三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

2012年02月

胃袋掴味 Stomach Hold(ストマックホールド)@代々木上原

 残っていました未訪の課題店。代々木上原の駅からすぐですので、マチサガ方面の仕事の時にランチでお邪魔しようと考えていたのです。ノーフィアー・高山善廣選手がオーナーというお店。プロレスファンながら、川田選手やヨネ選手の店などは評判を聞いてスルーしてましたが、今回は非常に評判がよいので。味のプロデュースはあの(燕三条系の)「潤」さんなのだとか。店名は「胃袋掴味(Stomach Hold)」。高山選手が使った記憶は無い技ですが。
 
写真

【実食メニュー】 鶏潮ラーメン(単品¥750)+たまごかけごはん(セットで¥1000)
 セオリー通り、メニューの筆頭から。あとの二つ、醤油もつけめんも美味しそう。
 
【感想】 「『真能登の海潮』に、鯛干し・あさりなどの旨みを合わせた」と謳うスープは、鶏の旨みも魚貝の旨みも十分に引き出されたもの。ともすればクセがあると感じられてしまいかねないアサリという素材と鶏の出汁がそれぞれしっかり主張しつつ絶妙なバランスで調和し、何とも滋味深いスープ。無化調でここまでの味を出してくるのはすごい。

 麺は中太のストレートに近いもの。やや白っぽい色味でしなやかで啜り心地がよく、程良いコシもあり美味しいです。メンマは穂先で素材感良し。チャーシューの替わりはささみ。これだけは今ひとつ。あとは青菜にアオサ、白ネギという構成。最後にぱらっとかけられた柚子コショウの粉末(だよね?)も良いアクセント。

 たまごかけごはんは、皮タレの焼き鳥(夜は焼鳥屋だそうです)も載せられており、醤油なしでも美味しくいただけるもの。合計で千円なら、満足度は高いと思います。

【総評】 お店もきれいでゆったりしたつくりですし、ベルトのレプリカが展示してあったりはしますが、レスラーの店を前面に出すこともなく落ち着いた雰囲気、期待以上の味わいでした。なお、残念ながら、高山選手には会えませんでした。☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)

最近のプロレスの話(1)

 久しぶりにプロレスの話でも。ここ1年ほど、惰性で週プロを買ってるくらいで興味を失いかけていたのですが、今年の1.4ドームの試合(=溜まってたワールドプロレスリング)をまとめて観たら、興業の質の高さにとにかく驚きまして、新日本はNWO全盛期に近いくらいの勢いを取り戻したのではないかと。

 それとは対極にあるニュースが、先日ネットで流れた、ノアの三重大会の観客動員実数が36人だという、信じがたい事態。団体として詰んでしまったかもしれません。
 昨年末に佐野、井上、彰俊選手という、興行に大事な中堅選手3人を切ってしまった時点で正気の沙汰では無いと感じていましたが(特に彰俊選手の場合、タッグベルトの奪還というメインストリームに乗っていたにもかかわらず)、今のノアは1年先のことすら考えられず、所属選手を切れるだけ切って、どうにか延命を図っているだけの状態。

 まず、若手と呼べる選手が一人もいない。いつの間に、谷口選手より下が誰もいなくなってしまったのでしょう。次に、新規ファンを開拓する術が何一つない。地上波の30分枠が消滅したなら、新日本のようにyoutubeで地方大会(前哨戦)を配信するとか、何としてでも人の目に触れる方法を考えないといけないのでは。CSでも放送しないような大会で30人しか入らないのなら、それを無料で配信して1万人に観てもらって、そのうち100人でも生で観たい、もっと大きな大会をCSで観たい、と思わせられたら、意味があるように思います。9900人が無料動画を観るだけで満足したとしても、別に団体側が不利益を被るわけでもなし。

 加えて、地方大会のカードを見ても何のストーリー性も感じられず、ベルトが流出してもバッド・インテンションズが点々と防衛するばかりで、取り戻したら取り戻したでその先が続かないし。新日本が田中(将斗)選手や杉浦選手なんかの外敵を上手く使って、IWGPの本流と別のところにストーリーを作り出しているのとは対照的。せっかく秋山-武藤という夢のような試合が決まってるのに、そこに向けて盛り上がる過程もないですし。形としては残った選手で3軍抗争に入ったようですが、新規やちょっと離れているファンには分かりづらい。

