三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

2011年10月

麺匠 真の蔵@立川ラーメンスクエア

 仕事で定期的に訪れる土地になってからでしょうか、ラーメンスクエアの新店は、チェーン店でない限り一度は訪問するのが習慣になってしまっています。今回は、「麺匠 真の蔵」さん。「晴」の卒業後に入ったお店ですね。事前にネットの情報は確認していますので、ある程度は覚悟の上で。

【実食メニュー】 とりこらラーメン・白(¥680)
 銘柄鶏ガラ使用、コラーゲンたっぷりで「とり・こら」だとか。券売機の左上は写真付きのトッピング入りメニューという、予想通りな配置。小さく目立たない基本メニューのボタンをしっかりと探して注文。麺の固さを粉落としまで選べるらしいので、バリカタで。
 
写真

【感想】 ひと昔前までは、鶏白湯というのはそれなりにこだわりを持ったお店で供される特別なスープだった気がするのですが、最近では流行に便乗した安直な発想としか思えない店が大半で、期待できる新店の指標とはならなくなってきましたね。

 ベースが鶏か豚骨かなどどうでもよくなる、油でギトギトのライトな白湯。昔のインスタントラーメンを彷彿とさせる、チープで過剰な旨みに支配されたスープは、「日本料理の'だしの技術'を経験し、あらゆる出汁の追及に専念してきた。」なる店主のギミックと対極をなすもの。

 麺は九州豚骨風の細ストレートですが、乾麺かと思うほどにぼそぼそした食感で、麺それ自体の味わいに欠けます。チャーシューは味付けが濃いめで凡庸、メンマは瓶詰めの水煮のそれと同じような食感で大量に入り、およそスープに合っているとは思えず。

【総評】 さすがにかなりの量を残して退店しました。これまで、ラーメンスクエアにはそれなりによい印象を持っていたのですが(トライアウト組はしっかりした店が多かったです)、出自も出店経緯もよく分からない店が突然現れてこの内容では。店員の私語なども酷く、施設全体の雰囲気がこれ以上悪くならないとよいのですが。

彩雲亭@桜ヶ丘

とんでもない立地にとんでもない実力店が。桜ヶ丘駅から467号線を藤沢方向に1㎞弱、「new入兆」というやや年季の入ったパチンコ店の駐車場に建つ、「小屋」のようなお店がそれ。「彩雲亭」さん。2010年12月オープンののち、どこかの時点で完全無化調に変わったとか。訪問日は、店主さんとお母様らしき方の二人で営業しておられました。

【実食メニュー】 らぁめん(¥630)
 本当は味玉入りを頼んだのですが、味の入りが不十分とのことで、サービスしていただきました。そういうお店なのです。
 
写真

【感想】 無化調の醤油ラーメンの行き着く先はこれ、と私が思う味に限りなく近いもの。いち素材のとんがった旨みなどとは無縁な、各種素材のコクとタレのお醤油の香りが調和した、最後の一滴まで飲み干さずにはいられないスープ。油は控えめ。物足りないと感じる人も確かにいるでしょうから、途中でねぎ油か何かを加えても良いかもしれません。

 麺は細縮れ。スープとの相性は良いのですが、若干伸びやすく、スープの出来に比べると凡庸に感じられてしまうのは仕方のないところでしょうか。製麺所は不明です。

 チャーシューは素材の味を残したもので柔らかく美味。メンマも既製品などではなく。ネギの香りはスープによく合います。

【総評】 この店が職場の近くにあったら、どんなに嬉しいだろう。ただ、間違いなくパチンコ店の客に受ける味ではないと思いますし、事実、休日の昼時に先客ゼロでした。パチンコ店の裏手にあって国道からお店が見えないのも大きなハンデですが、一人でもファンが増えてくれることを切に願います。☆☆☆☆☆☆☆☆(8.0)

らーめん 麺の月@湘南台

 湘南台は「たっくんち」の跡地に新店。駅からは近いのですが、半地下で全く目立たない立地。前店は加えて店名やコンセプトなど、実食せずとも短命確実というお店でしたが、今回は、「万年青」や「龍の髭」ご出身の方だということで期待。「らーめん 麺の月」さん。

