三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

らぁめん(多摩地区)

地鶏中華そば 七里香@町田

  私の足でも町田駅ギリギリ徒歩圏、「喝采」の跡地が現在は地鶏ラーメン研究会出身のお店になっているとのこと。「喝采」の後に1軒入ったらしいですが、場所が場所だけに訪問果たせず。「地鶏中華そば 七里香(ななりか)」さん。栃木県もそれなりに食べてますので、系統の味のイメージはできています。


【実食メニュー】 七里香塩ラーメン(¥900)
 地鶏ラーメン研究会の店では塩、というのは勝手な決まり。チャーシューが売りのようですので、全部のせにしてみます。


【感想】 系列では宇都宮の「阿波家」がこんな感じだったような。鶏の旨みにあふれた透明感あるスープながら、鶏のクセだと思うのですが、やや引っかかるものがあります。全体に少し甘めなのと、油がいくらか過剰に思え、結果的に好みと言い切れない。


 麺はしなやかでハリのある中細ストレート。スープとの相性良し。チャーシューはほろほろに仕上がり臭みもないのですが、ほんのり甘い独特な味わい。鶏団子と雲呑が2個ずつ入り、いずれも存在感あり美味。穂先メンマも素材が良いです。 


【総評】 ☆☆☆☆☆☆★(6.5)

広島つけ麺Kirimaru(きりまる)@町田

 「ぶちうま」の全店閉店からどのくらい経ったでしょう。あの味が忘れられず、「広島つけ麺」と聞くと、気になってしまいます。町田は「べんがら」の跡地、「広島つけ麺Kirimaru(きりまる)」さん。同名のお好み焼き店の系列でしょうか。

【実食メニュー】 広島つけ麺1.5玉(¥780)
 半玉増しで+50円は良心的な価格設定。

【感想】 本来の広島つけ麺というのはこういうもので、「ぶちうま」が別格だったのかもしれませんね。和風のつけつゆに、ラー油を合わせたシンプルなつけだれ。デフォルトであまり辛くなく、調整可能ということで倍にしてもらったら、油っこくなった割にやはりさほど辛くなく、物足りない。

 麺はみずみずしい中太ストレート。適度なコシとしなやかさで、さらっとしたつけダレには良い相性。チャーシューは柔らかい角煮タイプで存在感有り。その他、茹でキャベツ、ネギ、モヤシ、ゆで卵という構成。

【評価】 ☆☆☆☆☆☆(6.0)

東京 ましこ亭@立川ラーメンスクエア

 久しぶりに立川の仕事が入り、ようやくラーメンスクエアの新店に来られましたよ。トライアウト組はもともと足立区で長く営業されてきた方だということで、期待大。

【実食メニュー】和牛蕎麦(¥780)+ローストビーフ増し(サービス)
 トッピングがひとつサービスだということですが、味玉入りメニューのボタンも点灯してたような。 

【感想】 牛肉や牛スジがベースというスープは、牛らしい香ばしさとコクを感じさせつつも、独特のねっとりした甘みなどが抑えられて適度なキレがあり、このジャンルでは出色の出来ではないでしょうか。味付けは丸みのあるシンプルな塩ダレで、素材の美味しさを味わえます。

 麺は「傾奇者」を使用したという浅草開化楼の中細縮れ。なめらかさと軽快な食感を兼ね備え、スープとの相性は良好。ローストビーフは筋などはなく柔らかいですが、まあそれなり。スジ肉は柔らかく仕上がっています。細切りの白ネギもスープに合います。

【評価】 牛のラーメンもまだまだ可能性を秘めていますね。しばらく仕事があるので、機会があれば別の味も。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

らーめん 絆@立川ラーメンスクエア

 立川はね、新店がオープンしても仕事が入るのを待つ。仕事が入らないままラーメンスクエアの入れ替えが起こりそうなら、休日に電車代を使っても行く,そんなスタンスで。仕事が入ったので、今回の新店へ。「ましこ亭」に続き、こちらへ。トライアウトじゃない枠の方ね。「塩元帥」の場所ですな。

