三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

2012年03月

肉煮干し中華そば 鈴木ラーメン店@相模大野

 昨年、一度臨休でフラれているオダサガの「朱火阿」さん。駅から多少距離があり、近隣に未訪の代替店もなく再訪を躊躇っておりましたが、やっぱり食べてみたい。立地面と開店時期から閉店の懸念もあり、主要サイトに閉店情報がないこと、最近のレビューもあることまで確認した上で行ってみましたら、テナント募集。んもぅ。相模大野まで戻りまして、昨年末オープンの「肉煮干し中華そば 鈴木ラーメン店」さんへ。相模大野を拠点に各店メニューを変えつつ3店舗目ですが、あまり評判を聞かないので、本店すら未訪です。
 
写真

【実食メニュー】 中華そば(¥650)
 味玉が150円という価格設定は非常に違和感があり、デフォルトで。
 
【感想】 東京近辺では何故かなかなかお目にかかれない、青森市内で何気なく入った店で出会いそうな、正統派の煮干し中華。若干のえぐみや酸味も感じられる、しっかりとした煮干しテイストの清湯スープ。やや油が多いのが残念ですが、タレもビシッと利いて飲ませるもの。

 麺は中細ストレートでざくっとした小気味よい食感。自家製麺ということで香りも良く、スープとは好相性。こりこりっとしたメンマやネギもこのスープにはよく合う。チャーシューは肉厚ジューシーで、デフォルトで3枚も入り高い満足感。

【総評】 あまり期待していなかっただけに嬉しい誤算。ローカルな複数店舗展開店と侮るなかれ。お店も綺麗ですし、客足も上々のよう。博多豚骨を出す本店とのセット訪問を試みましたが、駅前再開発に伴い休業中(仮設店舗での営業終了)とのことでおあずけ。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

ヒノマル食堂 肉そば なおじ@新橋

 たいした掘り出し物があるわけでもないのに、毎度何だかワクワクする新橋古本市。横浜10時からの流れで初日の早い時間に来ることができましたが、海外ミステリ(時間がないので文庫とポケミスだけチェック)にはいつも以上に出物がなさそう。持ってないことを思い出し、唯一気になって買ったのが「呪われた村」でしたが、調べたら95年に映画がリメイクされた時に増刷かかってましたね、確かに。中学時代に平積みを見た記憶が。

 変な前置きでしたが、寄り道ついでに何か軽く食べてしまおうかと、リニューアルしてから来ていなかった、「ヒノマル食堂 肉そば なおじ」へ。ラーメンの立ち食いはどうも抵抗感あり、なかなか足が向かず。よくよく思い出してみると、前回の訪問はリニューアル前のオープン初日でした。
 
写真

【実食メニュー】 博多キクラゲラーメン(¥600)
 看板メニューの博多肉そばは太麺。立ち食いで長く待つことには更なる抵抗感があったので、券売機に「秒速提供」とある、いかにも立ち食い向きなメニューで。
 
【感想】 第一印象では、程良い豚骨臭さと油のコッテリ感があり、ベースがワンコインのものとしてはなかなか、と思われたのですが、食べ進めるうちに旨み不足による物足りなさを感じるように。タレが比較的お醤油味のはっきり利いたものなので、もう少しタレの量が多ければ全体が締まってくるでしょうか。

 麺は低加水の極細ストレート。固め注文をしたはずですが、機械化されていて対応不可であったのかも。もう少しボキボキの茹で加減が好みながら、味も食感も香りも悪くない。チャーシューやキクラゲは、ワンコイン、立ち食いなりの水準でした。

【総評】 同じ値段なら近隣のチェーン店よりは良いと思いますが、立ち食いのマイナスを考えるとどうでしょう。待つにも食べるにも更に時間のかかる肉そばとなると、うーん。☆☆☆☆☆★(5.5)

べんがら@町田

 仕事でもプライベートでもちょくちょく来ているので、さすがに未訪のお店も減ってきた町田駅周辺。昨年オープンも、駅からやや離れているがために積み残していた、「べんがら」さんへ。市役所の更に先、訪問を果たせなかった「ばんばや」の跡地。
 
写真

【実食メニュー】 塩らーめん(¥800)
 券売機筆頭につき、塩。醤油よりも100円高い設定、この価格であればデフォルトメニューでの注文。
 
【感想】 塩が筆頭だといわゆる淡麗系のお店であることが多いのですが、こちらは清湯ではなく若干の濁りがあり、しっかりした動物系のコクを感じさせつつ、無化調ならではのキレの良さを兼ね備えたもの。

タレは円みがありながら塩味はしっかりと利いています。やや酸味があるのは何由来かしら。海苔の上に載せられていたのは、粗挽きの魚粉+山椒だったのかな。スープのバランスを壊さず良いアクセントでした。

