三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

らぁめん(目黒区)

うさぎ食堂@中目黒

 世間的にあまり評判が良くなかった気がしましたが、TRY本の鶏白湯部門新人賞の1位だったこちら。「蟻月」の別業態で、リニューアルして高価格帯のラーメン店に変わった、という情報が出たタイミングで訪問しました。「うさぎ食堂」さん。

【実食メニュー】 鶏しろラーメン(¥950)
 1500円の「ベジタンメン」との2択です。初訪なんで安い方。

【感想】 鶏と数種類の野菜を炊き出したというスープは、鶏の甘みと旨みが凝縮された、実にねっとりとしたもの。雑味のない、俗に言うピュアな味わいなのですが、ちょっと濃厚すぎて途中でくどさを感じるきらいはあります。別皿で提供される玉ねぎの酢漬けが、口の中をさっぱりとさせるいい仕事をしてくれますが、もう少しさらりとした口当たりでもいいかな。

 麺は細ストレート。適度なハリとコシ、スープが濃厚なので、確かに絡みすぎない程度の麺の方が相性いいですね。鶏チャーシューはしっとりとした良い仕上がり。揚げゴボウやおかひじきが、味わい的にも食感的にも良いアクセントになっています。

【総評】 インパクトは強いが、リピートするかといわれるとどうか。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

支那そば 尋@目黒

 目黒は権之助坂を降りたところ、マニア的には「勝丸」の斜向かいにできた新店。先日お邪魔した戸塚のお店は「中華そば 尋」、こちらは「支那そば 尋」。炭火焼きのお店の昼営業とのことです。いろいろとマニア心をくすぐるレビューをお見かけして、気になって訪問。

【実食メニュー】 支那そば・昆布小丼セット(¥800)
 +100円のご飯に惹かれて珍しくセットメニュー。

【感想】 さらっとした鶏清湯をベースに、じんわりと香る魚介風味。雑味なく丁寧にとられた出汁の味わいが楽しめる1杯。醤油ダレも強くは主張せず、脂分も相当に控えめ。麺を食べさせるスープとしては大人しすぎると感じる向きもあるかもしれません。

 麺は中細のストレート。つるつる滑らかで、見た目以上にハリとコシがしっかりめ、スープに対して気持ち強い印象を持ちます。チャーシューは小ぶりながら香ばしく、「チャーシュー小丼セット」も美味しそう。メンマも素材良し。細切り昆布の佃煮がたっぷり乗った小丼はお得感あり。

【総評】 ☆☆☆☆☆☆☆★(7.5)

つばめ@中目黒

 中目黒の新店。「春木屋めんめん」で修行した方がオープン、雲呑麺がデフォルトなど、気になる要素があり、訪問。「炉ばた 岡田龍平」という店の間借りの様子。

【実食メニュー】 香油雲呑中華そば(¥780)+昆布〆味玉子(¥70)
 デフォルトに、何だか気になる味玉を。

【感想】 魚介系と豚骨清湯の香油醤油Wスープとの触れ込みで、鰹がやや強いか、魚介風味が前面に押し出され、表面は焦がしネギも見えるたっぷりの香味油に覆われて熱々。出身から抱くイメージとは大分違いますが、ベースのスープがさらっとしているため見た目ほどのしつこさが無く、魚介全開ながらえぐみなど無く心地良い。

 麺は大栄食品製、ややぽそっとした中細縮れ。コシを残した茹で加減で、風味も歯切れも良い。雲呑は餡がみっしりと詰まって皮も滑らかで好み。チャーシューも適度な噛み応え。細切りメンマも小気味よい食感。別皿提供の味玉は、昆布〆の独特な酸味があり、箸休めにGood。

【総評】 ☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

めっちゃタンメン@目黒

 2013年の食べ納め店。未訪の店を潰していったら、こちらで満腹になり、偶々最後になってしまいました。目黒駅から坂を下り山手通り沿い、「めっちゃタンメン」さん。

【実食メニュー】 納豆みそタンメン・中(¥850)
 ネットの評判からは名物メニューを食べるべし、と思い。

【感想】 このジャンルについては、盛岡は「柳家」のキムチ納豆が到達点だと思っているのですが、こちらは程よく濃厚な白濁スープをベースに、黒味噌中心か、味噌の味わいが相当にビター。甘さや辛さの要素があると納豆を合わせる意味合いが生まれてくる気がしますが、現状ではあってもなくてもな印象。

 麺は開化楼製の太平打ち麺。中で120グラムと少なめですが、もちもちした食感に濃厚スープをたっぷり持ち上げ、物足りなさはなし。炒め野菜はしゃきしゃきで旨い。卓上の味変アイテムでは、山椒の相性が良かったです。

【総評】☆☆☆☆☆☆★(6.5)

