三毛猫ファンの駄文日記2

ドリコムさんから移転してきました。今後ともよろしくお願いします。

らぁめん(北区)

Noodle kitchen ミライゑ@志茂/赤羽

 赤羽の新店というか、北本通り沿いで最寄りは志茂駅だと思うのですが、各駅から程良く離れた場所にオープンの新店。「Noodle kitchen ミライゑ」さん。カフェのようにオシャレな店内、芸能プロダクション等を手がける会社の経営、評判も上々といろいろ気になり訪問。

【実食メニュー】  TOKYO醤油ラーメン(¥780)
 筆頭メニューから。

【感想】 その名の通りのいわゆるネオ・クラシカルな1杯。昔ながらの醤油ラーメンをベースに、鶏の風味、醤油ダレの香りとコク、油のこってり感といずれもバランス良く強化し、生姜と魚介の風味がほんのり、東京ラーメンの枠の範囲内で勝負している印象。欲を言えば、油を控えめにして何か尖った部分を作った方が店の雰囲気には合うかな、とは思います。

 麺は三河屋製中太ストレート。昔ながらの清湯に合わせるならやや太い気がしますが、むっちりした弾力とコシの強さ、歯切れの良さを備えたもので、あっさりながら存在感あるこのスープとの相性は良いと思います。大判のチャーシューは特徴無く、大ぶりなメンマはしっかりした食感で美味しいです。

【総評】 ☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

煮干そば 流(る)。@十条

 北区の方で、新店が次々とオープンしているご様子。複数回に分けて連食を敢行しないと対応しきれませんね。十条駅って降りるの初めてじゃなかろうか。「煮干そば 流。」さん。「さいころ」からの独立とあれば、行列を警戒して土曜日の12時台を外しての訪問。

【実食メニュー】  煮干そば(¥690)

【感想】 「さいころ」の記憶が定かではないのですが、ガツンとした煮干し感とキレの良さが共存した、豪快に見えて洗練を感じさせるスープ。油や魚粉に頼らずクリアでさらっとしつつも、雑味なくふくよかな味わいで物足りなさは皆無。いやぁ、お見事です。

 麺は中太のややぼこぼこしたもの。もっちり感とコシの強さを兼ね備え、小麦の風味も豊か、自家製麺でこそ実現できるクオリティ。チャーシューは柔らかく仕上がり、メンマも素材の味わい重視でスープと好相性。

【総評】 このジャンルの新店としては抜けている印象。☆☆☆☆☆☆☆☆(8.0)

GANCON NOODLE(ガンコンヌードル)@駒込

2013年2杯目

【実食メニュー】 醤油ラーメンチャーシュー2種(¥780)

【感想】 鶏ベースのきれいな清湯スープに、お醤油のコクと香りを味の軸として、魚介の風味やネギ(香味油か)の香りが脇から支えるといった印象の、実に均整のとれた正統派の1杯。昨年中に食べにきていれば、ベスト20には入れたかった。

 麺は、啜り心地よく適度なコシも備えた中細ストレート。スープの香りをよくまとい美味しい。チャーシューは、肉厚ジューシーなバラ肉と、低温調理ピンク色のロース肉の2種。どちらもハイレベル。あとの具もメンマにほうれん草とシンプルながら、いずれも丁寧な仕上がり。

【評価】 ☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5)

自家製麺 ほうきぼし@志茂/赤羽

 朝から浦和の仕事。このところ久々に新店ができるも、「TETSU」「えび蔵」と早々に未訪店が尽きてしまい、本日は東京に戻る道すがら赤羽で下車。赤羽もめぼしい未訪店は無いのですが、「ほうきぼし」が赤羽からも徒歩圏だったような気がして。確認すると、10分程度で全く問題なし。周りはほぼ住宅地なのに、平日の11時台で並びが出るのは凄いですね。

