三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

2019年11月

このミス2020予想(海外)

 海外の予想、読んでいても全然分からない。個人的好みでは最厚と最薄、ウィンズロウとシーラッハの一騎打ちなのですが、まず、ベスト20候補を挙げてみます。

 ザ・ボーダー、メインテーマは殺人、刑罰、IQ2、座席ナンバー7Aの恐怖、死者の国、ケイトが恐れるすべて、拳銃使いの娘、国語教師 、ザ・プロフェッサー、ディオゲネス変奏曲、訣別、11月に去りし者、金時計、潤みと翳り、アイル・ビー・ゴーン、地下道の少女、黒き微睡みの囚人、愛なんてセックスの書き間違い、カッティングエッジ、ブルーバード・ブルーバード、モリアーティ秘録、休日はコーヒーショップで謎解きを、ひとり旅立つ少年よ、ブラックバード、1793

 ここから難しいのが、「国語教師」「11月に去りし者」「黒き微睡みの囚人」あたりが本当に読まれているのかどうか、ミステリに限らなければとんでもなく面白かった「三体」に枠を取るべきか、等々悩みますし、「通好みだが上位っぽくない作品」がとにかく多すぎる。

暫定で上位10作
ザ・ボーダー、メインテーマは殺人、刑罰、IQ2、座席ナンバー7Aの恐怖、ケイトが恐れるすべて、拳銃使いの娘、国語教師 、ザ・プロフェッサー、三体

20位まで
死者の国、11月に去りし者、金時計、アイル・ビー・ゴーン、黒き微睡みの囚人、ディオゲネス変奏曲、訣別、カッティングエッジ、ブルーバード・ブルーバード、ひとり旅立つ少年よ、休日はコーヒーショップで・・・

こんな感じにします。個人的好みで6作選ぶと「ザ・ボーダー」「刑罰」「死者の国」「11月に去りし者」「地下道の少女」「国語教師」ですね。20年くらい前には17作的中させた年があった気がしますが、今年は12,3作も当たればよい方では。

【12.2追記】 「名探偵の密室」と「休日はコーヒーショップで・・・」を読了し、後者はベスト20が堅い気がします。「金時計」を落とします。

このミス2020予想(国内)

 何だかんだで毎年書き残しておきたいこのミス予想。全然読んでないけど、候補作品数が極端に絞られる国内の方が当たりやすいような。おそらく海外は100以上読んでるけど、国内は20作程度しか読んでない中で、初めて国内の予想。

1~5位
罪の轍
帰去来
欺す衆生
魔眼の匣の殺人
ノースライト

 個人的には「欺す衆生」が断トツで面白かったのですが、「罪の轍」が世間の評価が高いのも分かる。読後に例年ならベスト3かな、と思った作品を並べて。「それまでの明日」一択だった昨年と比べると、1位が分からない。

 ほとんど読んでないので6位以下は予想しづらいですが、次点は、「潮首岬」。先ほど「Iの悲劇」を読み終え、ベスト10に入るなら「本と鍵の季節」か。あと3つ埋めるにはあまりに自分が読んでない。「刀と傘」「マーダーズ」「むかしむかし・・・」あたりも読みましたが、ベスト10ではないか。発表までにもう少し読めるようなら追記します。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