三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

らぁめん(港区)

らーめん まる玉@新橋

 あまりに暑くて、かき氷的な何かを食べられるお店を探してふらふらしてたら、こっちが先に見つかってしまったので、まあ食べますよね。「らーめん まる玉」の新橋店。都内では3店舗目らしいですが、HPによると、本店の次に歴史があるのは辻堂店になってしまったようで、川口のお店は完全になくなったのですね。

marutama

【実食メニュー】からし入りらーめん(¥780)
 本店でも辻堂でも食べてないやつを。

【感想】 鶏白湯のパイオニア、私にとっても鶏白湯初体験の味にして、唯一無二の味わい。記憶していたより若干粘度が高くて鶏のクセないしワイルド感も強めで、美味しい豚骨ラーメンを鶏で表現したような味わい、という初めて受けた新鮮な印象が再びアップデートされます。「からし」は青唐辛子のエキスなのかな、味の大勢に影響を与えず、ピリピリ感が味わえて面白いです。

 麺は細縮れ麺。ぽそぽそっとした食感で、スナック的というか少しばかりチープな印象も受けるのもいつも通り。今度は固めで注文してみようか。チャーシューは柔らかくしっかりめの味付け、アオサの香りはやはりこのスープによく合う。

【総評】 安定の美味しさ。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

新福菜館@麻布十番

  今週一番の話題は、新福菜館が路面店で東京進出。本店でも食べてはいますが、好きな味ですので、職場から自転車を走らせてみます。現在プレオープン中、夜の部18時過ぎで並びありは誤算。ネームバリューからすると思ったよりも小さめの箱、椅子ががたがたで動線がめちゃくちゃ、居心地はあまりよろしくない。

【実食メニュー】 ラーメン・並(¥700)

 【感想】 イメージしていた以上に出汁感、特に豚の旨みで食べさせる印象。醤油の香りは適度で塩加減はむしろ控えめに感じられ、目隠しして食べたら濃い醤油色も京都のラーメンであることも分からないかも。油も抑えていてラーメンとしては非常に美味しいですが、もう少し醤油を感じさせてくれてもいいかな。

 麺は中細ストレートで適度な弾力と歯切れの良さ。少し時間が経つとスープを吸ってくる感じも新福らしさ。薄切りチャーシューは気持ち枚数が少なめながら程良い噛み応えと肉の美味しさ、モヤシはしゃっきりでネギは鉄板。

 【総評】 京都の味と言うより、ラーメンという食べ物として正統派の味わい。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

鶏蕎麦十番 156 ICHIKORO@麻布十番

  毎年、健康診断のシーズンになると、1週間ほどラーメンの連食を控え、夕食の炭水化物を減らすと、体重が3kgほど落ちていい感じになるので、昼間のうちに1軒だけ課題店のある町に出かけてみます。「野郎ラーメン」と経営母体が同一らしいのですが、鶏白湯の割に評判がよい麻布十番の「156(イチコロ)」さんへ。

【実食メニュー】  純鶏まぜそば(¥780)
 鶏白湯は食傷気味なので、面白そうなやつ。

【感想】 その名に偽り無しのネーミングではないでしょうか。タレは鶏白湯よりも更に鶏の旨みを凝縮させたような濃厚な味わい。それを直接に麺と絡めていただくので、鶏の香りがダイレクトに伝わってきますね。ラー油や酢を入れてしまえばだいたい食えてしまう「油そば」とは一線を画します。

 麺はウェーブのある太麺。むっちりもっちりで弾力と噛み応えがあり、鶏の香りをまとって美味しいです。揚げネギの風味は良いアクセント。お勧めのレモン酢も中盤でさっぱり感が欲しいときに効果的。しっとり胸肉の大判チャーシューは美味ですが、箸休めとして食べるしかないのが勿体ない。メンマもしかり。

【総評】 具の見せ方など、もう少し改良の余地あり。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

光麟堂@新橋/御成門

 新橋の新店ラッシュがまた加速してませんか。「日吉」「もぐや」の跡地が再びラーメン店に。「光麟堂」さん。席の配置などからしてほぼ居抜きですかね。スープは完全に塩の一本勝負という潔さ。