【実食メニュー】味玉淡麗しょうゆ(¥780)
 醤油が筆頭でしたので、醤油で。
 

【感想】 出てきた瞬間の「不味そう」感がこんなに強いお店も今時珍しい。シンプルな鶏ガラ+魚介、といえば聞こえが良いですが、特徴の無いぼんやりしたスープに,コクのある醤油ダレを利かせて何とか整えた感のある凡庸な味わい。化調っこくないのが救い。尋常じゃないスープの少なさは、麺が全く泳がず、萎えるばかり。

 麺はぷりっとした多加水中太縮れ。堅めのゆで加減は、なんだかフードコートとかで食べているよう。チャーシューはノスタルジックというか、硬いやつ。メンマは瓶詰めのやつに毛が生えたようのもので、これが大量に入っているのが最低なビジュアルの一因。味玉は一応味が入っている半熟でそれなり。あと三つ葉。

【評価】 満足の「ましこ亭」を後にすれば良かった。ラースクの新店は、非トライアウト組は最近ほとんど地雷な気がします。胡散臭い店名と接客が鼻についたのですが、それ以上に味で全部吹き飛んでしまいました。

麺や 又べえ@町田

2013年50杯目
 町田の新店というか、現在の町田大勝軒の場所にあったお店の6年ぶりの復活とのこと。私の町田数少ない未食店、「支那そば亭」の系列ですから、本来は訪問順が違うのですが。

【実食メニュー】 支那そば(¥700)

【感想】 鶏ガラベースのあっさりスープに、ビシッと魚介を利かせたもの。まさに、正統派の中華そばのお手本というような味わい。個性に乏しいことは仕方がないものの、油の加減も程良く適度にこってり感があり、いただきやすく飽きにくいと言えそう。

 麺は中細の縮れ麺で芯を残したしっかり目の茹で加減。しこしことした食感で美味しい。鶏ガラスープとの相性も良好。チャーシューは厚めに切られ2枚、柔らかく肉の旨みも十分で、高めの価格設定をカバー。メンマは既製品かな。

【評価】 ☆☆☆☆☆☆(6.0)

びんびん@八王子

2013年42杯目
 八王子の新店。西八王子の名店「元祖 敏々亭」の代替わりみたいですね。


【実食メニュー】 薬味(玉ねぎ)ラーメン(¥650)

【感想】 豚骨清湯スープに、日本蕎麦のかえしを思わせる濃いめのコクのあるお醤油ダレ。シンプルにして、まさに王道の八王子ラーメンの味わい。シャキシャキした玉ねぎの食感と甘みもよく合いますし、油の加減も程良く、新店にして老舗のDNAが見事に受け継がれている印象。

 麺は定番の尾張屋製の中細ストレート。さくさくと軽快な食感で、安定のおいしさ。チャーシューも柔らかく仕上がっていますし、濃い茶色のメンマは素材も味付けも食感もいい。海苔が粗悪な点だけ気になりますが、欠点らしい欠点はその程度。

【評価】 ☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)

らーめん 楽や@町田

 町田駅から、マニア的には「進化」に向かう途中の左側、裁判所のちょっと先、「透明湯」という看板がずっと気になっていたのだけど、昼営業時間の短さから、4年以上、仕事のついでの訪問がかなわずにいたお店。「らーめん 楽や」さん。日曜定休のため土曜の昼営業を狙い、ついに訪問を果たしました。もっと居酒屋的な雑然としたお店と思っていたのですが、日本そばのお店のような大変落ち着いた店内で好印象。

写真

【実食メニュー】 とりそば(¥600)
 何かの雑誌で見たビジュアルに惹かれて。

【感想】 今まで食べたラーメンの中で五指に入ろうかという、1点の曇りもない驚きの透明度。ひとたび口に含めば、鶏の旨みと香味野菜の香りのバランスが絶妙。塩味は尖ったところが無く控えめながら、存分な旨みを湛え、はっきりした輪郭を持つキリッとしたスープ。

 麺はややウェーブがかった細ストレート。比較的しっかりした歯ごたえとコシがあり、見た目以上に力強いスープとの相性は良し。具は鶏チャーシューに白ネギとシンプル。鶏は胸肉でしょうか、ややぱさつきがあります。

