三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

2010年06月

最強ラーメン烈伝 in サカス(後期)

前期は結局4店舗で打ち止めてしまったのですが、後期は殆どのお店が最初からオリジナルメニューを出してきていて、楽しんでおります。速報的に。

七彩(喜多方冷やし・塩) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆(9.0)
スープの厚み、ワサビオイルの清涼感、冷えても柔らかい低温製法チャーシューと、何もかもが完璧。やっぱり凄いです。
長尾中華そば(肉そば黒津軽) ☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)
浅草催事、青森の実店舗に続いて3度目ですが、コク煮干しを苦手とする私には、今までのベストでした。程良い煮干し感、開化楼の太麺との相性も抜群ですね。
大喜(極太とりそば) ☆☆☆☆☆☆☆(7.0)
イベント出店自体がニュースですね。まさに大喜の味ですが、ちょっとおとなしめでしょうか。
麺屋 青山(プレミアム豚骨魚介) ☆☆☆☆☆☆★(6.5+)
魂麺(ド・魂麺(塩)) ☆☆☆☆☆☆★(6.5)
なおじ(特濃鶏白湯炙りチャーシュー麺) ☆☆☆☆☆☆(6.0)
鶏白湯の2店は、かんすい臭が気になりました。

来週は、長いこと実店舗にお邪魔していない七彩の温メニューと、青山のつけ麺、ど・みその日替わりを楽しみに来てみたいと思います。

最強ラーメン烈伝 in サカス

最近はまったくタイムリーな更新ができていませんが、途中経過的に。20時30分LOで結構訪問しやすいですし、空いてるんで室内でゆったりテーブル席で食べられますし。「大つけ麺博」の異常な盛り上がりは何だったんでしょう。

イベントオリジナルなメニューを出してるお店を選んで訪問したら、前期は4店で打ち止めでしょうか。今日は昼間に時間を空けていたのですが、湯島に行ってしまいました。「きん」や「つじ田」や「田中そば店」が、限定を出してくれたりすると面白いのにな。

日替わりでコラボメニューを提供している「阿吽」の気合いの入りっぷりが凄いです。これだけ毎日追いかけたいくらい。しかし各店レベルが高い。後期は、「長尾中華そば」がオリジナルのようですし、「七彩」や「大喜」が何を出してくるか楽しみです。

BeeHive☆☆☆☆☆☆☆(7.0)
雑味のない、クリアでキレのある醤油スープでした。
阿吽(担担麺ファイアー)☆☆☆☆☆☆☆☆(8.0)
汁無し1回きりで再訪してないことを後悔しました。胡麻にくどさが無く、ラー油も辛さ以上にコクと香りが素晴らしい。
宗(特製醤油そば)☆☆☆☆☆☆☆(7.0)
魚粉を振った分かりやすい味ですが、全体のバランスが良好。
BASSO DRILL-MAN(HOT BASSO)☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)
濃厚なのにくどさがなく、程良い辛さのつけだれが秀逸。

5月の5杯

5月は、割と新店を積極的に追いかけていたはずなのですが、5軒選んでみたら、こんな感じになりました。あまりに統一感がありませんね。

とららん@町田
龍馬灯@大門(中華麺)
三和楼@中華街(海鮮麺)
NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ@住吉
マルタマ@十文字

抜けてるのは上3軒です。「とららん」の鶏白湯+味噌はお見事。「龍馬灯」は2回目ですが、レギュラーの蕎麦よりも中華麺でさらに美味しかったです。「三和楼」は、中華街の麺類では過去最高かも。

ほとぼりが冷めるのを待っていた「けいすけ」は、何をやらせても上手いですね。十文字は、訪問を果たせたことだけでも嬉しい。仕事で行かれるとは思ってもいませんでした。

次点は大量に。ちゃんとした作り方をしてれば、「ZIPANG@秦野」(海老吟醸)はもっと美味しかったはず。心残り。他に新店では、「麺場 風天@大井町」(煮干し塩)、「田@西大井」、「土曜の牛の日@淡路町(きび)」あたりが良かったですし、そのほか、「丈屋@横手」(こってり塩)、「波(シー)@北綾瀬」、「栄昇らーめん@京成津田沼」なども印象に残りました。

札幌味噌らーめん+味付玉子@初代 かしわ屋・平塚市長持

かなり長いこと課題店のままになっていたお店。平塚の未訪店もほぼ無くなってしまったので、レンタサイクルが借りられずともバスで辿り着いてやろうと行ってきました。「初代 かしわ屋」さん。駅にはバス路線の案内図もなく、神奈川県の地図から秦野駅行きなら近くを通るだろうと推測して乗り込んだら、当たりでした。

バス停だと、「長瀬」と「長持」の中間くらい。ひと駅で運賃が50円違うので、前者で降りた方がいいかも。大磯の「壱龍」出身ということですので、当然味噌ですね。券売機の筆頭は「特味噌」でしたが、くだらない小細工はスルーして、基本の「札幌味噌らーめん」。安めの価格設定だったため、+味玉も。

kashiwaya

1杯ずつ中華鍋で仕上げられた(であろう)いわゆる札幌スタイルのスープは、豚骨がしっかりして油は多すぎず、ニンニクの香りも程良く、味噌ダレにもくどい甘さが無く期待を裏切らないもの。ただ、もう少し味噌が強くてもいいような気がします。最初こそ美味しいのですが、中盤から単調に感じられます。

