三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

らぁめん(平塚市、大磯町、二宮町)

まぐろラーメン@平塚

 シャッターが目立つ平塚のアーケード街の一画に、いつの間にかできていた新店。「まぐろ屋大将」というまぐろ専門店の手がけるお店らしい。「まぐろラーメン」さん。駅周辺は訪問し尽くしたと思いきや、RDBで発見して仕事のついでに。

【実食メニュー】 まぐろラーメン並(¥550)
 新メニューの担担麺もありましたが、まずはこちら。

【感想】 まぐろと野菜でとったというスープは、鶏ガラよりも更にすっきり、油も少なめながらしっかりとコクがあり、物足りなさは皆無。動物系でないことは分かるのですが、鮮魚系の旨みというか、これがまぐろのスープかと印象づけられるものがないのもまた事実。

 麺は中細縮れ。これといった特徴は無いながら、最低限の弾力とコシを備え食べ進めてもくたっとせず、まずまず。チャーシューに代わるはまぐろの切り身。適度な火加減でほろっと崩れ美味しい。わかめはスープとの相性良く、メンマも臭みなく悪くない。

【総評】 昼食としては物足りないですが、シンプルな美味しさ。☆☆☆☆☆☆(6.0)

花水ラオシャン本店@平塚

 実は食べたことがなかった有名店シリーズ。立地的に訪問しづらかった「花水ラオシャン」の本店へ。通し営業なのでハードルは本来的に低め、駅からの距離をレンタサイクルでカバーして、アイドルタイムに行ってみました。

【実食メニュー】  ワンタンタンメン(¥700)
 漢字の「老郷」と違い、チャーシューやらワンタンやらもあるので、具入りのやつ。

【感想】 この系列だと平塚駅前の「老郷」2軒とカタカナ表記の厚木が既訪ですが、お酢の利きが一番マイルドで、いわゆる出汁感が最も強い印象。豚骨+乾物っぽく思えたのですが、とにかく唯一無二の味わい。酸味よりも出汁で食えるという印象で、酢がきつくないのでそのままでも美味しいし、自家製ラー油でコクを加えるのもまた良し。

 麺はそうめんのような極細ストレート。思った以上にやわやわだけれど、最低限のコシは残していて、結構な麺量もするするいただけます。タマネギのシャキシャキ感は抜群の相性。ワンタンはオーソドックスな中華料理店のそれ。

【総評】 この味に慣れたのかもしれないけれど、美味しかったしまた食べたいです。厨房はきびきびといい緊張感があり、長く続く秘訣も分かるような気がしました。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

矢口家@平塚

 細かく数えてゆくと、平塚はまだまだ未訪のお店が多いのです。通し営業で未訪で真っ先に思いついたのがこちら。年季が入っていますが、実は本郷台の方が本店だという「矢口家」さん。1号線沿いというのは強い武器なのか、午後4時でも客があります。

【実食メニュー】  ラーメン(¥650)
 デフォルトを固め注文。

【感想】 乳化していないタイプのスープ。ネットでは薄いとの声が強いですが、ライトながら豚骨の旨みは相応に引き出されていて、タレよりも鶏油のこってり感で食べさせる。ベースが重くない分いいバランスに仕上がっていて、昨今のタレの濃さ一辺倒の新店の流れからすると、かえって新鮮に写ります。

 麺は中太やや縮れ、丸山製麺製。しっかりした弾力とコシが特徴で、もっちり感にこだわらないのであれば、家系の麺は丸山が美味しいと思っています。チャーシューは脂身無くやや固め。あとは、定番の海苔とほうれん草。

【総評】 ☆☆☆☆☆☆★(6.5)

らーめん 桜亭 3号店@平塚

 変な時間に平塚の期日を入れてしまいまして、「大黒庵 支店」が中休みなしではないかと期待して伺ったら中休み中で、近くで偶々見つけたお店に。「桜亭」さん。秦野に2軒あって、3軒目が平塚にできたという情報は持ってましたので、特に期待せず入ってみます。

【実食メニュー】  きゃべつらーめん(¥800)
 メニュー構成から豚骨醤油感が強かったので、これに。

【感想】 家系の亜流みたいな茶濁したスープ。予想通りの豚骨醤油で、そこそこの濃度でクセはなく、タレの濃さも中庸、油が少なめなのが家系とはっきりと違うところ。個性がはっきりせず、家系の方が美味しいと思うし、何より何でこんなに温いんだろう。

