三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

らぁめん(横須賀市)

ラーメン エイト(8)@北久里浜

 何度も訪れているのに、毎回未訪の新店が複数オープンしているというすごいエリア、北久里浜。今回は、イツワ製麺所に隣接してオープンし、同店との関連がいろいろ取り沙汰される「ラーメン エイト(8)」を軸に。隠れ家的な雰囲気で、内装は避暑地の喫茶店のような木のカウンター1本。ロメスパ御用達「ボルカノスパゲッチ」のマークの掲示があり、「つけパスタ」も売りのよう。

【実食メニュー】正油ラーメン(¥700)
 「甘口醤油と中華油の細麺」という筆頭メニュー。

【感想】 見た目はシンプルな醤油ラーメン。ベースは鶏だと思うのですが、甘口醤油のタレがその名の通りかなり甘めで味の全体を支配します。苦手かもしれないと思ったらやはり苦手でした。単純に好みを外れます。ショウガっぽい香りは表面の香味油からでしょうか。

 麺は中細ストレート。滑らかながらもしっかりした歯触りとコシを備えていて、何となくイツワっぽくも感じるところ。鶏、豚2種類のチャーシューはいずれも柔らかく仕上がり美味しい。メンマは食感、素材とも良いもの。

【総評】 ☆☆☆☆☆☆(6.0)

克吉 大津店@新大津

 「克吉」@横須賀中央の支店なのですが、鶏白湯時代にしか訪問していないので、豚骨にリニューアルしてからは実質的に初訪となりますね。初めて降りる新大津の駅からほど近く。「克吉 大津店」さん。

【実食メニュー】 あさり出汁(¥680)
 豚骨に期待は禁物かと、変則メニューでいってみます。

【感想】 基本は同じ豚骨でしょうか、クセのない白湯スープをベースとして、あさり出汁をかなりしっかりめに利かせています。ネット評では臭みととる向きもあり、ぎりぎりな強さであることは確か。バターっぽい香味もあり、ボンゴレビアンコなテイストで面白いと思います。

 麺はむっちりと弾力ある中太麺。アサリ風味の持ち上げも良く、スープの方向性との調和はとれている気がします。具はアサリのむき身、メンマにほうれん草、青ネギと、さしたるこだわりが感じられず。

【総評】 ☆☆☆☆☆☆(6.0)

塩麺屋 錦太朗@横須賀中央

 横須賀に塩の専門店ができたとかで、軒並み評判も良く、期待に胸躍らせての訪問。「塩麺屋 錦太朗」さん。共済病院の近く、裏通りなのがちょっと気になりますが、移転後の「平八」さんも何故かすぐ近くにあったり。四谷の「灯花」出身だそう。

【実食メニュー】 塩中華そば(¥700)
 出身からするとつけ麺かもしれませんが、「灯花」でも初訪はラーメンでした。

【感想】 清湯塩スープの理想的ビジュアル。そして味も見た目を裏切らない。丸鶏らしいふくよかな味わい、旨みある塩だれ、魚介の香り、鶏油のコク、どれも的確にびしっと利いているのだけど、尖ったところはなくて全体の調和がとれていて、キレもある。感服。

 麺は三河屋製の全粒粉入り細ストレート。張りとコシ、ぱつっとした歯切れの良さ、風味、このスープにはこれでしょう。チャーシューは鶏の胸とももの2種類。鶏の旨みを閉じ込め味付けも変え、手が込んでいます。メンマも素材の良さが際立ちます。

【総評】 塩ラーメンの理想型に近い。いやぁ、美味しかった。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)

焼き味噌拉麺 大公@衣笠


 郡山の「麺屋 輝」という札幌ラーメンお店が、横須賀に移転してきたとか。郡山市役所周辺の大激戦区にあったお店のようですが、偶々未訪でした。「胆振」や「成 sei」には行ったことあるのに、見落としかな。衣笠駅から北久里浜方面へ。結構距離があるなあ。お店は小上がり席中心。

【実食メニュー】味噌らぁめん(¥650)+チャーシュー1枚(¥50)
 デフォルトでチャーシューなしですが、かなりの良心的価格。

【感想】 1杯ごとに鍋をふるう、札幌味噌スタイル。ラードのくどさ、スープの熱さは適度で、ベースの豚骨スープもしっかり。いただくとまず最初に味噌の香ばしい薫りと甘み、食べ進めると生姜やニンニクの香りを含めたスパイシーさが顔を覗かせ、ほれぼれする完成度の高さ。

