三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

らぁめん(大田区)

中華そば 旋@穴守稲荷

 北浦和時代には、大行列とか臨休とかで縁の無かった「中華そば 旋(つむじ)」さん。事情が事情だけに歓迎とはいきませんが、穴守稲荷に移転オープン。「毒や」などの跡地で、この場所を訪問するのは初めてとなります。

【実食メニュー】中華そば(¥700)

【感想】 鶏白湯+鰹などの魚介というスープは、魚粉も使っているのかしら、いずれの主張もしっかりとしつつバランスの良い仕上がりで、人気になるのも頷けるなあと思う反面、以前に断念したあの行列を生む味なのかといわれると、という印象。

 麺は中太やや縮れ。むっちりしてコシがしっかり、スープとの相性は良し。チャーシューは厚切りのバラ肉。やや固めの仕上がりながら、肉の旨みを適度に残し美味。メンマは大ぶりで存在感あり。水菜は青臭さが先行してやはり合わない。

【総評】 時間をおいて訪問するのが吉だったか。☆☆☆☆☆☆★(6.5) 

元祖旨辛系タンメン 荒木屋@蒲田

 「中本」の蒲田店が惜しまれつつ閉店して、その店長さんだった方が別の屋号で同系統のラーメンを出すお店を開店されたとか。行ってみるとほとんどのお客さんが元の常連さんのようで、中本にも蒲田店にも何ら思い入れがない者が訪問してしまい、申し訳ない。サンロード蒲田を抜けてさらに先ですが、屋号を書いた看板も何もないのに、みんな何のお店か分かって来ているという。

【実食メニュー】 味噌野菜麺(¥750)
 よく分からないので筆頭にしましたが、中本でいう「味噌タンメン」に相当するよう。

【感想】 中本では蒙古タンメンと味噌卵麺くらいしか食べたことがないので、あまり辛くないメニューは初体験ですが、味はそれっぽい。味噌の香りと野菜の甘みと唐辛子の辛さのバランスがよく、きれいにまとまっている印象。

 麺はサッポロ製麺所の特製とのこと。適度なもっちり感と歯切れの良さを備えたもので、過去に食べた中本より好みに感じますが、同じものなのかしら。煮込まれてくたっとした野菜は、このスープだと「アリ」なんですよね。

【総評】 しかし、屋号とメニューのネーミング以外のフォーマットはほぼ全部同じ、客も引き継いでいるようで、中本さん側とどう折り合っているのでしょうね。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

麺屋 こころ@大岡山

 台湾まぜそばブーム、ここまでになるとは思いもしませんでした。既に過剰供給である気がしてなりませんが、嚆矢となったのが、このお店の開店でしたね。「麺屋 こころ」さん。心残りがあるとすれば、こちらで台湾まぜそばを食べていないこと。

【実食メニュー】 塩らーめん(¥730)
 私にとって「はなび」は塩のお店ですから、どちらを食べようか悩んでいたら、スープのない「台湾まぜそば」が先に売り切れているという事態に。

【感想】 ベースのスープのふくよかさ、魚介や乾物系のうまみの凝縮感は特筆すべきものがあると思います。しかし、尋常ではない塩辛さは一体どうしたことでしょう。角が立つとかいう話ではなく、純粋にタレが私には多すぎる。基本的に薄味好きな人間ですが、タレの濃さの一事をもって食べられないレベルでした。

 麺は中細のストレート。茹で加減云々というよりは、純粋に頼りない、コシがなく弱い麺というふうに写りました。炙りチャーシューは香ばしく、メンマも臭みなく、きっちりとした仕事をされているので、意図的にこういう仕上がりなのだと思うのですが。

【総評】 その後「はなび」自体が東京進出してしまったので、なかなか再訪動機が見つかりません。台湾まぜそばを食べたら印象が変わると思うのですが。

らあめん エアーズロック@蒲田

 「かまた」→「図南」の跡地。入れ替わりの激しさといえば秋葉原のあそこがダントツですが、こちらも早いですなあ。あまりに簡素殺風景な「図南」をそのまま居抜きで。物好きとラーメン好きでないと、ちょっと入りづらいかも。

【実食メニュー】 エアーズロックラーメン(¥580)
 大きな豚の角煮をエアーズロックに見立てる、という奇抜なアイデアメニューがまさかのデフォルトで、店名の由来という。