 麺はどこのものともしれぬ中太ストレート。ぶよぶよした食感で茹で過ぎなのか質が悪すぎるのか、美味しくないの一言。丼の選び方も間違えていて、太麺の豚骨醤油を切立丼で供したら麺が全く泳がないんだって。キャベツはくったりめで、これはあり。チャーシューだけが肉厚ほろほろで、ものすごく美味しい。

【総評】 美味しく食べさせようという気概が微塵も感じられず、店の人は何かおかしいと思わないのかね。

担々麺屋 炎@平塚

 新店を食べ歩いていると、この店がどのくらい続くのか考えてしまうのが良くないところですが、こちらに関しては本当に驚いています。「担々麺屋 炎」さん。もう丸4年ですか。味が良いのは存じておりますが、この場所で担々麺の看板で、と思っておりました。「ひでたん」跡地、4年ぶりの訪問は「担々麺屋 炎」さん。

【実食メニュー】 赤担々麺(¥750)
 赤、黒、白から、一番人気かつスタンダードのこちら。太麺選択。

【感想】 ベースは透明感ある鶏ガラですっきり、白胡麻風味は濃厚ながらべたついた甘さやくどさがなく、唐辛子のぴりぴりが効果的かつラー油の過度な重量感がない、お手本のような1杯。辛さを求める派にも、ねっとり胡麻味を求める派にも受け入れられそう。花椒のしびれ感がもう少しあると、なおいいなあ。

 麺はむっちりとして適度に噛み応えのある中太。スープの絡みなどを考えると、細麺よりもこちらでしょう。肉味噌もスープにコクを与えつつ、それ自体としてしつこさがなく美味しい。唯一、メンマが全くスープに合わず素材もよろしくないように感じました。

【総評】 インパクトは強くないけれど、固定客を見込める味。専門店が駅前にできても生き残るには理由がある、そんな感じ。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

味の大西 高麗店@平塚

 何年ぶりだという平塚のお仕事。駅周辺は行き尽くしていますので、休日には絶対訪問不可能なお店を目指してみます。「味の大西 高麗店」さん。平日の昼間3時間くらいしか営業しないというお店ですからね。11時30分開店のはずですが、その前に到着しても既に暖簾がかかり大盛況。ここまでの人気とは。

【実食メニュー】 ラーメン(¥800)
 1万円札と小銭しかなく、小銭ではワンタンメンに足りなかったので。

【感想】 「小田原系で唯一魚介が利いている」お店なのだそうですが、大西からは相当離れている印象です。見た目真っ黒なスープは醤油のきつさは皆無でさらっとして、豚の臭みもラードの厚みも焦げ臭も三つ葉の香りもなく、豚骨ベースのすっきり醤油という趣で、食べやすい。なみなみ注いでわざとあふれさせる演出は私には理解できません。

 麺は室伏製麺平打ちのピロピロ麺。系列店よりやや細いように感じたのと、茹で加減が少し柔らかいか。デフォルトラーメンなので麺量は普通、レンゲは付いてきました。厚切りのチャーシューは柔らかくビシッと醤油味で秀逸。メンマは凡庸。

【総評】 小田原系の中毒的部分は影を潜めつつ、それでも大盛況という不思議。☆☆☆☆☆☆(6.0)

炎天夏@平塚

 「笑家」店主さんが復活ということで、何とも喜ばしいとさっそく伺ったのですが、こういうノリの方だったっけか。当時は接客も好感が持てましたが、何より家系トップクラスの旨さでしたから、味ばかりが印象に残っていました。しかしこの場所、「熊澤」レベルが瞬殺された立地ですが、大丈夫かしら。

【実食メニュー】 ら~めん(¥650)+味玉(¥100)
 「地獄ら~めん」の店ですが、出自を知っている以上、ベーシックな方を。

【感想】 しっかり乳化した家系ぽい豚骨醤油スープですが、臭みもありワイルドかつとんでもなくヘビー。しかもタレが「吉村家」の比ではないしょっぱさ、とことんまで攻撃的で、県内大体の家系店は食べてきましたが、ここまできついのは経験がないかも。それが狙いなのは分かっているけど、残念だなあ。

 麺は中太縮れの家系仕様ですが、おそらくこのジャンルで初めて見る三河屋製。何の指定もしていませんが、長多屋「かため」指定の上を行くボキボキ感。やっぱり何か違うんだよ。チャーシューは肉厚柔らかで実に美味。惜しむらくはこちらもしょっぱい。味玉は見事な半熟でパーフェクト。