【実食メニュー】 塩らー麺+味玉(¥630+¥70)
 筆頭が塩ですのでそれを。
 
写真

【感想】 鶏ベースのあっさりながらボディのしっかりしたスープに、ほどよい魚介の香り。いわゆる典型的な淡麗系よりも輪郭がくっきりしている印象。揚げネギもアクセントとして良いです。

 惜しむらくは、タレが塩辛すぎて全体のバランスを失しています。フッキングとかいうやつを無理に意識したものでなければよいのですが。塩ラーメンなのだから、スープをじっくり味わえる方が好み。

 麺はざくざくっとした小気味よい食感の低加水な中細ストレート。スープとの相性は良好。チャーシューはほろほろっと柔らかく、メンマも素材の良さを感じるもの。味玉もきっちり半熟、味加減も良く、具のひとつひとつまで丁寧なお仕事。

【総評】 タレを弱くするだけで、ぐっと変わってくるように思います。小さなテーブル席ばかりのレイアウトも工夫の余地があるような気もしますが、価格も良心的ですし、立地をはねのけるだけの実力のあるお店だと思います。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

このミス予想・途中経過

「忘れられた花園」読了、良作ながらベスト10は難しいか。
「ローラ・フェイとの最後の会話」読了、クレモンズや記憶シリーズからすると見劣りするというか、意図的にせよ、展開が単線的すぎる印象。ベスト20を外れるかも。

現在「すべては雪に消える」、次が「探偵術マニュアル」を予定も、ディーヴァーが先に出てしまいそう。

世評からしても、「ねじれた文字、ねじれた路」と「探偵術マニュアル」をベスト20に入れて、何かを削るのが妥当かも。


※ 10.17追記
「すべては雪に消える」読了、ベスト30は難しそうな小品。
「007 白紙委任状」読了。6~10位予想。トップは「犯罪」と「サトリ」の一騎打ちかな。
現在は「探偵術マニュアル」、その次は「シャンハイ・ムーン」か「夜を希う」。

「夜を希う」が面白そうですが、時期が悪すぎる。可能性のある無名・新人作家なら、8月までには出さないと。「ゲートハウス」も時期が最悪。この時期にあの厚さで、現状「過去の人」感のあるデミルを優先的に読む人が何処にいるのかと。せっかくの「ゴールド・コースト」続編なのに。「ロールシャッハの鮫」を入手しましたが、ベスト10時期までに読めるかな。

続・2012このミス予想

 9月段階でいったん予想をしてみましたが、傑作と新作がバタバタ出てくるので、再予想。期限ギリギリでディーヴァーの「007 白紙委任状」が出ますし、このところ立て続けに読んだ「心理学的にありえない」「この世の涯てまで、よろしく」「ねじれた文字、ねじれた路」がどれも良くって、「三つの秘文字」も悪くなかったし、現在読んでる「忘れられた花園」も来るかもしれないし。

1~10位候補を
シーラッハ「犯罪」
ウィンズロウ「サトリ」
カーリイ「ブラッド・ブラザー」
マンケル「背後の足音」
スミス「エージェント6」
キング「アンダー・ザ・ドーム」
エルロイ「アンダーワールドUSA」
ゴードン「二流小説家」
モートン「忘れられた花園」
の9作として、クックかディーヴァーに1枠残します。

11~20位を、
レヘイン「ムーンライト・マイル」
ピゾラット「逃亡のガルヴェストン」
ドヴェンカー「謝罪代行社」
サマースケイル「最初の刑事」
ルースルンド他「死刑囚」
キアンプール「この世の涯てまで、よろしく」
ファウアー「心理学的にありえない」
ディヴァイン「三本の緑の小壜」
ローザン「シャンハイ・ムーン」
クックかディーヴァーに1枠
で10作とします。

前回予想から、クリーヴス「野兎を悼む春」、コナリー「死角」、ウィンズロウ「夜明けのパトロール」を外して、21~30位に回します。30位までの残り7作を、「ねじれた文字、ねじれた路」「黄昏に眠る秋」「矜持」「エステルハージ博士の事件簿」「バウドリーノ」「特捜部Q」「夜は終わらない」で埋めます。フランシスは遺作ですので、多少とも票が入りそう。「殺し屋 最後の仕事」と「流刑の街」が落ちますが、まあいいや。

フォレットの大作などは、手をつける目処もないので選外置きにします。「ねじまき少女」「探偵術マニュアル」「ミステリウム」等も可能性はありそうですが。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