三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

2013年09月

豚そば 秀吉@横浜

 外で夕飯を食うことになったのだけど、完全なネタ切れで、ようやく思いついたのがそれ系の新店。横浜で下車し、「豚そば 秀吉」さん。一見清潔感ある内外装ですが、わざわざワックスでも塗ったかという脂ぎとぎとの危険な床(店を出た後、靴の裏がベトベトでした)、荷物置きがない客の利便性無視のカウンター席、入り口にしかない整水機、テキ屋みたいなガラの悪いユニフォーム、食べる前からここまで悪印象オンパレードの店も珍しい。

【実食メニュー】 そば(¥750)
 「ニンニク少なめ、ヤサイ」コールをしたのに、届いたのは「ニンニク、ヤサイ」。何のために事前にコールを確かめるのか。届いた時点でお盆にスープがこぼれ放題、こんな汚らしいラーメン、久々に見たような。

【感想】 スープはしっかり乳化して豚骨濃度の高いもの。脂の重量感は控えめで、びしっと利いた醤油ダレも印象的。二郎のカネシ醤油のようなクセになる味わいが無く単調だけれど、麺を美味しく食わせる点では優れています。これならニンニクは要らないかも。

 麺は太平打ちのストレートで、ゴワゴワして食べ応えのあるもの。もう少しスープを吸いやすいチープ感があるとそれらしいかな。顎が疲れるほどで、茹で時間もやや足りないか。量は少なめで、他店との連食もできるくらい。ヤサイはキャベツ2:もやし8くらいか。べちゃっとしてあまり美味しくない。豚は厚切りで柔らかいですが、一切れのみ。

【総評】 最初で最後の訪問ですが、味だけは悪くない。二郎の再現性にこだわらないなら、割と良いのでは。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

にんにくらぁめん専門店 関西@相模原

 「虎心房」の跡地にラーメン店がオープンとか。相模原での仕事の予定が当面ないため、休日訪問。「にんにくらぁめん専門店 関西」さん。情報が早すぎてオープン2日目の訪問になりましたが、お昼を外したら先客無し。しかしこの店、こんなに大箱でしたっけ。がらんとした空間で殺風景。広い割にはカウンター下に荷物入れもなく、客のこと何も考えてないよなあ。

【実食メニュー】 ラーメン・ニンニク少なめ(¥690→サービス¥500)
 オープン記念サービス実施中。あまりニンニク臭が強いのもあれだけど、抜いたら専門店の意味がないし、少なめで。

【感想】 何というか、さらっとしたクセのないライト豚骨スープに、生ニンニクの味をストレートに乗せた、それ以上でもそれ以下でもない味わい。少なめでもここまでどぎつい味だとは思いませんでしたが、そのインパクトを取るとかなり平板な印象。関西方面では流行っている味なのか。

 麺はやや低加水な中細ストレート。ざくっと小気味よい食感で、なかなかよい味わい。チャーシューはバラで柔らかく仕上がっています。あとはもやしにネギのみと、何とも寂しい、もとい潔い構成。

【総評】 昼からこれを食える人って、自宅勤務か自宅警備の人くらいでは。あと、いったいどこにデフォルト価格設定690円の要素があるのか。☆☆☆☆☆☆(6.0)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