【評価】 胃に応えました。極端に食べ手を選ぶ気がします。☆☆☆☆☆☆(6.0)

焼丸@平塚

2013年70杯目 

 しばらく混みそうな「こじろ」をスルーして平塚を訪れ、新店に向かっていたら、聞いたことのないお店を発見。焼き鳥屋さんの業態替えのようですが、ネット上に情報が本当に何もない。最近のお店だとは思いますが、いつから営業してるんでしょう。住所は、「平塚市錦町3-8」だそうです。

yakimaru

【実食メニュー】 ラーメン+半チャーハン(¥900) 
 半チャーハンセットがおすすめとのことなので。

【感想】 鶏ベースのきれいに澄んだ実に美しいスープ。昆布や煮干しの香りが心地よく、お醤油の香りもほんのり後から顔を出し、雑味の全くないクリアな味わい。細かく切られたネギの香りも良く合います。表面に浮かべた魚粉を少しずつ溶かすと、煮干しの味わいが徐々に強まる演出もいい。コショーが合います、と言われましたが、何らの物足りなさもなく、コショーで汚して良いスープではないです。

  麺は低加水の中細ストレート。みっしりと粉が詰まって適度に噛み応えがあり、香りも良好。存在感もあるし優しいスープとの相性も見事。メンマはお店で仕上げているようで、臭み無く美味しい。チャーシューはもう少し脂身があってもいいかな。チャーハンは、中華料理屋よりも家庭っぽい仕上がり。油っこくなくて薄味の味付けは、個人的には好きです。

【評価】 くだらない輩が「中毒性がない」とか嘯きそうですが、これは美味しい。現時点で今年の五指には入ります。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)

らーめん石狩@平塚

 平塚ラスカの飲食店フロアに入っているファミリーOKなお店ですが、かつては平塚を代表するラーメン店だったという老舗。子供の頃茅ヶ崎に住んでいた私ですが、平塚に来たことって一度もなかったなあ。というわけで私には何の思い入れもなく、通常どおりの食べ歩き訪問です。「らーめん石狩」さん。
 
写真

【実食メニュー】 石狩味噌らーめん(¥750)
 メニューの筆頭が味噌でしたので、店名を冠したこちらを。通常の味噌との違いは、肉味噌が載るかどうか、だけだったかな。
 
【感想】 ネットでは昔に較べて味が落ちた等の記述がかなりありましたが、思ったよりも悪くない。私が子供の頃の味噌ラーメンのイメージって、こんな感じでした。味噌の主張が比較的しっかりしていて甘みが強すぎず、スープも最低限のコクがあり、ラードも過剰すぎずバランスは良いです。

 麺は多加水中太縮れで黄色がかったもの。味噌ラーメンの定番。もちもち感もコシもそれなり。チャーシューは大方の予想どおり固め、メンマは期待すべくもなく。肉味噌は甘めの味付けで、特に無くても良かったかな。あとはコーン、モヤシ、ネギとごく標準的。

【総評】 広い世代に受け入れられそうな無難な味で、駅ビルという場所には合っているのでは。昔はどんな味だったのか、気になります。☆☆☆☆☆☆(6.0)

やまかわ@平塚

 平塚の食べ歩きというのも終わりが見えなくて、微妙に「地ラーメン」ぽいのが充実してますよね。「老郷」の系列はすっかり有名になりましたが、「石狩」が発祥とされる味噌ラーメンの系列も、それなりに店舗数がありますよね。誰かまとめた人はいないのかな。そのうちの1軒。平塚駅の西口南側の出口を出てすぐ、「やまかわ」さん。喫煙推奨店なので、実際に食べるかどうかは入店してみないと判断できません。今回はセーフですが、こういう神経減らす店は極力無い方がよいです。
 
写真

【実食メニュー】 味噌らーめん(¥600)
 石狩出身、西山ののれんと来れば、必然的に味噌。メニューの筆頭も味噌でした。
 
【感想】 思いの外、味噌の主張がしっかりとしたスープ。ややしょっぱくも感じられますが、過度な甘さがないのが良いですね。油はやや多めながら、ベースのスープが弱いのか、全くと言っていいほどコクがないのが残念。

 麺は中太の縮れたもの。最近の味噌ラーメン標準からするとやや細いですが、適度な茹で加減でコシもありなかなか。茹でモヤシは懐かしの細いタイプ。チャーシューとメンマは思ったほど悪くなかったです。

【総評】 味噌味が濃いのでそれなりに食べられますが、やはりひと昔前の味かな。☆☆☆☆☆☆(6.0)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