 麺は黄色い中太縮れ。福島の製麺所だという情報がありますが、ぷりぷりっとした力強さに適度な熟成感、スープの持ち上げも麺の香りも良く、美味しい。挽肉のコクはスープに生きているし、モヤシもしゃきしゃき。追加のチャーシューも柔らかく仕上がって美味しいです。

【評価】 本場の名店に引けをとらない美味しさ。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)

ラーメン ささもと@県立大学

 行くまで全く知らなかったのだけれど、仕事で県立大学駅に降りるのは今日で最後らしい。少なくとも、プライベートであの坂を上ることは2度とないだろう。そんな日に、駅を降りた小さな通りにラーメンののれんが出ていることに気付き、何か惹かれるものがあってくぐってみました。RDBにも、神奈川のラーメンの象徴みたいなサイトにも載っていないお店です。「ラーメン ささもと」さん。

写真

【実食メニュー】 チャーシューメン(¥700)
 カウンター5席、4人掛けテーブル1卓の昭和レトロな店内。ラーメン(¥500)、大ラーメン(¥650)、チャーシューメン(¥700)の3種類という潔いメニュー構成。

【感想】 ガラベースの油分が少ないあっさりしたスープに、生姜がほんのりと香ります。塩気は強くないですがお醤油ダレのコクと香りが心地よく、輪郭はっきりのキリッとしたスープ。化調もほどほどで、思わず飲み干してしまいそうなヒキがあります。

 中細ほぼストレートの麺は、地元は増田製麺製。加水も弾力もコシもすべて中庸といった雰囲気で、特徴がないことこそ特徴か。スープとの相性よし。チャーシューは昔ながらのもも肉ですが、噛むごとに広がる肉の旨みとジューシーさは侮れない。甘さのあるメンマやナルトもいい味出してます。

【総評】 この佇まいを今に残す店は、神奈川県ではかなり少なくなってしまった気がします。また食べたくなる味。☆☆☆☆☆☆(6.0)

博多とんこつ拉麺処 なお(nao)@逸見

 横須賀のお仕事。もう少し早く片が付くと思っていたのだけど、長期戦か。こちらとしては望むところなのだけど、お客様のことを考えると早くすっきりさせてあげたい。横須賀市内、細かい未訪店を拾ってゆきます。逸見駅の近く、「博多とんこつ拉麺処 なお(nao)」さん。場所柄喫煙店なのですが、昼前なら客の多いエリアでもないので大丈夫。

写真

【実食メニュー】 ねぎら~めん(¥700)
 博多と書いてあれば、ネギかキクラゲメニューで。麺の固さは訊かれませんでしたのでデフォで。

【感想】 ミルキーな、臭みも重量感もないシャバシャバした白濁豚骨スープ。タレは控えめでほんのり甘みがあり、化調感や業務用感は感じられず、まずまずの味わい。都内のチェーン店で食べるよりはいいな。

 麺は歯ごたえのある細ストレート。もっと加水率の低いボキボキが好みですが、かん水臭もなくて悪くない。ネギは青ネギではなく、まさかのラー油和えの白ネギバージョン。でもスープに合うからいいや。キクラゲの食感も良く、ウズラの味玉もいい出来。

【総評】 予想していたよりはるかに良かった。☆☆☆☆☆☆(6.0)

誠@追浜

 午前中は横須賀で仕事だったのですが、課題店が尽きてしまっているので速やかに京急に乗車。何かしら新店情報があったのと、久々に「丸新」に行ってみたいと思ったのもあり、追浜にて下車。11時過ぎで「丸新」は開いていませんでしたが、その少し手前に新店を発見。「新世代家系ラーメン」を名乗る「誠」というお店。都内の家系の名店の出身らしいのですが、都内に名店と言えるような店、あったっけか。

写真

【実食メニュー】 味玉ラーメン(¥750)
 好みを訊かれなかったので、全部普通ということだと思います。しかし、カウンター越しに丼を手渡しで提供しますかね。

【感想】 新世代家系というのが何だかよく分かりませんが、とりあえず背脂が浮いてるビジュアルが変わっています。醤油ダレはある程度しっかり利いていますが、ベースの豚骨はやや薄っぺらい印象で、背脂も鶏油に代わる効果が分からず、全体として平板。

 麺は黄色っぽい中太ストレート。もっちり感が無くデフォルトにしては固めのゆで加減。「固め」注文だと一体どんな固さなのか。麺箱は確認できずも、メジャーどころではなさそう。チャーシューは噛みごたえ、肉の旨みともまずまず。ややハムっぽいか。味玉は平凡。ほうれん草は色が悪かったです。

【総評】 「丸新」の相手になり得ますかね。その他細かくは書きませんが、接客をする気のない人間は、客から隔離しておいた方がいいように思います。いい印象のないお店でした。

