仕事のついで。新子安の新店「田一」に行ってみたところ、中休みのよう。「天空」の跡地に何かしら違う店ができていた記憶があったので、ひと駅移動して子安へ。「すずき家」なる店に変わっており、「天空」のあとは「東麺房」だったようなので、結果オーライ。長多屋の麺箱と外観から、増殖中の町田商店系かと思いましたが、色々調べると、直接壱六家から独立したよう。しかし、同名異字の某店のことを考えると、大胆な店名というか。

写真

【実食メニュー】 ラーメン並(¥650)+モヤキャベ(¥50)
 今度長多屋に当たったら、絶対に麺を「ふつう」で注文しようと決めていたので、全てふつうで。
 
【スープ】 醤油ダレのしょっぱさばかりが強調されたスープ。全体に乳化度が高くライトな印象で、クセがない代わりにスープ自体にこれといった特徴がなく、奥行きを感じさせません。

【麺】 中太ストレート。長多屋使用店では、いつも「かため」で頼んで芯が残りすぎている印象を受けていたのですが、「ふつう」にしたら、ぶよぶよっとしてコシがなく、こちらの方がむしろ苦手。

【具】 最後にバーナーで炙るバラチャーシューは、味はまずまずながら薄っぺらく存在感が希薄。モヤキャベの盛りはなかなかのもので、50円でお得感あり。玉ねぎ無料も嬉しいですが、野菜はもう少し濃厚なスープの方が合うかも。

 カウンターの高さや椅子の配置も、「天空」のままでした。壱六家系列の味って、こんなもんだったけか。☆☆☆☆☆★(5.5)