写真

【実食メニュー】 濃厚鶏煮干らーめん(¥750)
 普通は初訪で汁無しなのでしょうが、先に「マンチンロウ」に行ってしまったので、目先を変えようかな、と。

【感想】 確かな実力を感じさせる、濃厚でありながらまろやかでキレのいい、上品な鶏白湯スープ。他店の同系列メニューと較べると煮干しの利かせ方がかなり強めで、えぐみの出る一歩手前という印象。個人的にはもう少し穏やかな方が好みです。

 中細ストレートの自家製麺は、口当たりがソフトでぽくっとした食感。太い麺と生地は同じなのかな。もう少しコシが強い方が好きかも。チャーシューは鶏。過度な味付けや臭みもなく、しっとり柔らかく仕上がっています。メンマも食感、味付けとも良い。刻み玉ねぎやカイワレも合いますね。

【総評】 長らくの課題店。とにかく訪問できたこと自体が嬉しかったです。帰りは最寄りの南北線、志茂駅から。☆☆☆☆☆☆☆(7.0)

麺処 夏海@赤羽

 今一番訪問しておきたかった新店。タイミング良く近くを通る用事ができ、しかも昼時を外しての訪問が果たせました。あの「ほん田」さんのネクストブランドという赤羽の新店。「麺処 夏海」さん。ラーメン店としては珍しい店名、しかも1月オープンで「夏海」とはこれいかに、と思っていたら、妙にタイムリーな店名でしたね。「大ふく屋」の跡地。
 
写真

【実食メニュー】 豊穣清湯味玉醤油ラーメン(¥750)
 券売機筆頭のスープから。メニュー名としてはややゴテッとしすぎているか。
 
【感想】 すっきりとした動物系ベースに、お醤油と生姜の香りをキリッと利かせたシャープなスープ。見た目より油も主張せず、キレが良く好みの味。現在の主流ではなく個人の新店で提供するのは躊躇う味かもしれないですが、「ほん田」という人気店が、自信を持ってこの味で勝負しようというのが何とも嬉しい。

 麺はカネジン製の多加水硬質な中細ストレート。ざくっとした食感に歯切れの良さ、スープの香りも良く持ち上げ旨い。チャーシューは驚くほどにレアな低温調理タイプ。豚とは思えないほどの美味しさ。細切りメンマは食感、味付けとも良好。味玉もゼリー状な半熟加減、味の入りとも申し分なし。海苔もいいものを使ってます。下に鶏そぼろを仕込むなど、細かい芸も。

【総評】 さすがは「ほん田」さん。隙無し。行列店になるのかは未知数ながら、早い段階で食べられて良かったです。☆☆☆☆☆☆☆☆(8.0)。

野菜つけ麺@しょうえい・王子

都内から浦和への移動。駅近くに未訪店がいろいろある王子で降りてみます。11時から営業の店を探して、ラーメン店がきれいに3軒並んだプチ密集地にやって来ると、候補店だった向かって右の「おくむら屋」だけが11時30分開店のよう。他の2店に客は流れないのでしょうか。真ん中の「金蘭」は聞いたこともない店なので、店員さんが呼び込みをしていたこともあって、左の「しょうえい」へ。

最近は、日本人の店員さんが一人もいない店舗というのも珍しくなくなってきましたね。ただし、このお店は接客がとてもよろしく好印象。多少片言ながら、マニュアルっぽくない言葉が自然と出てくるのがすばらしい。つけ麺がメインのようなのでそれに従うことにし、「野菜つけ麺」を最少麺量の300グラムで。

写真(追加)

事前調査をしてなかったせいですが、「やすべえ」っぽいですね。事後調査の結果、系列店だそうですから、「やすべえ」そのものですね。甘・酸・辛(唐辛子)をいずれも利かせつつ、「甘」が際だち、スープ自体は粘度が低いながら、べっとりとしたつけダレ。割と魚介も感じられます。

麺はこの系列どおりの太麺。もっちり感がありつつコシもしっかりとして、茹で時間も締め方もちゃんとマニュアルが守られている様子で、なかなかに美味しいです。食後の皿には、水もほとんど残りませんでした。