【総評】 名店揃いの町田で、またしても素敵なお店に出会えました。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

煮干鰮らーめん圓 町田店@町田

 町田には仕事で来ることがあるので新店を疎かにしておりましたが、八王子の「圓」の2号店、ずっと気になっていたのです。仕事がなかなか入らないので、プライベートで来てみました。やや分かりにくい立地が幸いしてか、土曜昼過ぎで待ち客1名のみとは有り難い。

写真

【実食メニュー】 煮干ら~めん(¥700)
 本店もかなりのご無沙汰ですので、やはり看板メニューから。

【感想】 煮干しがガツンと感じられ、特に麺を口に運んだ際に鼻腔に抜ける香りが実に豊か。それでいて、全く雑味のないクリアな味わいとキレの良さをも備えたスープは、唯一無二の存在。煮干しラーメンの店があちこちにオープンする中で、やはり別格。

 麺は中細のストレート。滑らかさ、しなやかさと適度なコシが共存する絶品。チャーシューは心地よい噛みごたえと肉の旨みを湛えたもので、これまた見事な仕上がり。太めのメンマも素材の味が良く、味玉も半熟加減、味付けともきちっと仕上げてきています。

【総評】 ただただ素晴らしいの一言。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)

立川中華そば 魚魚 TOTO@立川ラーメンスクエア

 仕事で来られる機会はあるんだから、プライベートでは来ないと決めている場所がいくつかあります。楽しみな新店があるとき、それが何とももどかしいのです。ようやく訪問できました。ラーメンスクエアの新店、「立川中華そば 魚魚 TOTO」さん。実店舗の頃は、月曜定休が致命的で訪問できなかったんですよね。
 
写真

【実食メニュー】 味玉中華そば(¥870)
 「焦がし煮干し」の方が分かりやすい味だと思いましたので、まずは実力がはっきり分かりそうなこちらを。
 
【感想】 私の好み、ど真ん中の味でした。豊かな煮干しの風味と生醤油の香りとコクが見事に融合して、基本となる鶏のスープは何らの雑味もなく透明感があります。素材の味を素直に活かした奇を衒わないシンプルな味わいにして、無化調かつ油も控えめながら、ぐいぐい飲ませるスープ。

 麺は中細ストレート。適度なハリと腰の強さ、風味も良くスープとの相性は抜群。チャーシューは柔らかく肉の旨みを残したもの。細切りのメンマも食感良く、粗く切られた玉ねぎもスープと好相性。味玉はやや薄めの味わいで今ひとつかな。

【総評】 集合施設であることを割り引く必要など全くないさすがの1杯。「焦がし煮干しらーめん」もあるし「純なま醤油つけ麺」もあるし、次に仕事で来るときが楽しみすぎます。☆☆☆☆☆☆☆☆(8.0)

べんがら@町田

 仕事でもプライベートでもちょくちょく来ているので、さすがに未訪のお店も減ってきた町田駅周辺。昨年オープンも、駅からやや離れているがために積み残していた、「べんがら」さんへ。市役所の更に先、訪問を果たせなかった「ばんばや」の跡地。
 
写真

【実食メニュー】 塩らーめん(¥800)
 券売機筆頭につき、塩。醤油よりも100円高い設定、この価格であればデフォルトメニューでの注文。
 
【感想】 塩が筆頭だといわゆる淡麗系のお店であることが多いのですが、こちらは清湯ではなく若干の濁りがあり、しっかりした動物系のコクを感じさせつつ、無化調ならではのキレの良さを兼ね備えたもの。

タレは円みがありながら塩味はしっかりと利いています。やや酸味があるのは何由来かしら。海苔の上に載せられていたのは、粗挽きの魚粉+山椒だったのかな。スープのバランスを壊さず良いアクセントでした。

 麺は全粒粉入りの中太ストレート。ぽくっとした食感で歯切れ良く、香りも良好。チャーシューは大ぶりで肉の旨みがありますが、やや薄め。その代わりか、豚のタンが入っており、なかなか柔らかく美味。穂先メンマ、半味玉、白髪ネギ、糸唐辛子、海苔と具の構成もよく練られています。

【総評】 個性と丁寧な仕事を感じる1杯。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