春日に気になるお店。「烈士洵名」のBOND OF HEARTSの新店、場所はこんにゃくえんまの近くと、休日仕事の帰りにも寄りやすい。「本枯中華そば 魚雷」さん。事前にネットで調べたところ、営業時間が11時から23時と通し営業のようなので、安心して17時半頃着くと、なぜか仕度中。

営業時間の表示は見当たらず、中では店員が喋っていてスープ切れなのか判別が付かず、ひとまず至近の「烈士」に行って訊いてみると、こともなげに「15時から18時は中休み」とのこと。烈士の店頭に貼られたチラシも11時~23時となっていて、中休みの存在を秘匿するというのはどういう神経なのだろう。

ressi

仕方がないので、釈然としないながらも予定にない連食で時間を潰すことにして、烈士の「らーめん」を細麺で。大学院時代に通い詰めた思い出の味のはずでしたが、もはや全くの別物。面影が残るのはエリンギメンマくらい。魚介風味が前面に出た、分かりやすく厚みを感じないスープに、当時の黒小麦麺とはまったく違う、特徴のないやや柔らかめな中細麺。スープの蘊蓄だけは昔のままなのに。

で、18時前に戻ってみますと、今度は行列ができておりシャッター。お店は、座席をずいぶん詰め込み過ぎた印象。ネットではテーブル席が狭いと評判ですが、カウンターも十分狭く、下には荷物棚もフックもない。烈士には荷物フックがあったのに。注文は食券購入後、日によって一部変わる10種類弱のトッピングから任意の3種類を選ぶスタイルで、「旨玉本枯そば」を「タマリ漬け叉焼」「根まがり竹」「ちんげん菜」で。

gyorai_gu

最初にトッピングが別皿で供されますが、お皿に並べてしまうとかえってみすぼらしいような。目の前にはなんとサイフォンが並べられ、本枯節の出汁はその都度1杯毎に抽出される仕組み。もう少し落ち着くお店だったら、スープができあがっていく様子を眺めるのも楽しめそう。

その後、開店と同時にカウンターの端から順に詰めて座っていながら、同じメニューで順番を飛ばされるという考えられない仕打ちを受け、丼はサイフォン越しに高い位置で手渡しと危なっかしく、丼に付いた油で手は汚れるし、食べ始める時点でげんなり。

gyorai_men

サイフォン効果か、鰹の香りがくっきりと出ていますね。動物系のコクもしっかり、ちょっと多めの油に、醤油だれの香りや甘みも利いて、奥行きを感じさせるスープ。表面に浮いた「エスプーマ」も煮干しと鰹とのことでしたが、これはすぐスープに溶け込んでしまいました。

麺は中細のストレートで全粒粉入りでしょうか。ソフトな食感ながらコシはしっかり残してますし、しなやかで啜り心地も香りもいいです。日本蕎麦テイストで、鰹が主役のスープと良く合います。形状と食感は、先ほどの烈士の細麺と変わりません。

チャーシューは小ぶりながらスモーキーで香ばしく、根曲がり竹はコリコリした食感がアクセントになって○。味玉も適度な味加減、半熟加減。

期待通り美味しかったですが、コンセプトに比して店がごちゃごちゃしすぎていて、もったいない感じ。サイフォン抽出は「烈士」の雰囲気の方が似合いそうな。☆☆☆☆☆☆★(6.5+)