【感想】 メニュー名のインパクトに反して、ベースのスープは透明感あるほんのり魚介の和風味という、マニア心をくすぐる構成。タレは白醤油ですが、私が苦手とする特有の甘さは抑えられ、油控えめでじんわり美味しい上品な仕上がり。

 麺は麻生製麺の中細やや縮れ。表面がざらついて、若干ぽそっとした食感、。もう少ししなやかな麺の方が相性は良いかと思いますが、歯切れや風味は良く悪くないです。肝心のエアーズロックは、表面が多少固めで甘めの味付けの「ザ・角煮」。ネーミングほどの迫力ではないですが、面白いアイデア。

【総評】 コストパフォーマンスも良いですが、色々とちぐはぐなあたり、どう出るか。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

羊と狼@平和島

  平日夜に時間が空きまして、休日の方が混むかもしれない新店を巡ってみます。平和島駅を降りて環七を5,6分北上、ちょっと人通りが少なそうな立地にオープンは「羊と狼」さん。「麺喰屋 澤」出身とのことで、ハズレはなさそう。

【実食メニュー】 醤油らーめん(¥730)

【感想】 クリアで見た目にすっきりした1杯。鶏の旨みがじっくりと引き出され、魚介は下支え程度、タレはほんのり甘みがあるも醤油そのものもコクや香りはやや控えめで、鶏油もくどすぎない。どちらかといえばオールドスタイルな印象で、じんわり飽きの来ない味ながら、価格からするとやや物足りなく思われてしまうかも。

 麺は中細ストレートで自家製。滑らかでしなやかで、かつパツンとしたハリと豊かな香りを誇り、秀逸。チャーシューは豚と鶏の2種類、前者は素材の旨み、後者はジューシーな食感が良いです。あとはメンマに海苔と奇をてらわぬ構成。

【総評】 場所柄、リピーターが必須と思われますが、一般層はこの味をどう受け止めるのだろう。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

麺屋 図南(となん)@蒲田

 「麺屋 かまた」の跡地の新店がなかなか評判がよい。あの場所、あの内装、あの味では難しいとは思ってましたが、やはり早々に閉店ですか。内装に手を入れたら今度は殺風景になり、シンプルにカウンター6席。「麺屋 図南」さん。ぱっと店名が読める人は十二国記を読んでる人くらいだろうし、口コミで聞いて検索しようとしても「となん」では変換されないし、店名としてはどうだろうか。

【実食メニュー】 魚香る醤油ラーメン(¥700)
 鶏白湯もあるけど、これが評判良いやつ。

【感想】 非常にシンプルなたたずまいの1杯。じんわりあっさりの清湯スープに、どちらかといえば節系が中心に魚介がほんのり香り、丁寧に作られていることが伝わるもの。マニアほど好む味だし、近くであればリピートするのだけど、学生層の多いこの町で「魚香る」と題してこの味わいは、受け入れられるかどうか。

 麺は三河屋製の細ストレート。低加水のさくっとした食感と香りは期待を裏切らない。チャーシューは炙った鶏で、こちらも素材の味わい重視で香ばしく、量も多め。味玉も良い半熟具合。

【総評】 みんなこぞって、「応援したくなる」と書きたい気持ちが凄くよく分かる。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

北海道らーめん 楓 京急蒲田店@京急蒲田

2013年9杯目

 雑色の本店で食べて以来なので4年半ぶり。これで3店舗目、「麺バカ息子」の隣にして、客入りで負けていないのは地元支持が高い証拠。

【実食メニュー】 味噌らーめん(¥750)

【感想】 1杯ごとに中華鍋で丁寧に作られる札幌スタイル。調理過程が食欲をそそります。乳化度が高く程良く濃厚な豚骨ベースの白濁スープに、しっかりした味噌の甘みとコク。まろやかな仕上がりで熱々ながら油はほどほど、化調も目立たず大変いただきやすい。

 麺は札幌はさがみ屋製麺製の中太縮れ。むっちりとして適度な弾力、スープの持ち上げもよく、美味しい。チャーシューは小ぶりながら肉の旨みがしっかり。メンマもスープに馴染んでいます。炒めモヤシのシャキシャキ感も嬉しい。

