仕事でインターシティの方へ。立ち寄れそうなラーメン店が二郎しかなかったので、素直に。特にハマってはいないけど、あれば食べるというのが、ここ数年の二郎とのつきあい方。決して大食いでもないし、常にBMI22くらいで収めていますが、小であればどんなタイミングでも食べられます。一応並び方とか食券買うタイミングとか、ネットで予習してしまうのが小心者の性。午後1時30分で8人待ち。このくらいなら。

【実食メニュー】普通盛 小(¥700)
 用事は終えたので、「ニンニク少し」で。

【感想】 少ない二郎経験からすると、デフォルトでかなりタレが濃くしょっぱめに感じます。ベースの豚骨は比較的さらっとした印象で、脂っこさもあまりなく。このスープならニンニクなしでも食べられる気がします。醤油一辺倒なので、後半飽きやすいきらいがあります。

 麺は平打ちの太麺。茹で加減は堅すぎず柔らかすぎず、歯切れが良く食べやすいけれど、タレが強いのでオーションの風味が分かりづらい。量はやや多めに感じました。相対的にヤサイは若干少ないかにも感じました。固形物の総量としては天地が簡単に返せる程度。豚は肉厚で柔らかく美味しい。

【総評】 ネットの評判からして期待したのですが、ちと塩辛いので、野菜増した方がバランスがよいかも。☆☆☆☆☆☆★(6.5)