 20年来の小橋ファン(ベストバウトは、殺人医師との三冠戦です)としては、小橋選手が戻ってこられる場所は残っていて欲しいなあ、と思うのです。昨年のAll Togetherでの試合は、テレビで観ているだけでも10年ぶりくらいに熱くなりました(小橋ファンである以上に飯塚ファンでもありますので、感慨もひとしおでした)し、特別な意味のある試合での選手生活最後のムーンサルトだと思って観ていましたので、今回のような結果になってしまったというのは何とも残念で。もう無理はせず、ただただリングに戻ってきてくれれば(もうちょっとでぐぐたすの某コメント欄に何か書きそうになってしまったので、やはり自分のブログで)。鉄人の驚異的な回復を願うばかりです。

 今週の週プロなどは妙に明るい論調ですが、存続ではなく発展に向けて、何かできることはないのでしょうかね。

めんや 正直@鶴間

 小田急線の湘南台-東林間エリアは、ちょっと目を離した隙に、新店がいくつも登場しています。一応ホームグラウンドは神奈川県ですので、用事のない週末に回っておきましょう。鶴間にこの1月にオープンは、「めんや 正直」さん。手作り感があり、個人店かな。少し早く着きすぎましたが、11時半の開店時間ぴったりにお店が開いたのが、まず好印象。

写真

【実食メニュー】 中華そば(¥580)+野菜盛り(¥120)+たまご(2月までサービス)
 魚介風味の「醤油らーめん」もありましたが、やはり筆頭のメニューで。

【感想】 オーソドックスな鶏ガラベースながら、ガラの旨味がしっかりと出て、ほどよく魚介風味も利かせ、古典的な味わいではなく今風な仕上がりに。タレや油の加減も良好。「醤油」との差は、魚介の比率でしょうか。

 麺は中細のやや縮れたもの。パツっとした食感であっさりめのスープとの相性は良し。メンマは太めのものでほんのり甘め。チャーシューも噛み応えと柔らかさのバランスが良く、肉の旨味もそれなり。味玉は黄身がやや固めの茹で加減ながら、味付けはきっちり。野菜盛り(茹で)は別皿で供され、ピリ辛のタレに絡めたもの。これはあえて注文することもないか。

【総評】 店名のとおり真面目な1杯。ご夫婦でやっておられ、接客が非常に丁寧で、近所だったらリピート確実。価格も良心的、メニューも豊富で、長く続いて欲しいです。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

横浜らーめん 南林家@南林間

 家系のラーメンも、しばらく食べていないと食べたくなってくるもの。それでも未訪店を選んでしまうのがコレクター気質なのでしょうね。南林間の駅近くに約1年前にオープンしたお店。「南林家」さん。さほど評判は聞きませんが、1年もっているなら悪くはないのでしょう。

写真

【実食メニュー】 南林ラーメン(¥650)+キャベツ(¥50)
 「火山」と付くメニューが辛味噌と聞いていたので、筆頭が家系味だろうと。基本メニューに店名を冠するのはあんまり好きじゃない。全部「ふつう」で。

【感想】 修業先不明と言うとおり、乳化度が高くクリーミーな豚骨スープは、家系らしさを感じさせないもの。タレもぼやけた感じでピンと来ません。油は細かいのが結構浮いていますが、鶏油っぽさがないんだよなあ。

 麺は「あかいけ」なる麺箱の謎の製麺所製(※)。中太平打ちの麺は、ひと口目は酒井もどきとしては悪くないかと思いましたが、食べ進めてゆくとコシが失われてぶよぶよした麺に。チャーシューはそこそこ柔らかく、デフォで半分入っていた味玉も悪くない。キャベツの盛りは気前がいいです。

【総評】 「横浜らーめん」を名乗るのは、家系ではないと言われた時の逃げ道なのか。周りに客はそれなりにいましたが、誰一人として家系慣れしたコールを返している人がいなかったのは、皆さんリピーターでないのでしょう。

※ 調べると、他に「ONE」と「ぼの」が使っているようですが、この2軒では今回のような麺は食べてないものなぁ。

麺処 夏海@赤羽

 今一番訪問しておきたかった新店。タイミング良く近くを通る用事ができ、しかも昼時を外しての訪問が果たせました。あの「ほん田」さんのネクストブランドという赤羽の新店。「麺処 夏海」さん。ラーメン店としては珍しい店名、しかも1月オープンで「夏海」とはこれいかに、と思っていたら、妙にタイムリーな店名でしたね。「大ふく屋」の跡地。
 