【評価】 ☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

麺処 繋-Gu(つなぐ)@蒲田

 このところ、町で見かけた有名人を思い出してみると、曙太郎選手、パンツェッタ・ジローラモさん、野沢雅子さん、金村キンタロー選手、グレート・サスケ選手・・・何だか非常に偏りがあります。俳優さんやアイドルさんともよくすれ違っているのに、こちらが全く気付いていないのでしょうね。

 さて、ラーメンの話。蒲田にまた新店情報。通し営業らしいので、休日出勤の帰りのアイドルタイムに足を運んでみました。「麺処 繋-Gu(つなぐ)」さん。柏の「こってりらーめん誉」の出身だそうで、「誉」は行列のため断念して私は訪問経験が無いのですが、「なりたけ」をイメージすればいいのかな。

写真

【実食メニュー】 味噌ラーメン(¥730)
 醤油よりも味噌が券売機の上。個人的には「なりたけ」も味噌が好きですので、これは歓迎。

【感想】 背脂たっぷりですが、見た目ほどにはコッテリとせずキレのよいスープ。中華鍋で1杯ごとに仕上げるいわゆる札幌タイプの調理ですが、味噌の味がもう少し濃い方が全体のバランスはよいかな、と思います。やや酸味が立っている印象を受けました。

 麺は平打ちの中太麺で菅野製麺製。粉のみっしり詰まったパスタのごときアルデンテな仕上がりは、香りも良く、重量感あるスープをがっちり受け止めます。メンマとモヤシが無料で増量できるよう。デフォルトだとややモヤシが少ないか。バラロールのチャーシューは柔らかく美味。

【総評】 この系列は近辺では見かけませんので、流行るかもしれませんね。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

麺料理 しんでぃ@蒲田

 このところネットで話題のお店。JR蒲田駅近くの雑居ビル2階、「乙姫」さんというカラオケパブが、昼間は「麺料理 しんでぃ」として営業。中は本当にカラオケパブそのもので、ソファに座って食べることになりますが、何故かしっかりした券売機が設置されています。

写真

【実食メニュー】 和そば+味玉(¥850)
 奇数日は和そば(油なし)、偶数日は絡めそば(汁なし)、5の倍数の日は洋そば(野菜ベース)という日替わり1種類のスタイル。特に評判は洋そばですが、5の倍数の日は合わせるのは難しいので、まずは和そばの日から。

【感想】 油分一切不使用というスープは、出汁がしっかりと出ていて素材のほのかな甘みがあり、タレの味は控えめなのに物足りなさは皆無。ベースは貝類だと思うのだけど、優しい口当たりで突出した風味やクセがないので、正直材料はよく分からず。

 麺は中細のやや縮れたもので、ぷりっとした食感と程良いコシで美味しいです。一瞬チャーシューに見える具はお麩。わかめ、カイワレ、海苔にシジミの身と、油を使わない徹底したこだわり。味玉は半熟で味付けはきっちり。

【総評】 油なしの違和感を感じさせない飽きの来ない味わいに、思わず飲み干してしまいました。洋そばも是非食べてみたい。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

辛麺 真空@蒲田

 町田の「真空」さんが蒲田に2号店を出したとか。坦々麺以外の辛いメニューは大好きというほどではないので気が向かず、開店から1ヶ月半ほど経ってしまいました。町田では「海」「山」と2本柱をいただいていますが、こちらは濃厚豚骨と汁無しの2本立てとか。

写真

【実食メニュー】 燕(¥700)
 初訪なのでスープのある方にしました。

【感想】 骨を粉砕して煮込んだ濃厚豚骨に煮干を利かせるというスープは、一部の特殊な店を除外すればかなりの粘度(+背脂)ですし、何より豚骨臭が強烈。タレも濃いめで、辛みなどなくとも相当な破壊力。煮干しは一歩引いた印象で、これは食べ手を選ぶなあ。辛さは海苔に載った辛味噌で調節。結構辛め。

 麺は中太の平打ち縮れ。中根製麺のようですが、見た目に反してあまり弾力がなく、ぷつっと切れやすかったのはどうしたのだろう。具は海苔、ネギ、チャーシューのみとシンプル。チャーシューは音からして直前で炙っていた様子。ブロック型で悪くない。

【総評】 町田店の印象とはかなり異なりました。汁無しも気になるところ。☆☆☆☆☆☆(6.0)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