【実食メニュー】 味玉ラーメン(¥800)


【感想】 きれいな黄金色のスープ。ふくよかで雑味ない鶏の味わいをベースに、魚介の香りがしっかり。魚介は何かひとつを突出させず丁寧に旨みを抽出した印象で、そこに塩ダレがビシッと決まっています。甘みを排した輪郭くっきりでキレのある仕上がりに、薬味の大葉の香りが良く合います。


 麺は三河屋製の全粒粉入り。しなやかさと程良いコシを備え歯切れも良く、スープとの相性は申し分なし。チャーシューは柔らかく仕上がり、素材の旨み活かしシンプルな味わい。味玉はほぼ完璧な半熟加減で、やや塩味が強め。穂先メンマも良質。

【総評】 非常に好みの味わいで、凡百のいわゆる淡麗系とは一線を画すあたり、「龍の髭」などが好みの人にはドストライクでしょう。☆☆☆☆☆☆☆☆(8.0)

ORAGA@新橋/御成門

 「ORAGA」が新橋に復活だとか。早晩行列店になるでしょうから、平日夜の部に行くしかないと急遽訪問。職場を抜け出して30分あれば戻れるので、立地的には都合が良いですね。今度の店舗は「ATAGO」の至近、午後6時半過ぎで空席はひとつのみ、いやいや、好判断でした。

【実食メニュー】 ホタテの69(¥730)
 券売機の筆頭。つけではなくラーメンのメニューです。

【感想】 ストレートにホタテと分かる味なのですが、生臭さや過剰な旨みを感じさせない上品な仕上がり。ベースの動物白湯もまろやかでクセが無く、程良い濃厚さを誇りながらも後をひかずキレもある上質な1杯。このバランス感はすごいなあ。

 麺はカネジン製の中太縮れ。むっちりした食感で弾力があり、スープの持ち上げが良く好相性。チャーシューはひと炙り加えたもので素材の味重視の印象。メンマも食感、素材ともに良質。世間が刻みタマネギという薬味は、大根の気がするのですが。シャキシャキした食感で良いアクセントに。

【総評】 ☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)

博多ラーメン 和(かず)@赤坂

 先日、「ひらさわ」さんで美味しい豚骨ラーメンをいただきましたが、調べてみるとこちらも評判が悪くない。赤坂なのにスルーしていました。「博多ラーメン 和」さん。一ツ木通りから少し入ったところ、サカスの裏手あたり。


【実食メニュー】 ラーメン+明太子ごはん(¥790)
 いわゆるランチセット。固さ指定の段階が分からず、「かため」に。


【感想】 粘度は低めでさらっとしつつ、豚骨の旨みはそれなりに引き出されたスープ。博多というイメージにはかなり近いように感じます。タレは相応の利き具合。臭みはなく脂のべとつきもないので、お昼時の支持率が高いのも頷けます。


 麺はざっくりした低加水細ストレート。後で分かったところ、上限はハリガネだったようで、「カタ」では柔らかすぎました。かん水臭が残念。肉厚ほろほろのチャーシューはこの種のお店では特筆レベル。明太ごはんは明太子の量、質とも満足行くもの。卓上の高菜も本場仕様で美味しかったです。


【総評】 チャーシューと明太子の分を少し加点。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

麺屋 虎吉@虎ノ門

 虎ノ門に7月2日オープンの新店とか。ネットに麺は南京軒との情報があり、白味噌が筆頭メニューであること、メニュー写真等から「元祖札幌や」臭しかせず、ほぼほぼ地雷ではないかと思いつつ、コレクターとして訪問せねば、と行ってきました。「麺屋 虎吉」さん。

【実食メニュー】 特製白味噌らーめん(¥780)
 メニューの左上です。下位メニューも記載はあるものの写真なし、と露骨。

【感想】 思った以上の大地雷でした。白味噌をぺらぺらのスープに溶かし込んだ程度の単調なスープに、容赦なく残る化調感。「札幌や」くらい油ぎとぎとなら、まだ誤魔化しも効きそうですが。ひとくち目が凄い酸味で驚いたら、メンマの汁がスープに思い切り溶け出してました。

