最近存在を知った、虎ノ門の四川料理店。今年の新店というだけなら惹かれませんが、「中国家庭料理 楊」の流れを汲む店とあれば是非とも。「天然居」さん。住所にある「アーバン虎ノ門ビル1階」というのがどこだかピンと来ませんでしたが、「キチノジョウ」の跡地じゃないですか(無駄にゴージャスな無国籍料理のお店で、エリアでも異彩を放っていたなあ)。さすがに内装は一新されてます。パンフレットや店内掲示の日本語はめちゃくちゃですが、ホール担当の女性は丁寧な日本語で、大変感じがよいです。

【実食メニュー】 汁なし担々麺定食(¥800)
 もちろん最初はこれ。食前に、水ではなくココナッツミルクが出てくるのは珍しい。辛さの調整ができるというので、すこし辛めで。

写真

【感想】 最近はこの系統に当たってしまうことが多いですね。大量のラー油で喰らう、べとべとな油そば調の汁無し。黒酢の酸味が強くて、花椒がほとんど利いておらず、「麻」の部分が弱いのが残念。かといってさほど「辣」が強いわけでもなく、こってりしつつも味としては全体におとなしめか。

 麺はおそらく、この店の名物である、生地を穴から押し出して作る「ハーラー麺」なる断面の丸い中太ストレート麺。太めのスパゲティーを芯がなくなるまで茹であげたような食感で、あまり好みではないです。ただ、これが細麺だとラー油が絡みすぎて、よりしつこく感じられそう。

具は、青梗菜、挽肉にナッツと松の実等とシンプル。生野菜、野菜スープ、ご飯、杏仁豆腐(いずれも特筆すべきことは無し)が付きますので、コストパフォーマンスはまあまあでしょうか。

【総評】 一応ネットで確認しましたが、この程度の中華料理店ですと、喫煙可のようですね。今回は11時に訪れて速やかに退店しましたので、実害は無しです。他メニューを試したい気持ちもなくはないですが、再訪はどうでしょう。☆☆☆☆☆☆(6.0)