 麺は全粒粉入りの中太ストレート。ぽくっとした食感で歯切れ良く、香りも良好。チャーシューは大ぶりで肉の旨みがありますが、やや薄め。その代わりか、豚のタンが入っており、なかなか柔らかく美味。穂先メンマ、半味玉、白髪ネギ、糸唐辛子、海苔と具の構成もよく練られています。

【総評】 個性と丁寧な仕事を感じる1杯。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)。

最近のプロレスの話(2)

 間が空いてしまいましたが、プロレスの話の続き。新日のこと。棚橋体制からレインメーカー体制にほんとに変わるんじゃないかという気運が高まる中、2月の頭、流れに付いていこうとして色々検索していたら、直前の地方大会(2.5岐阜)での前哨戦が翌々日にはyoutubeでノーカット配信されているんですね。いやこれが内容的にも非常にいい試合で。

 無料配信をしたところで誰が損するわけでもなく、生観戦をしたことがない視聴者のうちほんの一握りでも「ライブで観たい」と思わせられれば勝ちなわけで、地上波をほぼ失ったプロレスという業界にとって、もっとも効果的なプロモーションだと思います。AKBさんがコンサートの初日を無料配信するくらいですから(今までそこまでやっていたんでしたっけ)、自信のあるコンテンツはとにかく一度観てもらって、それがライブの動員に繋がるというのは至極真っ当な戦略なのでしょう。

 でもって、驚いたのが地方大会の8人タッグとは思えない、流れるような展開とハイレベルな攻防。nWoの全盛期にも劣らない水準で、これはプロレスを知らない子供も、長く離れていた世代も興味を持つよなあ。私が小学生の頃、土曜午後4時のワールドプロレスリングをたまたま観て、別人格としてのグレート・ムタなる存在が成立しうるプロレスという世界にワクワクしたように、そういう場ってすごく大事。

 レインメーカー体制で行くことははっきりした路線として示されたわけですが、新日本が凄いのは、「推され」を決めたとしても、その代償として「干され」を出さないこと。メインストリームからは外れるかもしれないけれど、決して実績のない本間選手がメインの一角を務めるまでになりましたし、キャプテン・ニュージャパンもいつの間にか定着してしまいましたし。飯塚選手のヒールターンも、結果的には良かったのでしょうし。

 いわゆる外敵や外国人選手の使い方も抜群に巧くて、新日本にないものは素直に受け入れ、IWGP戦線から外れた選手にもテーマを設定してみたり。田中将斗や杉浦貴選手のおかげで、後藤、本間、裕二郎選手あたりにもスポットライトが当たりますし、モーターシティ・マシンガンズやゴールデンラヴァーズ、NRCなんかとの対戦を通じて、Apollo55の試合のレベルがどんどん上がっていきましたし。

 他団体とパイを取りあって勝ち取った人気というより、的確な戦略で裾野を拡大して取り戻した人気という印象ですので、新日本が中心となって業界全体が盛り上がって、結果として瀕死のNOAHも救われるような形になれば、と思うのです。

【その他】
 All Together仙台の試合を観ましたが、酷すぎたというか、武藤選手も小橋選手も、まともにやれるコンディションではなかったのでは。あれほど形の悪いムーンサルトはちょっと記憶にない。全員動きがあまりに重くて鈍いですし、あの二人を相手に試合をまとめ上げた矢野、飯塚組は偉大だったのだな、と。

 スカパーの無料放送で本当に久々に女子プロレスを観ました(ブル選手の引退興行)。ゆずポンの試合を一度動画で観てみたかったのでそれなりに楽しめましたが、中西百重のいたあの頃の全女の試合は凄かったのだな、とあらためて。あの頃は男女とも地上波がありましたが、ナナモモやラスカチョ絡みの試合は、男子よりもはるかに面白かったですからね。ああ懐かしい。

かごじまめん 隼人@御成門/大門

 ひとりランチのため、ラーメンを食べに行きたくなりラーメンデータベースのマップをぼんやり眺めていたら、1軒気になるお店を思い出しました。芝神明商店街の外れ、新橋側の出口近く、「かごじまめん 隼人」さん。外観は居酒屋ですが昼はラーメン専門ですし、「大門店」を名乗りながら他に店舗は無いようだし、一度は訪れる価値ありかなと。
 
写真

【実食メニュー】 白+黒の餃子+おかかめし(¥680+セット¥200)
 餃子が水餃子だったので、基本メニューの「白」をランチセットで。
 
【感想】 多少の鹿児島経験値を持つ者からすると、やや物足りないでしょうか。さらっとした臭みのない豚骨スープに、白ごまや揚げネギを加えてそれなりに仕上げてきていますが、もっと香味油のクセだとかがあると鹿児島らしさを感じるかも。醤油ダレがしっかりしていて、東京で食べる1杯としてはそれなりの仕上がり。

