋味深さに欠け平板に感じられます。

烈士はもっと重層感ある味わいが特徴だと思っているのですが、無化調ゆえのおとなしさが目立ってしまっているような印象でした。白醤油のタレは塩辛さが立ちすぎず香りもよく○。

麺は中太の角張った多加水ストレート。滑らかさはあるのだけど、ぷつんぷつんと切れてもっちり感に欠け、香りもいまひとつで、烈士の大麦焙煎麺や黒小麦麺とまったく違います。

みゆき豚仕様のチャーシューはやわらかく脂身も美味しいですし、メンマもちゃんとした素材を使ってますね。味玉もきれいに味が入っています。

次回はこってり豚骨の「左近」をいただきます。今回は残念でした。☆☆☆☆☆☆(6.0)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