蓮沼は「ほしの」さんが移転オープンとのこと。先日跡地のお店にも伺いましたが、本来的には集客力のあるお店が出店するには、キャパ的にも立地的にも寂しい場所という気がしました。移転先は浅草橋駅西口すぐ。土曜日とはいえ、お昼を外して満席近いのは、さすがのネームバリュー。「らーめん かつお拳」さん。

【実食メニュー】らーめん(¥700)

【感想】 煮干しラーメン全盛のこのご時世に、鰹でガツンと勝負の1杯。さらっとした清湯スープに鰹の味わいを思い切り利かせて、ボニートさんなどとはまた印象が異なる、より攻撃的な仕上がり。醤油ダレもかなり濃いめで、決して鰹の旨みと対立するものではないですが、しょっぱさはもう少し控えめでもいいかな。

 麺は浅草開化楼製の中太麺で、ややウェーブがかかったもの。もちもちとした食感と確かなコシで、力強いスープに負けない存在感。煮干しのラーメンでいうところの「まるかい」や「鳴海」みたいな大衆食堂っぽさも感じますね。具では、ほろほろっとしたチャーシューが美味。油揚げや追加の鰹節も個性的。

【総評】 クセになりそうな味わいで、近くにあるとつい入ってしまいそう。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)