麺は、熟成感のある多加水の中太縮れ麺。表面がつるつるしてスープの持ち上げがあまり良くないのと、弾力がある割にぷつんぷつんと切れてしまい、いまひとつな印象。製麺所は、暖簾にも書かれておらず不明。

チャーシューは薄めながらも噛み応えがあり、豚の旨みがしっかりしてまずまず。味玉も半分まではいただきましたが、いい半熟具合。メンマはずいぶんと甘めで、スープには合わず。ワカメも不要か。

半分くらい食べ終えた頃でしょうか、後客が喫煙の可否を訊ねると、店主だか何だかが、「14時までは禁煙だが、かまわない。」との驚愕の返答。で、店員が灰皿を渡しています(なお、吸い始めも確認しています)。このときの時刻は、13時15分前後でした。あまりの出来事に唖然として、そのまま黙って席を立って帰りました。

ここ10数年、あらゆる飲食店で受けた中でも最低の仕打ちでした。ラーメン専門店で麺ないし具を残したことも初めてです。クレームをつけても良い場面でしょうが、拠って立つ規範を異にする人間(もちろん、客ではなく店の方です。)に道理を説くほど無駄な行為もありませんので、素直にまっとうな店で口直しをすることに決めました。

ラーメン自体はひととおり味わいましたので、味の評価だけはしておきます。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

白湯麺@麺屋 なごみ・青砥

普段は、新店には評価がだいたい出そろった頃に伺うことが多いのですが、千鳥町の「みしま」の関連店だということで、これは確実であろうと開店4日目での訪問。青砥の「麺屋 なごみ」さん。行先表示では馴染みのある駅ですが、京成線でここまで来たのは初めて。

青砥駅の高架下が「ユアエルム」という細長い商業施設になっており、その5番街と6番街の間から出て、比較的広めの道に出ると看板が見えます。店内はL字型カウンターのみ。座りやすい椅子が嬉しいです。メニューはあっさり/こってりの2系統。後者から「白湯麺」を選び、味玉を追加しようとしたら、デフォで半玉入っていることを教えてくださいました。この気遣いも嬉しい。

nagomi

表面が少々泡立ち、きれいに乳化したスープは、とろっとしていながら過度な重量感はなく、鶏の旨みだけが凝縮されたもの。鶏白湯で醤油というのは初めてでしたが、クリーミーなスープと喧嘩し合うことなく、互いを引き立てている印象。みじん切りにしたネギの食感もよく合いますね。

麺は三河屋製麺のややウェーブがかった中細麺。あっさりのメニューと同じ麺なのでしょうか、このスープに対してはやや細い気もしますが、適度なハリとコシのある麺で、決してスープに負けることはなく、香りも良いです。ただ、もう少し太めの平打ち麺でも食べてみたいところ。

チャーシューは脂身が少ないながらも柔らかく仕上がり、味玉ははっきりとしたお醤油味。メンマは穂先。小松菜のシャキシャキした食感もいい。

若い店主と奥様(?)の接客も丁寧で好感が持てますし、地元に根付くことは間違いないかと思います。あっさりの「支那そば」「塩そば」も食べてみたいですが、ちと遠いですね。☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)

のり玉ラーメン@銀座ラーメン・東銀座

オープン前の強気な謳い文句とか店名だとかの話題と批判が先行して、味に関してとりたてて好意的な評価もなかったため、後回しにしていた銀座の新店、「銀座ラーメン」さん。ずっと行きたかった「田多森@八丁堀」が長期休業になっていたため、流れてきました。東銀座A2出口からすぐ、「たれ蔵」「元楽」「ヤンヤン」の並びです。

オープン時刻を15分は過ぎているのに看板は「支度中」、のぞき込んでも店員から何の声もなく、「ヤンヤン」に入りかけたあと念のため今度は声をかけてみると、営業しているとのこと。予想通りな感じの店です。店内は清潔で居心地よし。販売機の筆頭はつけめんですが、「のり玉らーめん」で。

ginza

スープはいくらか濁りのあるもので、舌にとろみを感じるので、それなりの動物濃度があるよう。ジャンルとしては豚骨魚介に分類されるように思われますが、魚介風味はやや節系が強いでしょうか、総じて控えめで、またタレも薄めで、全体としてぼんやりとしている印象を受けます。

麺はカネジン製の中太麺で少しウェーブがかったもの。みっしりとして歯ごたえがあるものの、もちもち感は弱めで、あまりお目にかからないタイプ。麺の香りはなかなか。家系のようなスープだとしっくり来るように思いますので、やはりタレがもう少し利いている方がいいような気がしました。

チャーシューは薄めながらもそれなりに柔らかく仕上がっており、味玉の半熟具合、味の入りも良好。あとはメンマに小松菜、海苔。具は無難にまとまっています。

店を出たところ、まだ「支度中」でした。売上げに関心のあるような立場の方は、店には出ておられないようです。☆☆☆☆☆☆(6.0)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