 麺は中太ストレート。加水はやや低めか。鹿児島だともっとクタクタなのですが、相応にコシを残した茹で加減でまずまず。チャーシューは脂身が多めでやや不満。モヤシの臭みが終盤スープに溶け出してしまうのも残念。

 水餃子は金と黒のタレが選択でき、黒ダレはほんのり甘みのあるもの。なかなか旨い。おかかめしはご飯に鰹節と万能ネギを載せただけですが、余った餃子のタレをかけたら美味しかったです。鹿児島ラーメンのトレードマーク、大根の漬け物は取り放題。

【総評】 鹿児島ラーメンをベースに、東京向けに無難にまとめた感じ。☆☆☆☆☆☆(6.0)。

 せっかくなので鹿児島市内のお薦めを。やはり「のぼる屋」が、歴史、味、雰囲気含め別格。知名度でそれに次ぐのは、「こむらさき」「くろいわ」「和田屋(天文館のお店は無くなりましたが)」あたりかと思います(それぞれ訪問済みです)が、個人的には、これぞ鹿児島らしい味というべきお薦めは、「ふくまん」。伝統の味をさらにブラッシュアップした比較的新しいお店として、「元斗好軒」もお薦め。毛色が異なるところでは、過去に東京進出に失敗しているようですが、「三平」の黒味噌も好きです。

山王家@赤坂/溜池山王

 都内で家系なんて、と思っているうちに、いつの間にかなくなっていた「山王流」。それが「山王家」としっかり店名に「家」を付して復活とのこと。最近は県外の家系にも違和感を感じなくなってきたので、昼に訪問。以前訪問した「天佑」の跡地、案の定長続きせず、その次の「六星門」は訪問機会もないまま閉店していたのですね。外堀通りから1本奥まっているのが立地上の難点か。ただ、家系なら可能性があるかも。
 
写真

【実食メニュー】 らーめん(並盛、固め)(¥680)
 ネットで見ると酒井と長多屋ではないようなので、かためにしてみます。。
 
【感想】 想像以上にレベルの高いスープ。しっかりと濃度のある豚骨スープ、ビシッと利いたお醤油ダレ、分離してやや量が多めながら適度なこってり感と香りを与える鶏油。家系の見本のような、かなりの完成度。

 スープが良いだけに麺が勿体ない。製麺所は確認できませんでしたが、家系の雰囲気はある中太ストレート。ただ、弾力もコシもいまひとつで中途半端な印象、固め注文をしたはずなのにだれてくるのも早く、どこか定番のものを使えばいいのに、と思います。

 チャーシューは肉の旨みもあり適度な柔らかさで、家系としてはなかなか。ほうれん草、海苔も安っぽい印象は受けませんでした。

【総評】 家系が食べたくなったときの選択肢には入るお店。☆☆☆☆☆☆(6.0)。

2012年度ミステリ途中経過

2012年度のミステリ途中経過。このミス対象期間で3分の1を過ぎたのでこのあたりで。今年は旧作含め乱読に近い形で読みまくっているのですが、世間の評価と自身の感想が乖離している作品も多くて、読むほどに年末のベスト10予想がかえって立てにくくなってるかも。ひとまず私的ベスト5を。新訳の「死の扉」「シンデレラの罠」は外してます。購入済みで未読はハンターとサイモン・アークに、出たばかりの「ミステリアス・ショーケース」。

1 スティーヴ・ハミルトン「解錠師」 ☆☆☆☆☆
 年間ベストもこれを選ぶと思います。成長小説であり、犯罪小説であり、恋愛小説であり、本を読むことの楽しさがぎっしり詰まった作品。
2 マイケル・コナリー「真鍮の評決」 ☆☆☆☆★
 ボッシュシリーズの方が好みではありますが、コナリーがここまで巧い法廷小説を書けるとは。
3  フランク・ティリエ「シンドロームE」 ☆☆☆☆
 出だしはホラー小説かと思いきや、読み進めるうち、次第に骨太の正調サスペンスに。フレンチ・テイストは希薄ながら良作。
4 ジョン・ハート「アイアン・ハウス」 ☆☆☆☆
 この人も作風が自在というか。前半部の暴力的な描写は他の作家の方が上手く書けるかな、という感がありましたが、中盤以降の広がりで持ち直しました。
5 ドン・ウィンズロウ「野蛮なやつら」 ☆☆☆☆
 「ストリート・キッズ」「犬の力」に匹敵する作品は簡単には出ませんが、それでも1作毎に新たな試みでファンを楽しませてくれる姿勢は流石。今作は単文を重ねる文体の実験で勝負。訳文のテンポも良く楽しめました。