麺 銀狼@北久里浜

 北久里浜という土地は、ラーメン店が供給過剰になることがないのでしょうか。半年くらい前に開店したお店ですが、ようやく訪問のチャンス。「麺 銀狼」さん。小さい飲み屋の居抜きというような感じの、あんまり目立たない店舗。日曜のお昼を完全に外した時間帯の訪問ながら、それなりにお客さんが入っています。
 
写真

【実食メニュー】 味噌(¥700)+野菜増し(昼サービス)
 もともと味噌1本のお店だったようですが、現在は醤油もあるよう。
 
【感想】 注文が入る毎に中華鍋で野菜を炒めるタイプ、提供まではやや時間がかかります。味噌自体の濃度がしっかりしており、ファーストインプレッションで味噌の味わいがガツンと来て好印象、炒め野菜の香ばしさや甘みもスープを引き立てています。濃厚ながら過度な重量感が無いのもまた良し。中盤以降は甘みが強く感じられてやや単調かも。

 麺は、多加水熟成のぷりぷりっとした定番のものに較べると、ややおとなしいか。黄色がかった中細の縮れ麺。それでもしっかりコシを残した茹で加減で悪くない。たっぷり野菜も香ばしくシャキシャキ。チャーシューは濃いめの味付けでほろほろっと崩れ旨い。刻み玉ねぎもよく合います。

【総評】 遠くから食べにゆくような個性のある味ではないですが、横須賀市内でこういう味噌ラーメンというのは貴重だと思います。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

麺屋 庄太@津久井浜

 横須賀の南の方に、凄い豚骨ラーメンを出すお店ができたとか。「無鉄砲」を彷彿とさせるなどというコメントもあり、多少遠くとも行ってみたくなります。駅からはすぐなのですが、津久井浜って、所要時間は都内と変わらないよね。行列を警戒して日曜の昼を少し外して訪問。「麺屋 庄太」さん。午後1時で6割くらいの入り、地元の方ばかりのよう。
 
写真

【実食メニュー】 らぁ麺(¥650)+味玉(¥70)+キャベツ(現金¥20)
 味玉70円の価格設定、現金注文の格安特別トッピング。これを見ただけで、絶対いいお店に決まってます(笑)。
 
【感想】 1週間でスープが変わったのなら申し訳ないのですが、「無鉄砲」の名前を出すのはどうかと。ああいうどろどろなスープとは違います。店内に入るや羽釜が目に飛び込んできて期待しましたが、それを裏切らない見事なまでの豚骨の凝縮感。それでいて一切臭みがなく粘度もほどほどでいただきやすく、豚骨の髄の髄までの旨みとビシッと利いたタレのバランスも絶妙。

 麺は増田製麺の太ストレート。デフォルトで家系の「かため」くらいのごわごわっとした食感で、濃厚なスープをしっかりと受け止めます。チャーシューは柔らかく、穂先メンマに味玉と具はいずれも高水準。茹でキャベツもこのスープにはよく合います。

【総評】 実は、入店時に子供連れや年輩女性客がいらして驚いたのですが、食べ手を選ぶようなスープではありません。無鉄砲テイストなどという先入観はもたず、豚骨が好きな方は是非。多少遠くとも足を運ぶ価値は間違いなくあります。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)

九州男児@北久里浜

 まるげんフーズのFC展開店ということで、直営店のレベルからして興味なくスルーしていたのですが、北久里浜で他に行きたい店も無くなったので訪問。「九州男児 北久里浜店」さん。場所は「逗子家」の真向かい。
 
写真

【実食メニュー】 博多ラーメン 白(¥650)
 この手の店としてはやや強気な価格設定、よってトッピング無し。固さ指定は粉落としまであるとのことですので、ハリガネで。
 
【感想】 クセがない、臭みがない、さらっとしている、ミルキーな、などと並べるとおおむね説明がつくような、当たり障りのないスープです。それほど化調っこくないのは評価しますが、業務用スープでもこのくらいの味にはなるのでは。

 麺は定番の低加水細ストレートなのですが、ハリガネでこの程度かというほどに歯ごたえが無く、食べているそばからみるみるだれてきて、最後の二口くらいは諦めました。どんな茹で加減でもボキボキ感が楽しめない、質の悪いもの。チャーシューはぺらぺらでやや臭みがあり、キクラゲも食感が悪い。高菜はお通しのように小皿で供され、これは辛さが程良く悪くない。

【総評】 すでに4軒が出店という快進撃ぶりですが、味だけではない付加価値をみなさんそれぞれ見出しているのでしょう。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