写真

【実食メニュー】 豊穣清湯味玉醤油ラーメン(¥750)
 券売機筆頭のスープから。メニュー名としてはややゴテッとしすぎているか。
 
【感想】 すっきりとした動物系ベースに、お醤油と生姜の香りをキリッと利かせたシャープなスープ。見た目より油も主張せず、キレが良く好みの味。現在の主流ではなく個人の新店で提供するのは躊躇う味かもしれないですが、「ほん田」という人気店が、自信を持ってこの味で勝負しようというのが何とも嬉しい。

 麺はカネジン製の多加水硬質な中細ストレート。ざくっとした食感に歯切れの良さ、スープの香りも良く持ち上げ旨い。チャーシューは驚くほどにレアな低温調理タイプ。豚とは思えないほどの美味しさ。細切りメンマは食感、味付けとも良好。味玉もゼリー状な半熟加減、味の入りとも申し分なし。海苔もいいものを使ってます。下に鶏そぼろを仕込むなど、細かい芸も。

【総評】 さすがは「ほん田」さん。隙無し。行列店になるのかは未知数ながら、早い段階で食べられて良かったです。☆☆☆☆☆☆☆☆(8.0)。

麺屋 八頭龍@浦和

 浦和での仕事もずいぶんと久しぶり。ブログに記録しておらず、メモも残してないお店に再訪してみます。「麺屋 八頭龍(浦和店)」さん。「おろち」ね。一見すると今どきの資本系なラーメン店に見えて、何だか全体に薄汚れています。カウンターも床も、あらゆるところが何故こんなにベトベトなのだろう。

写真

【実食メニュー】 超支那そば(¥700)
 メニューを一新したとかで、以前は「八頭龍そば」と呼ばれていたのがこれ。前回もこれを食べたはず。でも、昔は「支那そば」という別の味のメニューもあったような。
 
【感想】 カツオ・にぼし・サバ節・焼アゴ・スルメ・昆布など、魚介を惜しみなく使用したというスープは、旨み過剰でごちゃごちゃとして、かえって安っぽく思えてしまいます。醤油ダレの香りは良く、変なクセやえぐみなどもなく、和風スープとしては相応の出来なので、もったいない。

 麺は自家製の太ストレート。うどんのような食感で、弾力、コシ共に中途半端な印象。実は、供された段階で一見して分かるくらい、麺全体の4分の1ほどがくっついて巨大なダマになっており、およそ喰うに値する状態になかったため、味の確認のため2本ほどいただき、指摘だけして店を後にしたのです。申し出もなかったので、返金等は受けていません。

 具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ。メンマは凡庸、チャーシューも一口だけ確認しましたが、肉の味は抜け脂身が多すぎて気持ち悪かったので、食べられませんでした。他の具は口にしてないです。

【総評】 丸見えの調理過程がめちゃくちゃだったので危惧していましたら、他店で前例のない状態のものが供されました。原因は、ざるを揚げたあと湯切りまで長く放置したためではないかと。店員数に対して箱が大きすぎるように思えます。味を評価して、一応☆☆☆☆☆☆(6.0)はつけます。んもぅ。

大新 鎌倉店@鎌倉

鎌倉の「農協連即売所(いわゆる野菜市場)」の横にあり大きな看板で目立つお店。「大新・鎌倉店」さん。藤沢と茅ヶ崎に同名店舗があるのは存じていましたが、藤沢が本店らしい。鎌倉が一番ラーメン店ぽい外観のため、入りやすかったのです。何と禁煙店だということが一番のサプライズ。ありがたいありがたい。

写真

【実食メニュー】 大新ラーメン(¥750)
 普通のラーメンは過度な期待は禁物と思い、店名を冠したあんかけ系で。
 
【感想】 ベースはシンプルな鶏ガラのスープと思いますが、あんかけのとろみや旨みが化調などを上手くマスキングしてくれていて、いただきやすい。醤油味のあんかけで、サンマーメンのような甘ったるさがないのがいいなぁ。

 麺は中細でほぼストレート。町の中華屋で出会うような、コシが弱めで頼りなくも感じられるもの。それでも最後までだれることはありませんでした。あんかけはザーサイと挽肉をベースとするもの。ザーサイや白ネギの食感がGood。

【総評】 駅前に1軒あると助かるお店。☆☆☆☆☆☆(6.0)