次点以降もざっくりと。「火焔の鎖」と「冬の灯台が語るとき」は再読したら印象が変わるかも。年内にもう一度読みたいです。

☆☆☆☆ 
グレゴリー・デイヴィッド ロバーツ 「シャンタラム」
 冗長とは感じませんでしたが、ミステリとして評価するのはちょっと躊躇われます。
ユッシ・エーズラ・オールスン 「特捜部Q キジ殺し」
 個性的なキャラクターが定着してきて、次作が待ち遠しいシリーズに。

☆☆☆★
ニック・ストーン「ミスター・クラリネット」
 ハードボイルドとハイチ、ブードゥーという世界観の融合のおもしろさ。
ジム・ケリー「火焔の鎖」
ヨハン・テオリン「冬の灯台が語るとき」
 この2作は、腰を据えて読むべきだったという気がしました。
ピーター・トレメイン「サクソンの司教冠
 現在もっとも心地よいシリーズもの。
トマス・ヤング「脱出空域」
 航空パニックものはそれなりに傑作があるので、☆4つにはもうひと声。
トム・ウッド「パーフェクト・ハンター」
 初紹介としてはかなりの良作ですが、S・ハンターの全盛期などと較べるとやっぱり。

☆☆☆
ミネット・ウォルターズ「破壊者」
フェルディナント・フォン・シーラッハ「罪悪」
フレッド・ヴァルガス「裏返しの男」
チャイナ・ミエヴィル「都市と都市」
ジェイミー・フォード「あの日、パナマホテルで」
サンティアーゴ・パハーレス「キャンバス」
ブラックウッド「秘書綺譚」

☆☆
カークマン、ボナンジンガ「ウォーキング・デッド ガバナーの誕生」

中華そば つけそば こばやし@北千住

 好きなお店なのですが、普段まず近くを通る機会がなく、特に話題も聞こえてこないので、今も健在なのか気になっていた「麺食堂X」さん。このたび屋号とメニューを変えて北千住に移転したとのことで、さっそく訪問してみました。「中華そば つけそば こばやし」さん。外観からは分かりづらいのですが、実は厨房に比して客席部分が極端に狭い極狭店。おそらく「昭和歌謡ショー」に匹敵するくらい。
 
写真

【実食メニュー】 中華そば(¥700)
 券売機筆頭から。他に、「塩中華そば」と「つけそば」。
 
【感想】 創作過程を眺めていると、動物系と魚介系を最後に合わせるWスープなのですが、他に見られない味わい。全体に鶏白湯っぽく感じられるのですが、濃厚かつクリーミーでありながらまろやかで重量感が皆無、素材の旨みの調和がとれ、タレは素材の味の引き立て役という印象。最後の一口まで止まらない見事なスープです。

 麺は全粒粉入りの中太ストレート。適度にコシのあるぽくっとした食感で、スープとの相性も麺の香りも良好。立石の頃のみずみずしい手延べ麺とは異なりますが、これも美味しいです。チャーシュー、メンマはスープの邪魔にならない味付けでGood。

【総評】 期待以上の美味しさ。今回も、自然と再訪の機会がやってくるような立地ではないのが何とも残念です。☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)。

支那そば てるぼうず@三田

 2月中にオープンしていたらしいのですが、突如情報が入り始めたお店。三田の慶應仲通り商店街から1本入ったところ。場所柄、昼休みにさっそく訪問してみました。「支那そば てるぼうず」さん。「かづ屋」テイストの味が提供されるとのことですが、最後に同店を訪問してから時間が経過しすぎて、記憶が蘇りません。ですので先入観なく新鮮な気持ちで。
 
写真

【実食メニュー】 わんたんめん(¥900)
 店名からしても、これを食べねばなりますまい。
 
【感想】 味のインパクトよりもバランスを重視した味わい。クセのない鶏ベースの清湯スープに、魚介系素材がじんわりと香ります。醤油ダレも丸みがあり全体に穏やかな仕上がり。最後に振られた生姜の粉末(?)がいいアクセントになっています。これは新しいなあ。

 麺は中細のストレートに近いもの。つるつるっと滑らかでハリ、コシ、歯切れいずれも良好ですが、これといった特徴に欠けるでしょうか。チャーシューは程良いかみごたえと肉の旨み。メンマの食感も良いです。ワンタンは肉がしっかりと詰まった「たんたん亭」系スタイルですが、餡の味付けはもう少し控えめだとなお嬉しいです。卓上の自家製ラー油がワンタンにあまり合わなかったのが残念。

【総評】 白と木を基調とした店内は清潔感があり、ゆったりとして過ごしやすい空間。満足。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