西日暮里の気になる新店。駅を降りて道灌山方面、不忍通り手前です。店名なし説もありますが、「中華そば屋」が正式名称っぽい雰囲気。外観上は何の店だか分からない飾り気のない落ち着いた佇まいに、にじり口のような低い入口が非日常の空間へ誘います。

tyukasobaya

【実食メニュー】 わんたんめん(¥900)
 デフォルト+100円ならば、わんたん入りがお得か。

【感想】 ネット情報ではベースのスープに動物魚介不使用のことですが、しっかりコクがあり変なクセや甘さもなく物足りなさは皆無。焦がしたお醤油の香ばしさと魚介風味が味の軸になっており、唯一無二の個性ある味わいが面白いです。さほど苦みが強くなく、広く受け入れられそう。

 麺はむっちりした中太ストレート。コシと弾力のある麺は焦がし醤油の香りと実によい相性を見せ、美味しいです。チャーシューは適度な噛み応えと風味の良さ。太めのメンマの食感もよく、四角く切られたネギもスープにしっくり来ます。わんたんはクラシカルなピロピロタイプ。100円ならお得。

【総評】 オペレーションがもう少しスムーズだと嬉しいですが、好みの味。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)