訪問タイミングがつかめず、正月明け行列覚悟での訪問。三ノ輪は「トイ・ボックス」さん。昼時完全外しで行列3名は、許容範囲内。間違いなくここ数年で一番訪れている場所。このカウンター、あの人のこだわりでしたよね。「あんど」も「黒大八」も悪くなかったし、人通りもある場所なのにねえ。

【実食メニュー】 味玉醤油ラーメン(¥800)

【感想】 ビジュアルは、まさにロックなあのお店のそれ。方向性自体も見た目どおりながら、じんわりと鶏ベースの旨みに、ほんのり和のお出汁、艶めかしさのある生醤油のタレの味わい、鶏油の香りと、何かが突出しない絶妙なバランス。鶏の旨み爆発でも、抜群なキレの良さでもなく、一体感で最後まで飲ませる。

 麺は中細ストレート。滑らかさ、しなやかさもありつつ、きっちりとコシが残り好みの味。チャーシューは低温調理タイプの鶏と豚で、どちらも素材の味わいを活かした味付けで見事。味玉の半熟加減も好みでした。

【総評】 湯河原のあそこもそうですが、これは「遠くまで食べに行く味」であって良い。大満足。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)