奇珍(奇珍楼)@山手

 大正7年創業という、横浜の超がつくほどの老舗にして必食のお店。元町方面から山手トンネルを抜けた先。「中国料理 奇珍」さん。食べログ等では「奇珍楼(樓)」で登録されていますが、色々確認すると、運営会社が「奇珍楼」で現在の店名は「奇珍」という理解が妥当ではないかと。昭和レトロな町の中華屋風の店内ですが、高級感あるフロアも奥にあるよう。

写真

【実食メニュー】 竹ノ子ソバ(¥700)
 こちらの名物といえば、麺類ではこれ。 
 
【感想】 豚骨やバラ肉がベースという清湯スープは、雑味無く澄みきった中華料理店らしいものですが、しっかりとしたコクが感じられ、薄いという印象はありません。醤油ダレも角が立たずやさしいものですが、食べ進めるうちにメンマの味付けの甘みや香辛料がうまくスープに溶け出して、最後まで飽きさせない味わい。

 麺はそうめんより更に細いかという、真っ白で極細のストレート。滑らかでしなやかで、それでいてちゃんとコシを備え歯切れも良く、他ではちょっとお目にかかれないもの。優美さすら感じさせる名品。何処で作られているのだろ。

一番の特徴であるメンマは、台湾産の乾燥メンマを3週間かけて戻すという代物で、極太でありながら繊維がほろほろ崩れるほどに柔らかく、香辛料を利かせた甘めの味わいがたまりません。それが10本近くも入るのだから何とも贅沢。ざっくり切られた輪切りのネギもスープと好相性。

【総評】 いつまでも変わらずあり続けて欲しい、唯一無二の1杯。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

中華料理 大陸@北鎌倉

 北鎌倉の駅前で、ずっと昔から変わらぬ姿で営業しているお店。「中華料理 大陸」さん。タンメンが有名ですね。訪問するきっかけがずっとなかったのですが、某サイトで「塩を入れ忘れているのではないか」などと酷評されており、どんな味なのか気になって訪問してみました。再訪はしませんが、こういう店だけは喫煙可なのも仕方ない気がしてます。

写真

【実食メニュー】 タンメン(¥600)
 これを食べに来たわけですから。
 
【感想】 鶏ガラベースの透明感あるスープに、本当に最低限の塩味。あとは炒め野菜それ自体の香ばしさと甘みが、しっかりと味の構成要素として、いわば必要十分条件として、活かされています。ご主人はきっちり毎回味見をされていましたし、紛れもなく意図して引き出されたお味です。

 麺はタンメンといえばこれという、平打ちの太麺。少し柔らかめの茹で加減にも思えましたが、土地柄、このくらいの方が好まれるかも。具はもやし、キャベツ、ニラで肉は使われておらず、シャキシャキした食感で香ばしく旨い。

【総評】 味にインパクトばかりを求める方は、こういう味を理解するつもりがないということなのでしょう。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

麺屋 Hulu-lu(フルル)@池袋

 池袋の新店。日ごろ池袋に来ることはないですし、好きな町でもないのですが、「ちゃぶ屋」出身の方のお店とのことで、気になって来てみました。駅から少し離れて池袋二丁目というエリアまで来ると、落ち着いた雰囲気になって良いですね。「麺屋 Hulu-lu(フルル)」さん。コンセプトはなぜかハワイ。おそらく土曜で混雑はないだろうという判断で、12時台に訪問しましたが、先客2組と的中。

hululu

【実食メニュー】 塩SOBA(¥750)
 券売機筆頭が塩だったので。「スパムむすび」とのセットがおすすめみたいですが、連食予定につきパス。

【感想】 鶏ベースのいわゆる清湯淡麗系なスープ。派手さやハワイらしさはないですが、鶏の旨味を丁寧に抽出したもの。仕上げにひと回し加える鶏油が、淡泊になりすぎるのを抑えている印象。鶏挽き肉やカイワレが程良いアクセントになっています。柚子も入っていますが、こちらの効果は感じられず。

 麺は全粒粉を使用した中細ストレート。固すぎずしなやかで適度なコシ。自家製麺で香りも良好。チャーシューはほろほろと柔らかい仕上がり。メンマもスープを邪魔しない優しい味付け。具はちょっと寂しくも感じられます。

【総評】 美味しかったですが、リピーターが必須のこの場所では、ややおとなしい味でしょうか。☆☆☆☆☆☆☆(7.0) 

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