角切りのチャーシューは、しっかり肉の旨みがあり、野菜もシャキシャキして美味しいです。刻みねぎは辛みが強いので、減らした方がいいかも。メンマは既製品っぽく凡庸。玉ねぎ入れ放題は好きなサービスですが、入れてもあまり変化が感じられず。

時々必然的に当たってしまう味ですが、昔ほど苦手ではなくなってきているような。☆☆☆☆☆☆(6.0)

重厚中華そば@重厚煮干中華そば 大ふく屋・赤羽

神奈川→浦和の移動ということで、北浦和を開拓してみたいと思ったのですが、時間的にきつく断念。例によって乗換駅である赤羽で途中下車。赤羽は何度来ても未食店が無くならないのがすごいです。今回はもちろん、話題の「せたが屋」グループの新店、「重厚煮干中華そば 大ふく屋」さんへ。

「大大」「ふくもり」「せたが屋」から各々文字を取って「大ふく屋」なんだそうで。「ふくもり」だけいまだ未食だなぁ。11時40分頃到着で列は5人目。覚悟していたより少なくてひと安心。看板の「重厚中華そば」を。漬け玉子をプラス。

bf26e2b8.jpg

舌にさらさらっと来る粘度が高めのスープで、野菜でとろみを付けてくるタイプ。どっかで食べたような味ですが、さすがは「せたが屋」の貫禄で、きれいにまとめているなぁ、という印象。油っこくないですし、万人に受け入れられそう。

ただ、「重厚」という言葉の響きとは少し違う気もします。もう少し煮干しがガツンと来るのをイメージしていましたし、出汁の濃度が全体に薄めな感じを受けます。

麺は中細のぼきぼきしたストレート麺。これこそとんでもない変化球で来ましたね。オープン当初とは違う麺のようで、麺自体としては好きなタイプですが、このスープにしっくりくるかと言われると、どうなんでしょう。

具では、メンマがジューシーかつ歯ごたえもあり、ほんのりごま油の香りもよく秀逸。チャーシューは気付いたら無くなっていたので、堅いとか味が濃いとかいうことはなかったはず。味玉は可不可無く、わざわざトッピングしなくていいかも。

安心して食べられる味であり、予想の範囲内でもありました。☆☆☆☆☆☆★(6.5)

わんたんめん@かいらく・王子

「四代目けいすけ」を後に、本駒込からどこへ移動しようかと考えていると、意外にも王子が近いことを発見。王子は町の大きさに比してラーメン店が多くて、未食の店がかなりあるんですよね。「六白」は休業でしたが、「おくむら屋」「しょうえい」と午後2時を過ぎてもかなりの入り。

そのあたりを見送って今回は創業80年という老舗、「かいらく」さん。テーブル席中心の店内は、こちらも当然の盛況ぶり。小チャーハンとのセットでいきたいところですが、胃の許容量を考えて「わんたんめん」で。

まさに正統派の東京のラーメンですね。鶏ガラベースですっきり清湯系のスープですが、動物系の旨みとコクはしっかり出ていて、物足りなさはありません。

ただ、何に由来するのか独特の酸味がかなり強いので、クセのある味とも言えるかもしれません。醤油ダレの香りはよく、舌にピリッとくる程度で化調の違和感もないですし、基本的には飽きのこない味だと思いますが。

麺は丸っこい中太ストレート。若干柔らかめの茹であがりですが、クタクタとまではいかず程良くもっちりした食感、臭みもなくするするっと食べられます。

チャーシューはいかにもというべき脂身のないモモ肉で、みっしりと噛み締めるタイプ。ワンタンはちょっと醤油味がしょっぱめですが、具が比較的しっかり入って、ワンタン同士のくっつきもなく、8個くらい入ってたのではなかろうか。お得。

何より、こういうお店でちゃんと禁煙というのが嬉しかったです。☆☆☆☆☆★(5.5)

