三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

らぁめん(埼玉県)

豚骨 豚野郎@浦和

 少し浦和に来ていなかったら、私が今年最低最悪の経験をした「八頭龍」が系列の「えび蔵」と合わせて店を畳み、跡地に新しいお店がオープンしていました。ネットで情報を集めてみると、別法人だけど経営者が同じなのかな。「豚骨 豚野郎」さん。蕨でオープン後いったん休業していたお店の移転復活みたいですね。とにかく、店と店員がマシになっていればいいんです。

写真

【実食メニュー】 純白塩豚骨(サービス価格¥650)+味玉(¥100)
 デフォルトメニューが少しお安くなっていたので、味玉を付けます。

【感想】 今年は博多を掲げるお店ばかりオープンしていたので、ここまで純白クリーミーな豚骨スープというのは、本当に久しぶり。適度な旨みと甘みを感じさせつつ、一切のクセも臭みも無いスープには、デフォルトで程良く利かせたマー油が良く合います。味変アイテムの、「野郎ネギ」はニンニク臭が強すぎ、要注意。

 麺は番手20という、九州系よりも加水率も高めな中太ストレート。つるつる滑らかで啜り心地よく、相応なコシもあり、上品な豚骨スープとのマッチングも良し。製麺室があるから自家製なのかな。チャーシューは軟骨を含むスペアリブで、とろとろに仕上げた絶品。味玉もきっちり半熟、味もしっかり入って美味。

【総評】 接客も非常に感じが良かったし、ゆで卵がサービス価格10円とか、客目線に立ったサービスもあり、前店とは見違えました。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

麺屋 八頭龍@浦和

 浦和での仕事もずいぶんと久しぶり。ブログに記録しておらず、メモも残してないお店に再訪してみます。「麺屋 八頭龍(浦和店)」さん。「おろち」ね。一見すると今どきの資本系なラーメン店に見えて、何だか全体に薄汚れています。カウンターも床も、あらゆるところが何故こんなにベトベトなのだろう。

写真

【実食メニュー】 超支那そば(¥700)
 メニューを一新したとかで、以前は「八頭龍そば」と呼ばれていたのがこれ。前回もこれを食べたはず。でも、昔は「支那そば」という別の味のメニューもあったような。
 
【感想】 カツオ・にぼし・サバ節・焼アゴ・スルメ・昆布など、魚介を惜しみなく使用したというスープは、旨み過剰でごちゃごちゃとして、かえって安っぽく思えてしまいます。醤油ダレの香りは良く、変なクセやえぐみなどもなく、和風スープとしては相応の出来なので、もったいない。

 麺は自家製の太ストレート。うどんのような食感で、弾力、コシ共に中途半端な印象。実は、供された段階で一見して分かるくらい、麺全体の4分の1ほどがくっついて巨大なダマになっており、およそ喰うに値する状態になかったため、味の確認のため2本ほどいただき、指摘だけして店を後にしたのです。申し出もなかったので、返金等は受けていません。

 具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ。メンマは凡庸、チャーシューも一口だけ確認しましたが、肉の味は抜け脂身が多すぎて気持ち悪かったので、食べられませんでした。他の具は口にしてないです。

【総評】 丸見えの調理過程がめちゃくちゃだったので危惧していましたら、他店で前例のない状態のものが供されました。原因は、ざるを揚げたあと湯切りまで長く放置したためではないかと。店員数に対して箱が大きすぎるように思えます。味を評価して、一応☆☆☆☆☆☆(6.0)はつけます。んもぅ。

濃厚そば@山猫軒・朝霞台

ついに初訪問(にして最終訪問)と相成りました。不親切な張り紙に夜営業で振られること3回、ようやく平日昼間、11時半の開店と同時に入店。それでも先待ち客1名とはなかなかの人気。

宮沢賢治コンセプト(「注文の多い?」)の珍しいラーメン店(東大前にもそういう洋食屋はあったよね)は、カウンター席ゆったりの落ち着いた店内に、壁掛け大画面薄型テレビが場違い。「濃厚そば」を注文。

「じっくり煮込んだ醤油味」とは何だろうと期待したら、いざ出てきてみると、モロ麺彩房ライクな豚骨醤油。単なる中華そばと豚骨醤油の二本立てなら、客に伝わらない表現はしなくていい。

で、肝心の味ですが、今まで食べた豚骨醤油の中では限りなくワーストに近い。素材よりも実力不足じゃないかって気がします。流行の味でこれだと相当に印象が悪くなる。

豚骨はかなり舌にざらつき、そもそも好みが分かれそうなものなれど、さほどのうま味が引き出されていない。というか、濃厚なはずなのに何故か全体に水っぽいという、過去に経験のない嫌な感覚を覚えます。

魚介もいまいちはっきりせず、どうも甲殻類っぽいような香りを感じるのだけど、基本は豚骨のざらつきばかりが目立つ。低加水の中太ストレート麺は決して悪くはないのだけど、なんせ全体が水っぽい。

自らメニゥで「絶品」を名乗る味玉は、ほんのり甘めでまあまあ。「絶品」との自負が本当にあるのだろうか。チャーシューも薄味でやらかくホロホロと崩れるも、好印象はそのくらいですか。☆☆☆☆☆(5.0?)