麺や すする まる弐@学芸大学

 新年1食目は、今年は無難に1月3日、都内から。確実に営業してそうで、味が間違いなく、ブックオフにも寄りたい、などと考えていたら、「すする」の2号店になりました。

【実食メニュー】 肉辛つけ麺並盛(¥850)
 券売機筆頭から。辛さが、「大辛、普通、やや辛、ひかえめ」の4段階というのは分かりづらく、上から2番目を所望すると結局「普通」に。


【感想】 ベースは1号店と同じかな。2013年は、つけ麺に関しては実力店でしか食べていませんが、長く保っている店は違いますね。動物濃度、魚介風味、タレの塩加減甘さ加減のバランスが見事で、ラー油の辛さと山椒のシビレも巧いアクセントになり、基本メニューとして仕上がってます。


 麺は三河屋製の太麺。むっちりした食感と強いコシで存在感あるタレをしっかりと受け止めます。肉はチャーシューでなく豚バラ。モヤシの入るつけ麺は珍しいですが、悪くない。卓上ポットの割スープも美味しいです。


【総評】 良い感じの食べ初め。☆☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

麺や すする@学芸大学

 2011年の積み残し。たまたま仕事で学芸大学駅で降りる用事があり、ようやく訪問を果たすことが出来ました。「麺や すする」さん。落ち着いた店内で、女性一人客もいるのが頷けます。ブックオフの並びでしたので迷うことなくたどり着きました。平日12時台でも5割に満たない入りなのは、オフィス街などでないからでしょうか。

写真

【実食メニュー】 ランチBセット(つけ麺+ミニ炙りチャーシューと季節の野菜丼。¥850)
 趣味の食べ歩きでなく昼食のための訪問ですし、相当なお得感なのでセットに。

【感想】 魚介が強めに利いた豚骨魚介のつけ汁。さほどの個性は見えないものの、変な甘みがないのが好印象。デフォルトで魚粉がどかっと入っているのは感心しませんが、味のバランスはよいです。

 麺は三河屋製の中太ストレート。表面はつるっと滑らか、噛めばむっちりとしてコシが強く、なかなか。ただ、やはり製麺所のそれであり、店名から期待値を上げすぎてしまったかも。スープ割りはただ薄まった印象で面白味に欠けました。

 チャーシューは冷たい状態で供され、固まった脂身が気になりました。メンマは濃い甘めの味付けで、途中でつまみながらいただくとGood。ミニ丼は、あんかけになっていない中華丼という趣で、ひと品としての完成度は低いながら、適量の野菜が摂れるのがいいですね。

【総評】 突出したものは感じませんでしたが、雰囲気は良いですし、ランチのバリエーションも豊富で、このようなお店が近所にあったらうれしいですね。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

醤油らーめん 半熟味付玉子入り@麺処 びぎ屋・学芸大学

7月20日の話。連休を仕事で潰してしまうのもどうかと思いましたので、ちょっと外出して話題の新店をひととおり。最初に向かったのが荏原中延の「井田商店」さんだったのですが、祝日休業のようで、学芸大学まで移動して7月7日オープンの新店へ。「麺処 びぎ屋」さん。

町並みに溶け込んだ、トタンの庇に木の引き戸というレトロな外観。内装も清潔感がありつつも気取らず、入りやすく居心地のよいお店ですね。せたが屋グループ各店の店長を歴任された方の独立とのこと。最初は醤油のみの提供ということで、味玉入りで。

cbd8efc6.jpg

見た目はシンプルにして、驚くほど洗練された味わい。丸鶏や豚骨のふくよかで厚みのある動物系をベースに、魚介出汁のやさしい香りがふんわりと立ちのぼります。

丸みあるお醤油ダレの加減も、少し多めに思えた最後の鶏油の加減も絶妙で、見事なバランス感覚。魚介風味がもう少し強くても成立するように思えましたが、全体のバランスこそがこのお店の個性と言えるでしょう。

麺は中細のストレート。麺を持ち上げたときに鼻腔を抜ける小麦の香りがよく、一見ざくざくした麺かと思いきや、滑らかさとコシを兼ねそなえた、想像を更に超えるもの。美味しい。

チャーシューはバラとロースの2種類。前者は煮豚タイプで柔らかく、後者は噛めば噛むほど味わい深い焼豚。メンマも穂先と細切りの2種類、どちらも素材の良さを感じさせるもの。味玉はややお酒の香りが強かったです。

具のひとつひとつまで手抜きのない、素晴らしい1杯でした。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5?)

