ほぼ100円以下棚に絞っていますが、今回はアマゾンで高騰中の本が異常によく見つかります。

 森真沙子「青い灯の館」(文庫版)、小杉健治「陰の判決」「法廷の疑惑」と、よく水曜まで残っていたものだと。ハルキ文庫版の赤江瀑「ニジンスキーの手」と「オイディプスの刃」とか、20冊以上手が出てしまったのは初めてかも。