ねぎみそらーめん@らーめん一番・和光市

無謀な仮更新

最後なんで意を決して。当ブログ初の採点不能にしようかとも思うたけど、ゲテモノ寸前で結構おもしろみがあるかも。
とにかくネギの方が麺より重いんじゃないかというくらい大量投入。
スープも過去最強かという魚粉大量系豚骨。スープ自体はなかなか飲ませる。豚骨背脂は強すぎないので何とか一定のバランスをキープ。
麺は低加水中太ウェーブで割とコシがある。
チャーシューはパサパサの最低レベル。
メンマは真っ黒ハチミツ味の前代未聞。

☆☆☆☆☆☆(6.0)

比内鶏つみれそば@一本気・みずほ台

暫定更新

支那そばや出身店くらいのレベルを最低限期待したけど、拍子抜け。
鶏のうま味は充分に引き出されていないし、嫌な酸味があり全体の完成度が高くない。
中細縮れの自家製麺は、最初こそプリプリした良い食感も、すぐにだれる。
出身の「元@新高島平」の方が、より洗練されていた印象。
つみれだけはさすがに旨いが、880円は高い。つみれの胡椒がきついとかの意見もどこかにあったけど、まぁ許容範囲。

「チャーくずめし」は本当にくずが多少入るだけで、味付けはかなり塩辛く、これで280円はないだろう。
味玉はキンキンに冷えたものが別皿で供され、食べ方がわからない。

店は清潔感があるものの、椅子の高さが極度に低く、身長180以上で丁度いいくらい。
目の前に路駐(向かいは団地)など客のマナーも最低で、典型的な田舎の行列店という印象。管理組合が本気で怒ったら、また移転になるんじゃないか。店の側の意識も明らかに低いのでどうでもいいけど。

行列だけはすごい。1ロット目で食べたいなら、開店15分前くらいか。
2軒隣の「あおい」のつけめんも課題なのだけど、それは終わってから。
☆☆☆☆☆☆★(6.5?)

野菜そば@中華麺店 高揚・和光市

写真後日追完

食べ歩きではないですよ。帰り道、あくまでお夕食です。1年ぶりの訪問は高揚さん。さすがに最終日とあって、店内はどうみても同類な方が多数。帰り際には入れ違いに、クラスやPや選択型Bで知り合った方々のグループが。ラーメン食べてて知り合いに遭遇するのは滅多にないこと。野菜不足なので安直に「野菜そば」。

醤油スープは昨年も食べたのですが、あまりに平凡すぎてコメントを残さなかった記憶が。ところが今回いただいてみると、塩分や油を控えたとメニゥにあるとおりあっさりながら、薄いという物足りなさはない。

鶏ガラをベースに昆布などを加え、特に貝柱の香りがいいですね。去年は単に薄いスープとの印象で、ダシなんてよくわからなかったけど、1年経てば経験を積み成長して戻って来るというのは本当なんですね?。むしろお醤油が少し強いくらいに思える。

中細縮れの翡翠麺も、記憶より美味しい。茹でたてはプリプリと、少し時間が経てばもちもちと。そしてさっぱりスープの中では、練り込まれたほうれん草の香りがよく引き立ちます。

上にのるのはたっぷり肉野菜炒め。お肉は小麦粉をまぶしてあるなど丁寧な仕事、味付けは野菜の甘みを生かす薄めで、過剰な化調感もなくスープを壊さない。椎茸の味が少しスープに出過ぎているか。

1050円の価格だけネックかな。☆☆☆☆☆☆★(6.5?)

しょうゆラーメン@中華そば あおい・みずほ台

後日追記

この地域屈指の名店、「一本気」さんの3軒隣で勝負する新店。ほとんどの方が「一本気」とセット訪問のようですが、昼営業のみではどうにもならないので、こちら単独で訪問。「中華そば あおい」さん。

光麺出身という、あまり興味のない出自ですので、ひとまず筆頭メニゥから。

実力店なのはわかったけど、メニゥ選択をミスしましたね。相応に魚介の香りが引き出されたスープに、やや酸味のある濃いめのお醤油味は、日本そばのかえしを思わせる。個人的には好みでないジャンル。

麺は歯ごたえしっかりで風味も悪くない中細ストレート。スープには合っています。チャーシューは炙り厚切りでなかなか香ばしく、揚げネギの風味もアクセント程度に程よく効いてます。 味玉は味無し半熟。

炙りチャーシューごはんは、直前まで炙るチャーシューがやや塩辛いが香ばしく、揚げた高菜を添えるアイデアはおもしろい。☆☆☆☆☆☆★(6.5?)

