この季節、誰を応援しているとか誰に入れるとかでもないのに、つい見てしまいますよね、AKB総選挙。

 とりあえず、今年はアピールコメントが全体に地味だったかな、と。高木由麻奈さんの話題の動画はすばらしかったですが、個人的に、「「まりなってる」の使い方講座」が、構成とかアピールの方向性とか本人の個性とか、一番完成度が高かったかな、と。斉藤真木子さんの「去年のトロフィー開封動画」も、順位が下がったらトロフィーが小さくなったことに素で驚くという、図らずもいい順位が欲しいというアピールになっていて良かったです。

 あとは、中西さんとか矢方さんとか、バラエティ組の「らしい」作品群。「今年1年の進歩」か何かで、「しゃぶしゃぶ温野菜」によく連れて行かれそうな二人が、「キャベツが食べられるようになった」というどうでもいい話を被らせていたのが、示し合わせたとしたら良くできていたな、と。

 とか書いていたら、結果が出始めていますね。「大和田南那/竹内舞/石田安奈」とかいう、ファンの人の「報われてほしい感」が思いっきり表れたようなあり得ない並びが出たりするのが、データだけ見ていてもやっぱり面白い。