マー黒武士味玉@麺士 武双・赤羽

横浜からさいたまへ、ほどよく時間が余りそうな移動、となれば赤羽途中下車。機会がなかった未訪店がいくつかありますから。仕事中なので1軒。となれば第一候補の「麺士 武双」に。昼は2時半頃スープ切れと聞いてましたが、3時近くても大丈夫でした。

「麺屋武蔵」出身の双子の店主に、背脂の「赤」と海老油の「黒」の二本立てメニゥで話題になりましたが、「黒」は売り切れで、第3の味、「マー黒武士」が登場してます。背脂は苦手な部類なので、「マー黒武士味玉」で。

44d5d2f1.jpg
ビジュアルは予想通り。「赤」と「黒」は特にスープの色を指すわけではなかったと思いますが、これはその名の通り黒ですね。

マー油を入れるとどんな豚骨スープもそれなりに食えてしまうので、それ自体あまりいいイメージは持っていないのですが、ここのマー油は美味しいですね。

まず、スープに浮かんでいるというのではなく、きれいに混ざってしっかり味の構成要素になっています。ベースの豚骨スープはクセのないライトなものだと思います。

何より、ニンニクの香りの「新鮮さ」がいいですね。あんまり作り置きをしていないような、手作り感のある香ばしさが○。豚骨とマー油と、もうひと味何か入っている気もしますが。

麺は丸っこい中太ストレート麺。芯はしっかりしているものの、あんかけパスタの店の麺のような、かなりソフトな食感で非常に違和感があります。好みどうこうより、こういう麺は滅多にないので。

チャーシューはほろほろやわらかいもの。味玉は黄身がきれいなゼリー状。メンマは臭みが無く薄味。出身が出身だけに、いい加減な仕事はしませんね。

今回は新メニゥでしたから、機会があれば基本の「黒」を味わいたいところ。☆☆☆☆☆☆(6.0+)

半肉入りつけそば@麺 高はし・赤羽

平日休みを利用しないと行かれそうもない店、ということで浮かんだのがこちら。赤羽の「麺 高はし」さん。昼営業約2時間、夜は1時間以下+行列店という敷居の高さ。ファーストロット狙いで開店15分前に着いたが、7席に対して10人目で逃しました。トータル25分待ちくらいか。「半肉入りつけそば」を注文。

接客面でネットでは悪い評判ばかりなので構えてましたが、携帯禁止と1万円札が使えないとのありがちな貼り紙があるほか、生玉ネギスプーン3杯以上有料のローカルルールがあるくらいで、気さくな感じのご主人でした。

行列中に煙草をふかすような輩もなく客層もちゃんとしたお店で、非常識な言動をして注意を受けた人間が過剰反応するから変な評判が立つんじゃないのかね。接客業自体が向いてないような若いのが偉そうにやっている店が、他にいくらもあるのに。

つけダレは、甘・辛・酸のいずれも強調しない、非常にシンプルな味わいのもの。豚足・モミジ等+魚介だそうですが粘度は高くなく、動物系の旨みに魚介の香りがきれいに出て、さっぱりといただけます。

まさに「飽きない味」を体現しているといった趣で、神奈川県から、とか行列してまで、となるとどうだろう。出てくるのは基本味で、あとは生玉ねぎや魚粉などを加えて自分なりにアレンジして食べればいいのでしょう。

麺は開化楼の低加水太麺なのですが、特徴がないのが特徴といった感じ。格別コシが強いとかもっちり感があるとか、風味がいいとかみずみずしいとかもなく、開化楼のつけ麺というブランドイメージとは離れるかな。

「半肉入り」とはいいますが、ローストされた旨みたっぷりのチャーシューがゴロゴロ入ってます。麺を浸けるのに邪魔になるような凄まじい量で、まずはチャーシューをひたすら食べることになりましたが、心意気が嬉しいですね。

近所にあって、昼時を外せば並ばず食えるような店だったら常連ですね。☆☆☆☆☆☆★(6.5)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