三年熟成醤油ラーメン@いちばんや・自由が丘

ずっと気になっていたお店ですが機会が無く、綱島から通し営業の店を探しながら北上するうちに辿り着きました。自由が丘は「いちばんや」さん。最近では無化調ラーメンMAPに掲載されてましたね。

自由が丘は意外とラーメン店が多くてお昼を外しても混雑していますが、こちらは地下店舗で入りにくいのか、空いていました。清潔感のある落ち着いた空間でゆったりと食べられます。今回は看板の「三年熟成醤油ラーメン」を。

80a559dd.jpg
HPで完全公開する半端ではない素材へのこだわりが、しっかりと味に結実している素晴らしい1杯。

比較的色の濃いスープは、最初に心地よいお醤油の酸味がふわっと広がったのち、その名の通りコクとキレを兼ねそなえた熟成醤油のいい風味が追いかけてきます。

ベースは丸鶏や豚ですが、昆布や魚介系素材の香りがえぐみを全く感じさせることなくきれいに力強く出ており、タレと合わせて和の方向に振れたスープ。鮭節を使うことで甘みが出るそうですが、「どらいち@白金高輪」のように、その存在を明確にアピールするような使い方ではない感じ。

麺は見た目にも食感も更科蕎麦を思わせる、しなやかさと歯切れの良さを備えた中細ストレート。このスープにはまさにこの麺。何より小麦の香りがたまらなく良いです。

チャーシューは1枚がちょっと薄めながらやわらかくて上質、メンマの食感もいいですね。味玉は4分の1ではちょっと印象に残らなかったです。また、無駄な薬味が入らない中で、三つ葉の香りがスープに非常に合っています。

文句なしの完成度と雰囲気の良さ。☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)

ラーメンゼロ+味玉@ラーメンゼロ・目黒

ここのところ、いわゆる話題の新店というのがなかった気がしますが、ひさびさに大きなのが来ましたね。せたが屋グループの新店ながら、調味料を一切使わず素材の味だけで食べさせるという。

以前「どっちの料理ショー」で披露したメニゥだとか何とかで、開店3日目で多少の行列やむなしと行ったら、並び無し。局地的な騒ぎなのね。「ラーメンゼロ」さん。山手通りの、「かづ屋」とかつての「目黒屋」の中間くらいの位置。基本の「ラーメンゼロ」+味玉。

「アサリ、ホタテ、昆布、スルメ、煮干し、鶏、豚、野菜、果物等の旨味とエキスだけ」だという驚異のスープは、当然未体験の味。

全体のとろっとした感じは動物系由来でしょうか、味わいとしてはアサリとスルメが利いているように思えますが、様々な素材の旨みが複雑に絡み合いつつ、立派にひとつのスープとして完成してますね。物足りなさは皆無。

濃厚かつコクがありながら、胃に全く重たさを感じさせることなく、自然と飲み干してしまう。塩さえも使わずにここまでの味が出せるのかという驚きと、原価はどれだけかかるんだという要らぬ心配。

麺は表面にややざらつきのある中太ストレートで、むっちりした食感で歯切れもよく、スープも良く絡んで相性はよいのではないでしょうか。

焼豚タイプのチャーシューはジューシーで旨いですし、メンマも穂先でクセがない。追加の味玉もそれなりでした。あとは挽き肉がスープにアクセントを加えてますね。

濃い味が極端に苦手な私としては大満足でしたが、このスープ1本でどれだけ客が呼べるのか、興味深いところです。☆☆☆☆☆☆☆★(7.5+)

命の塩半熟味玉らぁめん@麺喰酒場 月音・西小山

優先度はさほど高くない課題店ですが、武蔵小山のやなか珈琲に行くついでに。西小山は「麺喰酒場 月音」さん。昨年10月頃に出た新店本に載ってたお店で、一応押さえておこうかという作業の一環。

日曜午後2時で先客3名とそれなり。塩を筆頭メニゥとし、味玉に自信があるらしいので、「命の塩半熟味玉らぁめん」を。ご飯ものの充実もうかがえたが、前日食べ過ぎたのでパス。

7742e453.jpg
上記新店本で「魚介淡麗系」と評されている通り、塩が売りの店というと最近は大体このスタイルですね。好きな系統だけど、よほど抜きんでたものがないと記憶に残りにくい。

地養鶏+豚骨の清湯スープをベースに魚介はアゴやイリコ等だそうですが、魚介の旨みが少々過剰かも知れない。最後まで主張が強めのスープなので、食べてるうち単調に思えてくる。

同じく、クリスマス島産を使用という塩も少し強いか。揚げネギをアクセントに散らしたり、岩海苔の香りとか、無難にまとめている印象。ライバル店も全くないし、十分客を呼べる無化調のいいスープなのだけど。

麺は三河屋の細ストレート。当然の選択だけど、茹ですぎなのか麺自体の問題か、若干柔らかすぎる。麺がダマになってきれいにほぐれていないのも気になった。

丸バラチャーシューはやらかく仕上がっていて、コショーの香りがした。メンマも穂先なので淡麗塩スープにも合う。今回は水菜は特に気にならなかった。自信があるはずの味玉は、そもそも半熟ではなかった。

塩って難しいものですね。☆☆☆☆☆☆★(6.5+)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