特濃魚介豚骨(ライト)@麺家 うえだ・志木

後日追記

平日は昼営業のみですから、唯一訪問可能な日曜夜を狙って行ってきました。課題店ではラストに近いです。「うえだ」さん。

もちろん筆頭メニゥの特濃魚介豚骨をいただきますが、ハードの方は丼を傾けてもこぼれないとか箸が刺さるとか伝説がありますから、ひとまずライトを。

もっとキワモノ的なメニゥかと予想してましたが、たしかにとろとろではあるものの、コラーゲンたっぷりという趣の、豚骨のエキスが凝縮されたスープ。油のヘビーさは無いので飲み口のしつこさは感じない。

それに負けないだけ魚介も強く効かせてますが、魚介なら「渡なべ」なんかの方がよほど強烈。暴力的な味の表現は決してしてなくて、豪快に見えてトータルバランスはしっかり考えられています。

中太の低加水ストレート麺はしっかり歯ごたえあるもので、とろっと絡み付くスープに負けない強さを持っている。

上にかかる醤系の唐辛子ペーストを溶かすといいアクセントになり、具の茹でキャベツのシャキシャキ感、甘みとの相性が抜群。逆にモヤシは無理になくともいいかな。

チャーシューは厚切りで2枚、やらかく食べ応えはあるけど、豚の味がはっきりしているので苦手な人は苦手か(そういう方はこのメニゥ自体食べないでしょうが)。味玉はお醤油味でなかなかの出来。

最後まで残ったのは正解でしたね。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5?)

つけ麺+穂つきめんま+味玉@麺屋 はつがい・朝霞

一度は課題店が尽きかけましたが、ネット検索で意外に近くに話題の新店発見。朝霞の駅から5、6分でしょうか。「はつがい」さん。2人テーブルが多くゆったり落ち着いた雰囲気で、つけめんが筆頭メニゥ。評判のトッピングと共に。

店の奥には、隠してあるのかほったらかしなのか、あの筆跡の「ラーメン王」の色紙が落ちてます。08石神本掲載店にはなりませんでしたが、スペリオールの鑑定団では高評価ですね。

今回に限って言えば、まったくの失敗作。初めからスープ割済みであるかのように薄いつけダレは、麺の力強さに完全に負けてしまっています。ただ、このつけダレをそのまま飲んでみると、かなりの実力店であることがひと口で判る。

厄介なのが、その印象が石神コメントとは正反対なんですよ。「これでもかという魚介インパクト」「豚骨鶏ガラのコッテリ味」などとはまったく無縁な、動物系のうま味を凝縮しつつ重量感を感じさせないスープに、魚粉を投入しながらも魚介が突出しない、インパクトよりバランス重視の優等生なつけダレ。

過剰な甘さや油っこさに振れることもなく、際立った個性は演出しないものの、既に完成された味と思わせる安定感があります。鑑定団取材時からは、既に相当進化を遂げたのではないか。

麺は太麺の平打ち縮れで、小麦の香りも歯ごたえもモチモチ感も申し分ない。自家製麺にはやはり劣るけれど、文句のない旨さ。300グラムまで追加料金不要はうれしいけど、つけダレの量が全体に少なめなのが厳しい。

チャーシューは表面をバーナーで炙ったものが刻んでつけダレに入り、香ばしくつけダレを引き立てる。メンマはこだわりの穂先メンマで、+100円で別皿にドンと追加される。素材の味も濃すぎない味付けも、つけダレとの相性もいい。味玉だけは出来が悪い。

今回の評価は、最初のスープの量さえちゃんとしていれば、との思いも加味して。☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)

ラーメン(かため、すくなめ)@武蔵家・志木

仮更新

この店に行くということは、店名からわかりますでしょうか、ネタ切れです。埼玉で家系って…。定休日、臨休とフラれた「山猫軒@朝霞台」の貼紙がついに、「10月一杯夜営業やりません」て、意味のなく小出しに情報提供されても迷惑なだけ。

「武蔵家」は、中野、吉祥寺その他に多店舗展開してる店ですよね。一度くらいなら入ってもいい。出身は六角家らしいので、それなりの味が食べられる可能性もありますし。

六角家とは全く似ても似つかない、個性の皆無なきわめてスタンダードな家系。ややとろみのある濃厚な豚骨ベースのスープは臭みがなく、醤油ダレは色からもわかるようにかなり濃く化調も相応に強い。油はすくなめにしない方がよさそう。

麺は食べた瞬間に「あれ?」と思ったけど、紛れも無く酒井製麺です。同じく六角家系列の「笑の家@白金高輪」とは同じ麺だと思われ、固め注文にはしっかり応えています。ライスが大サイズまで無料というのもなかなかのサービスながら、値段が神奈川の家系より50円ずつ高い。

その他の面はすべてにおいて最悪。無駄に多すぎる店員、また店員の通路が客席の後ろになってるので、不潔な人間が何度も背中スレスレを通る不快感、皆まさに「埼玉の家系」らしい風貌で、横浜の家系なら学生らしいのが少しはいて落ち着くのだけど。調理行程も雑。スープなんて丼の脇にベタベタ付いて、不潔極まりない。とどめに、初めて見た業務用ほうれん草開封の瞬間。格の低い家系店で見られる腐ったような色のほうれん草の正体がやっとわかりました。毒菜だと思ってますから全部残しました。

家系の不潔なイメージは見事に表現されている。味だけなら相応の評価はできる。☆☆☆☆☆☆(6.0?)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