 麺は飯田市内のラーメン店もかくやという、くたくたの中細ストレート。これがベストな茹で加減という発想がどこから出るのか。チャーシューは脂身半分、肉の旨みが抜けきって、薄い塩味しかしない驚きのクオリティ。メンマは臭みが気になります。ゆで野菜はしゃきっと素材そのものの味で美味しい。

【総評】 ちゃんとしたラーメン店と価格が変わらないというのが何とも。場末感が半端無く、どっかのリニューアルぽいのですが。

あら焼鶏白湯 カシムラ@汐留/新橋

 汐留のイタリア街から第一京浜寄りに新店オープン。うんちくが色々と長いのですが、「かわの」というお弁当屋さんの異業種参入、鶏白湯+鮮魚という組み合わせは新しさがあり、早めの訪問。「あら焼鶏白湯 カシムラ」さん。

kashimura

【実食メニュー】 あら焼鶏白湯そば(¥750)+〆メシ(チーズ)(¥150)

 デフォルトメニューに、昼飯をこれで済ませることにして、シメご飯を足してみます。

【感想】 ベースの鶏白湯は予想していたよりもライト気味。鮮魚に関しては焼いた上で炊き出しているとのことで、店名からイメージするほどの鮮魚感はなく、魚介風味に新鮮さを感じる鶏白湯魚介、といった印象。まとまりとしては良いと思いますが、もう少し突き抜けた仕上がりの方が面白いかな、とは思います。

 麺は菅野製麺らしい中細ストレート。ぽくっとした食感で歯切れ良く、バランス感重視のスープとは無難な相性。チャーシューは鶏で、ぱさつきがなくまずまず。揚げたタケノコは小気味よい食感。スープが弱めなので、チーズご飯+スープでもイメージしたものにはならず。カレー粉を入れたらしっくり来ましたが、それだとスープが死んでしまうか。

【総評】 ☆☆☆☆☆☆(6.0)

泉岳寺らーめん 徳@泉岳寺

  ラーメン屋が全く存在しないエリアの代表格だった泉岳寺。駅出てすぐの第一京浜沿いという抜群の立地にオープンは、「泉岳寺らーめん 徳」さん。土曜のアイドルタイムにまさかの大行列で一度断念し、平日お昼前にリベンジ。隙間に無理矢理建てたような極薄の建物で、居心地はお世辞にもよろしくないです。


【実食メニュー】 塩そば(味玉入り)(¥700)


【感想】 最近の新店ではご無沙汰だった、きれいに透き通った塩ラーメン。ベースは鶏でしょうが、昆布を中心とした魚介乾物系の旨みが後からじんわりと利いてきます。塩だれは尖るところなく穏やか、油も控えめで、突出したものは無いながら最後まで飽きずに飲ませる好みのタイプ。


 麺は麻生製麺らしい中細ストレート。しなやかでパツンとした食感、香りも良くスープとの相性がよいですが、だれるのがやや早いか。チャーシューは控えめな味付けで柔らかく、メンマは甘めの味付けで美味しいですが、このスープにはあまり合わないか。味玉は黄身に味が無くもうひと声。


【総評】 パーツパーツでは改善の余地がありそうですが、総じて美味しいです。☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)

麺処 修兵衛@新橋

 新橋の新店。味噌から味噌への鞍替え、「せいべえ」のリニューアルだけど前店とは無関係だというよく分からない掲示があり、善解すると、違う系列のFC傘下に入りました、ということでしょうか。

【実食メニュー】 味玉みそ(¥780)
 デフォルトに味玉で。

【感想】 粘度自体はそれほどでもないながら、ニンニクたっぷり脂分しっかりのこってり味。1杯毎に中華鍋で調理されているようですが、味噌の香りも飛んでいないし、塩分も程よく、ジャンクな味噌ラーメンのスタンダードというべき味わい。

 麺はごわごわっとした太縮れ。こってりスープとの相性は文句なし。強い弾力とコシを備え、食べ応えあり。チャーシューは柔らかく、メンマも存在感ある大きさと適度な柔らかさでなかなか。モヤシもシャキシャキして新鮮な印象、味玉もしっかり半熟で嬉しい。

【総評】 ☆☆☆☆☆☆★(6.5)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