前期は結局4店舗で打ち止めてしまったのですが、後期は殆どのお店が最初からオリジナルメニューを出してきていて、楽しんでおります。速報的に。

七彩(喜多方冷やし・塩) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆(9.0)
スープの厚み、ワサビオイルの清涼感、冷えても柔らかい低温製法チャーシューと、何もかもが完璧。やっぱり凄いです。
長尾中華そば(肉そば黒津軽) ☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)
浅草催事、青森の実店舗に続いて3度目ですが、コク煮干しを苦手とする私には、今までのベストでした。程良い煮干し感、開化楼の太麺との相性も抜群ですね。
大喜(極太とりそば) ☆☆☆☆☆☆☆(7.0)
イベント出店自体がニュースですね。まさに大喜の味ですが、ちょっとおとなしめでしょうか。
麺屋 青山(プレミアム豚骨魚介) ☆☆☆☆☆☆★(6.5+)
魂麺(ド・魂麺(塩)) ☆☆☆☆☆☆★(6.5)
なおじ(特濃鶏白湯炙りチャーシュー麺) ☆☆☆☆☆☆(6.0)
鶏白湯の2店は、かんすい臭が気になりました。

来週は、長いこと実店舗にお邪魔していない七彩の温メニューと、青山のつけ麺、ど・みその日替わりを楽しみに来てみたいと思います。